カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

歯医者とバナナとワインの話

歯医者・バナナ・ワイン、奇妙な取り合わせの3単語。
めったに並列で並ぶことが無いのではないかしら?
今日はそんな単語が登場するお話です★


c0185058_8553852.jpg

今日のSFは雨が降ったりやんだり。でも梅がきれいです♪

ちょっと前、「ドリル・ベイビー・ドリル♪」と高らかに謳った政治家がいましたが、
このスローガンは歯医者にぴったりかも、と思った先日の午後。

クラウンの治療のために、歯医者を訪れたところ、ドリルに次ぐドリル。
なぜか麻酔がなかなか効かなくて、飛び上がる痛さ。
それでなくても歯医者恐怖症(気味)の私は、途中2回も追加の麻酔を打ってもらいました。
(響くんですよね、脳に…)

ようやく1時間半にわたる拷問が終わった午後4時すぎ、
歯医者のドアを背にした時は、顔半分がヘロヘロ状態でした。

しかし顔の神経と胃の神経は別のようで、
5時ぐらいにお腹がすいたので、キッチンを漁ったところ、バナナを発見♪
喜び勇んで食いついたところ!?

不味い!!!

所々黒い斑点が出て、見た目も香りも、充分に熟成したバナナ。
本来ならば甘いはずなのに、「渋さ」しか感じない…?
いつもならば、あっという間に間食してしまうのに
半分ほど食べて、あまりの不味さに断念。

早速、帰宅したBlakeに話したところ、
それでは…という事で、ワインで実験。
(伴侶を実験台に使うなんて、なんて夫だ…)

持ち出されたのはカリフォルニアのメルロー。
いつものようにテイスティング。

香りはブラックチェリーの香り。
味は…?

ウェ~、渋い…。

渋柿を食べてしまった時のような、味。
そしてサワーで苦いレモンの味。

なんてこった、味覚がマヒしてる!

味蕾(みらい)の数や形によって、人それぞれ味覚の鋭さが違うという話を
前に書きましたが、ノンテイスターでも、こんな風にネガティブな味だけを
感じることはないはず。
甘味・酸味・塩味・苦味・うま味のうち、
心地よいと感じる風味が、麻酔の副作用で吹っ飛んでしまったのでした。

投薬治療により、味覚が変化してしまい、食べ物が美味しいと
感じられなくなってしまう事があるという話を、前に聞いたことがありましたが、
実際に体験してみて、それがこんなにも辛いものだとは…。

麻酔から覚めてきた4時間後、夜8時過ぎになって
ようやく味覚が戻ってきたので、残りのバナナを完食(笑)。
Blakeが作ってくれた特別料理のビーツを肴に
Lake Countyの2007 Wildhurst Sauvignon Blanc($12)を飲んだのでした。

c0185058_921170.jpg
c0185058_922138.jpg


Blakeのブログバージョンはこちら
教訓:歯医者の後は、高いワインを飲むのは避けましょう☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-02-15 08:52 | 日記