カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お茶とワインは似た者同士?

ワインとお茶は似た者同士☆
ワインに興味がある人で、中国茶の世界にハマる人は多いみたい。

まずは香りを堪能して、その後ゆっくりと口に含んで味わう。
刻々と変化する姿を追うのは、なんとも面白いもの。
どちらも食事のいいお伴。
良いものは単品で味わいたいし、料理の味を引き立てる名脇役もあり。
両者とも、繊細で、とても奥が深い。

健康面でも優れモノ。
ポリフェノールに富んでいる。
葡萄に含まれているアントシアニンや、お茶カテキンなど、
悪玉コレステロールの増加を抑制して、抗菌、解毒作用があります。

質が良くなればなるほど、値段が高くなるのも同じ。
手摘みの葡萄、茶葉、その労力といったら大変なもの。
アメリカに輸入されているお茶は、その時点でマークアップが高いし、
なかなか、あれもこれもと、気の向くままにお買い上げ・・・というわけにはいきません。

c0185058_5392521.jpg


この写真は、先日訪れた広東料理のレストランで売られていたバラ茶。
シベリア・ローズと銘打たれておりました。1ポンド、$88。
淹れた途端に広がる馥郁たる香り。
まろやかな口触りに、癒されております。

「次回の記念日には、高級中国茶のプレゼントが良いなぁ」と
リクエスト(by 夫)が出たので、いまからSF界隈のお茶探しを始めようかと思っています♪

[PR]
by sfwinediary | 2009-03-11 10:35 | 日記