カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ナパのメドウッドでリボッラ・ジャッラ Vare Ribolla Gialla

ナパのリゾート・ホテル・メドウッドのレストランは、その名も
The Restaurant at Meadowood。
シンプルで分かりやすいですね~☆
先日の続きで、美味しいご飯と面白ワインをご紹介します♪

c0185058_7561695.jpg


夕食は、レセプションでアペタイザーを食べ過ぎたので、
8コースのシェフのお勧めメニューはあきらめて、
冬ご飯(4コース)を選択。
キノコのスープと、若鳥のメインコースがとっても美味しくて
思わず、お財布の許す限り通いたいものだわ…と思ったのでした☆

c0185058_844718.jpg
c0185058_851942.jpg

ダシパックの中は、トリュフ!絶品のコンソメでした(左) 若鳥(右)

夕食のお供に、ワインペアリングのコースをお願いしたところ、
面白いワインが続々と登場☆
(食事前にバブリー飲みすぎたので、私はブレイクのを横から味見☆)

このペアリングのワイン選びって大変な技。
コストは抑えなければ利益が出ない。
でも何か、ユニークで、それでいて十分な供給が約束されるワインで、
ゲストをあっと驚かせたい。
ソムリエ氏の腕の見せ所です♪

この夜の面白ワインの勝者は
ヴァレ・ヴィンヤーズのリボッラ・ジャッラ。
Vare Ribolla Gialla(カリフォルニアで採れたリッボラ・ジャラ!)

c0185058_7572315.jpg


ヴァレ・ヴィンヤーズ(Vare Vineyards)で造っているのは、
カリフォルニアでは、ほとんどだれも作っていない、
イタリアの葡萄リボッラ・ジャッラ
シトラス風味に富んだ、素直な白ワイン。
ほんのりと沿った甘味が、他と一風変わって面白い味でした。

c0185058_7574786.jpg


上の写真は、Christopher Kostowシェフ。
レセプションに、ちょこっと顔を出したシェフが、お若いのにビックリ!
(なのに、ミシェランでふたつ☆)
翌日、深夜ごろ帰宅時のシェフにお会いした時には、Tシャツに、ジーンズ姿。
気さくに挨拶して家路を急ぐ姿が、大学生みたいな風情。
シェフコートを脱いだトップ・シェフって、不思議な存在です。
(キッチンコンフィデンシャルを読んだ影響は大です)

美味しいご飯を食べて、面白いワインを飲める幸せ。
こんな時間があるから、人生頑張れる…ってネ☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-04-11 11:49 | 気になるレストラン