カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エンジェル・アイランド ハイキング記

とある日曜日。
予定が何にもない週末、朝の会話。
ブレイク「きょう何する?」
ゴマ「何でも」
両者「・・・(しばし沈黙)」
ブレイク「エンジェル・アイランドで、ハイキングしようか?」


サンフランシスコに長年住んでいたにもかかわらず、
今まで訪れたことのなかった、エンジェル・アイランド州立公園。
Angel Island State Park

西のエリス島とも呼ばれるこの島は、1900年代初め、
中国をはじめ、日本、インドなど、アジア系移民たちの玄関口となりました。
そして大戦中は、ドイツや日本人の捕虜を収容した場所でもあります。

はるか昔にはアメリカン・インディアンが住み、
スペインの冒険者たちの拠点ともなったこの島は、
燃料用などに木を伐採してしまった為でしょうか、
大きな木がないし、緑も少なくて、全体的にボサボサした印象。
歴史的には意味があっても、お世辞にも美しいとは言えないのが残念です。

c0185058_944944.jpg

移民記念碑

さて、朝10時ごろ突然に決めたので、予備知識は無し。
取りあえずネットでフェリーの時間を調べて、
ダウンタウンのフェリー・プラザへ向かいます。

c0185058_9204635.jpg
c0185058_9205855.jpg


チケットの購入は、フェリー・ビルディングの建物の中。
ついでに斜め向かいのLULUの出張店で、ランチ用のサンドイッチを購入。
フェリー・プラザを海側に出て、左にある埠頭Bから、いよいよ乗船♪

c0185058_961546.jpg


SFのランドマーク、ピラミッド・ビルが遠ざかり、
代わりに近づいてくるのは、監獄で有名なアルカトラズ島。

c0185058_964049.jpg


c0185058_973430.jpg


途中、ピア41でも乗客を乗せて、いよいよエンジェル・アイランドへ☆

c0185058_98085.jpg


島にあるのは、昔の移民収容施設や、アメリカ軍の旧施設等。
これらを見ながら、ぐるりと周遊道路を回ると、約2時間。
海風が強いので、夏でも風よけのジャケットは必須。
日よけの帽子は、風に飛ばされないタイプがお勧めです。

自転車の貸し出しがあります($35だったかな?)が、
アップダウンがきついので、覚悟のほどを☆
体力に自信がない方は、周遊バスが便利です。

c0185058_981933.jpg

東北に見えるのはベイブリッジ。新しい橋は、いつ完成するのでしょうか?

c0185058_983830.jpg

西に見えるのはゴールデン・ゲート・ブリッジ。この向こうは日本♪

話のネタに、一度行くのは楽しいと思います。
ピクニック・エリアが広いので、友人達とBBQすると楽しいかも。
でも、私たちが次に行くとしたら、夕方の最終便で島に行き、
キャンプをして(宿泊人数の制限があるので、静かな島を楽しめそうです)、
翌日便で帰ってくる、そんな感じになりそうです。

c0185058_991086.jpg

昔の病院跡

☆フェリー到着後は、自転車の貸し出し窓口には、長蛇の列ができます。
自分の自転車をお持ちの方は、その方が断然便利。

☆周遊バスのチケットは、カフェのレジで買えます。
カフェではサンドイッチとか、スープを扱っていますが、
ピクニック・ランチは持参した方が、おいししそうです。

☆ピア41からフェリーに乗った方が、行き帰りとも、30分ほど時間短縮できます。

c0185058_992376.jpg


マリーン郡とサンフランシスコの風景が、いっぱい楽しめます☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-07-13 09:02 | 日記