カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フランスのお土産☆スィーツ3種

金曜日あたりから、ちょっと肌寒いサンフランシスコ。
台風の影響で出来た雲が、一気に東に流れてきて、
どうやら明後日、火曜日辺りには、かなりの量の雨が降りそうです。

例年ですと、9月10月は良い天気が続くので、この時期の降雨は珍しい事。
久しぶりの雨を前に、ワインカントリーでは今週末あたり、
最後の葡萄収穫がなされたのでしょうか。

さて、フランスに出張していたブレイクのお土産は、スィーツ3種類☆

c0185058_13435688.jpg

カカオ73%のチョコレートに、青くちりばめられたのはミント。
大人味のチョコレート。
あらかじめミント風味が練りこまれているミントチョコは、イマイチ苦手なのですが、
この製法だと、ミントとカカオが、それぞれ独立して味を主張するので、
相乗効果でとってもいい感じ。

c0185058_1342684.jpg

左はサンテミリオンの名物お菓子、マカロン。
右はソーテルヌのレーズンチョコ。

マカロンは一つ食べたら、やみつきになりそうな、上品な甘さと食感。

レーズンチョコは、レーズンの強烈な酸味が、
ダークチョコ(70%カカオ)とマッチして、新鮮な驚き。
別々に食べたら、レーズンが苦いのに、一緒に食べると、とっても美味!
不思議です。

残念ながら、葡萄の種類は書いてなかったのですが、セミヨン辺りかな?
ここまで酸味を押し出すのは、フランスならでは。
一粒で十分なので、カロリーも気にしなくていいし、
甘さ一辺倒のアメリカでは、見かけない味かも。

やっぱり、フランスのお菓子って、洗練されていて美味しい~~~!
[PR]
by sfwinediary | 2009-10-11 13:37 | 日記