カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

魅惑のデザートワイン Radee

パッションフルーツ、マンゴスティン、そしてパイナップル。
南国のフルーツが、素敵なデザートワインとして登場しました☆

c0185058_8454251.jpg


Radee Passionfruit Fruit Wine ($22.50/500 ml) /中央
香りに恍惚となり、一口目から恋に落ちること間違いなしなのは、
このパッションフルーツ・ワイン。
パッションフルーツと、蜂蜜の甘い香り。
フルーツの持つ酸味がよく出ていて、とても爽やかな後味。
アルコール度12%ということもあって、秋の夜長のお供にぴったりです。

Radee Mangosteen Ambrosia ($31.50/375 ml) /右
値段は少々お高めですが、マンゴスティンというユニークな味は、
ぜひ飲んでみていただきたい1本。
オレンジに近い、ロゼとも呼べない摩訶不思議な色。
味は複雑で、野イチゴ、マンゴの風味。
そしてもちろん、オリジナル果実のマンゴスティン。
杉のような爽やかな香りです。
芳醇な口当たりながら、後味はさっぱり。
これも思わず2杯目に手が伸びちゃう、デザートワインです。

Radee Pineapple Ambrosia ($27/375 ml) /左
3種類の中では、一番ストレートにオリジナルの果物が主張しているワイン。
香りも味も、まさに“パイナップル”。
シンプルなので、少々物足りなさを感じましたが、
パイナップル大好きな方は、はまりそうです。

Radeeのホームページはこちらから♪

c0185058_8455551.jpg


Radeeを立ち上げたのは、神戸出身の日本人女性、ヤマシタマキコさん。
アメリカでMBAを取得し、大学のプロジェクトの一環として、
小規模農業を支援するために、アフリカのケニアに渡り
パッションフルーツの栽培に携わったという、ユニークな経歴の持ち主。

その後、タイランドに活動の地を移し、
カナダ人ワインメーカーのDominic Rivard氏と出会います。
現在、ヤマシタさんは、住居をシカゴからCA州都サクラメントに移して
活躍中です。

c0185058_846657.jpg


Radeeのワインは、味にうるさいダリル・コーティ氏のお店Corti Bros.の他、
The Wine Club (San Francisco とSanta Ana店)など、
こちらのお店で手に入ります。
(遠くにお住まいの方は、Corti Brothersのオンラインショップでも入手可能です☆)

ホリデーシーズンにぴったりの、デザートワイン達♪
贈り物にも最適。ぜひお試しあれ♪

私は現在、パッションフルーツにするか、マンゴスティンにするか悩み中。
う~~ん、どっちを買おうかしら☆

[PR]
by sfwinediary | 2009-11-17 08:39 | ワインなお話