カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メリークリスマス♪

メリークリスマス♪

ニュージーランドで2週間、思いっきりアウトドアの冒険を楽しんでまいりました。
でも、季節の変わり目だったのか、現地では風邪ひき人間がとっても多くて、
私も帰宅とともに、風邪菌に負けてしまい、伏せっておりました☆

そんなわけで、遅ればせながらではございますが、メリークリスマスでございます♪

c0185058_11251894.jpg


我が家でクリスマスイブを飾ったのは、ルイ・ロデレール クリスタル2002のバブリー。
Louis Roederer 2002 Christal Champgne

1876年に、ロシアのアレクサンドル2世の要請にこたえて、造られたのが起源とか。
この黄金色に輝くボトルが魅力的なんですよね。
味もとってもコンプレックスで、大満足。
洋ナシ、ゴールデンアップル、密やかな蜂蜜の風味に香り、
きめ細かな泡立ちと、心地よい酸味が美味しくて、あっという間に空に。
ボトルに$200の価値を認めるかどうかは、個人の嗜好次第。
もう少しお手ごろ価格だったら、嬉しいのですが☆

c0185058_11275221.jpg


クリスマスの日にテーブルを飾ったのは、マウント・ランギ・ギランのシラーズ1998年。
1998 MOUNT LANGI GHIRAN Langi Shiraz

その昔、ケアンズでプロポーズの際、ブレイクが選んだワイン。
以来、我が家の記念日ワインとして活躍してきましたが、
98年物なので、これ以上置いておいても味が良くなることは無し…と判断。
セラーに残る2本のうち、1本をクリスマスに開けました。

思いのほか、果実みが残っていてビックリ☆
これは2002年にオーストラリアで買い、日本を経て、SFに持ってきたボトルだったのですが、
保存状態が良かったようで、こちらも美味しく空きました☆
(これより前、4月に飲んだボトルは、こんなに果実風味が感じられなかったので、
うれしい驚きでした。ボトルによる差って、微妙ですよね~☆)


c0185058_11285557.jpg


いよいよ年の瀬。
皆さまは、大晦日にどんなバブリーで年越しをお祝いされるのでしょうか。
残り少ない2009年を、満喫されてくださいませ♪

c0185058_11291871.jpg

ニュージーランドの羊君☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-12-25 11:23 | 日記