カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DalfineでPetite Arvine イタリア・ワイン

久しぶりに、Delfina (ダルフィーネ) で夕食。
聞いたこと無かった葡萄品種の、白ワインを飲む機会に恵まれました。

いつもは、10時頃遅いご飯を食べようかな…なんて時にふらっと立ち寄るのですが、
この日は、珍しく事前に(電話)予約。
ネットでメニューをチェック。
あわせてワインリストを調べて、店のワインを飲むか、持参するかを考慮。

ブレイクが、試してみたいというイタリア・ワインが何種類かあったので、
手ぶらで行くことにしました。

c0185058_4502144.jpg


この夜テーブルに乗ったのは、グリルした鰯、グリルした烏賊のサラダ、
アンチョビのサラダ、ロースト・東京・チューニップ(蕪)、蟹のリゾット。

選んだワインは2006 レ・クレーテ プティ・アルヴィーヌ
ヴァッレ・ダオスタ州産のイタリア・ワイン。

2006 Les Cretes Valle d'Aoste
Petite Arvine Vigne Champorette / Alc. 12.5%


c0185058_4504136.jpg

このプティ・アルヴィーヌ (Petite Arvine) という葡萄は、
イタリアでは、スイスとの国境沿いの、この地方でしか栽培されていない葡萄。
なかなか見かけない、ユニークな品種です。

香りは、とってもピュアな感じ。タンジェリン、グレープフルーツ。
風味は、タンジェリン、蜂蜜、オイスターシェル(ミネラル)。

アルコール分が12.5%と低いので、飲みやすさ抜群。
それでもこの寒い地方で、ここまでアルコール分を出すには、
かなりギリギリまで収穫を待っていたのかもしれません。
(収穫時期を伸ばせば伸ばすほど、フルーツ風味は豊富になりますが、
その分雨など、天候により、葡萄へのリスクは高まります。
美味しい葡萄を造るのは、大変ですね☆)


シーフードにピッタリの、酸味とミネラルに富んだ、バランスの良いワインです。
お近くで見かけたら、試してみて下さい♪
(最近ダルフィーネのワイン・ディレクターが、変わったそうで、
ワインの顔触れも一新。
店に残っていた最後の1本は、私たちが飲んでしまいました…☆)


c0185058_4513376.jpg
このお皿、お店のHPで売ってるのね~☆

不況の風も、ベイエリアの嵐も、どこ吹く風。
Dalfineは、相変わらず満席。
10時近くになってから、訪れる人も少なくありませんでした。
[PR]
by sfwinediary | 2010-01-24 04:46 | 気になるレストラン