カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

テキサス州のルビーポート・チョコ

先週、テキサスのワイナリーを視察訪問したブレイク。
5日間の短い旅行でしたが、面白い発見も多かったようです。

テキサスと言えば、ステーキ。…みたいな感があるので、
これで美味しいカベルネ・ソーヴィニョンが揃えば
地元の料理とワインのコラボが楽しめるのでしょうが、
皆をうならせるようなカベルネ葡萄を育てるのは、気候的に難しいみたい。
(乾燥度、昼夜の寒暖差の時間関係などで、葡萄に凝縮した味が出ないようです)

ブレイク曰く、テキサスのワインを試すのならば、
ヴィオニエが、なかなかイケテルそうです。

c0185058_735896.jpg

4月のテキサスでは、ワイルドフラワーが見ごろ☆
写真はブルーボンネット (Bluebonnets)



さて、持ち帰ったお土産の中で、光っていたのが、こちらのチョコレート☆
Liquid Pralińe (liquid center chocolates)
スイスで取得した製法に、アメリカならではのテイストを加味したチョコ。
アメリカ国内で唯一Quintessential Chocolates だけが、
正統派プラリンを造っているそうです。

c0185058_781998.jpg
Quintessential Chocolates Co, Inc.

プラリンは、外側をチョコレートでコーティングして、
中にフィリングをつめたチョコ菓子。
クインテセンシャルのプラリンは、カリッとしたチョコの歯触りと、
舌に広がるフィリングの風味が、絶妙。

熱に弱いので、ネットでオーダーするのならば、冬がお勧めとの事。
(宅配便が届いたら、溶けていた…なんて、悲しすぎますものね☆)
まだまだ先の話ですが、クリスマスのギフトに如何でしょうか☆

全種を味見したブレイクによると、お勧めは
エスプレッソと、ルビー・ポート味。

ルビー・ポートは、地元のフレデリックスバーグ・ワイナリーの品。
こちらのワイナリーでは、テキサスで採れた葡萄だけを使って、
ワインを造っているそうです。

c0185058_710515.jpg


4月のテキサスは、ワイルドフラワーで彩られて、
それは綺麗だそうです。
花は持ち帰れないので、代わりにクッキーをお土産に持って帰ってくれました☆

c0185058_711457.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-04-22 07:01 | Red WIne