カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

LivermoreValleyテロワールの祭典

ビッグな赤ワインに合う料理は?
一番に挙げられるのは、牛ステーキ。
でも、付け合わせの玉ネギの量に要注意☆

先週末ブレイクがリヴァーモアのイベントで、ワインの審査員を務めたので、
私も便乗してTaste of Terroir in Livermore Valley の祭典を、楽しんできました。

c0185058_139495.jpg
Taste of Terroir in Livermore Valley

Livermore Valley のワインの歴史は古く、1760年代にスペインの宣教師が
儀式用ワイン葡萄をこの地に植えたのが始まり。
1883年には、C. Wente 氏とJames Concannon 氏がワイナリーを開設。
今日では、ウェンテ・ヴィンヤーズ、コンキャノン・ヴィンヤードといった
大手のワイナリーから、ブティック・ワイナリーまで、
凡そ45のワイナリーが、軒を連ねています。

カリフォルニアのシャルドネ葡萄の約80%は、ここリヴァーモアの樹を
祖先としているそうですが、その他にも早くから、
ソーヴィニョン・ブランや、プティ・シラー等が育てられてきました。

サンフランシスコから東に、車で1時間余り。
暑い気候なので、ワインはなかなかビッグです。

c0185058_1363559.jpg


このビッグなワイン達に合わせて、地元のレストラン16店が一品料理を用意。
ワインと料理のペアリングが、競われました。

c0185058_136636.jpg


参加したのは16のワイナリー、そのうち13種はビッグな赤ワイン。
カベルネ・ソーヴィニョン5種、シラー4種、ジンファンデル2種、
そしてプティ・シラーとサンジョベーゼが1種類ずつ。

白ワインはConccanonのシャルドネ、Murrieta’s Wellのムスカット、
Rodrigue Molyneauxのピノ・ブランコのみ。
しかしながら、どれも、やはりビッグでありました。

c0185058_1371122.jpg
会場から見ることができた審査員室のライブ・カメラ☆

この日審査員が、“料理とワインのペアリング”と言う観点から選んだ勝者は、
Occasio Wineryと、レストランIzzy's Steaks & Chops のペア。

c0185058_1374489.jpg
2008 Petite Sirah, Del Arroyo Vineyard, Occasio Winery Livermore Valley

c0185058_1494067.jpg
Petite Syrah Marinated Skirt Steak served Flank Steak,
Ragu and Burbon Yams


戦い終わって日が暮れて…
審査を終えて、一息入れたブレイクが、夕陽を眺めながら楽しんだのは、
赤ワインの中ではバランスが取れていた、
Occasio Winery 2008 Petite Sirah, Del Arroyo Vineyardと
Deer Ridge Vinyears 2004 Cabernet Sauvignonの2本。
両者のアルコール度は、それぞれ15.5%に、14.9%でありました。
(Hotね・・・)

ビッグでホットなワインに合う料理は、やはり肉料理。
燻した風味も、シラーのスモーク風味に良く合います。
辛すぎる料理は、アルコール度の高さを強調するだけなので要注意。
多くの素材を使った料理よりも、シンプルな方が、それぞれの素材が引き立ちました。

c0185058_1525368.jpg


下の写真は、ラビットのテリーヌ。今回、一般投票で優勝を飾った料理です。
ペアリングはRuby Hill Peacock Patch Estate Reserve Zinfandel 2008
ウサギを使った料理が、会場の人気を集めるのは稀な事ですが、
さすがワイナリー・レストランのシェフ、自家のワインを熟知しているようです。

ドライチェリーのジャムの上に、ドライチェリーとピスタシオをトッピング。
ジンファンデルを使ったマスタードを塗ったトーストに、
ウサギのテリーヌが絶妙の美味しさ。
ワインは単品では際立つ存在ではなかったのですが、
料理と一緒だと、美味しさ倍増でした♪

c0185058_138572.jpg


審査が始まる前に、地元の葡萄栽培者から聞いたのは、
今年の夏は、例年に比べて涼しいので、葡萄がいつものようには成熟しなくて困るかも…と言う話。
例年だと、既に今頃は華氏100F(38度)ぐらいなのに、この日は83F、前日は79F(27度)。
(確かに、サンフランシスコも、いつもだと70Fぐらいの涼しさなのに、
ここ何週間か寒いぐらいで、最高気温が65F(18度)ぐらい。)


葡萄栽培者氏は嘆いていたのですが、聞いていた私たちが密かに思ったのは、
まったく反対の事。
リヴァーモア・バレーの2010年ビンテージ、要チェック。
優雅なワインが期待できる年かもしれません☆

c0185058_13832100.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-08-01 01:33 | ワインなイベント