カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Napa Valley Wine Trainに乗って

前2回にわたって、私が見たワイントレイン体験記を書きましたが、
今日は、ブレイクの目から見たワイントレイン評をUPしました。

欧米各地のワイン産地を旅しているワイン・ライターは、ワイントレインをどう見たのか?
英文オリジナルは、こちらからどうぞ♪


c0185058_12235724.jpg

Riding the Napa Valley Wine Train   -by W. Blake Gray-

最近、自分が、ドン・リックルズ(皮肉とユーモアで有名なコメディアン)の
ワイン・ライター版になって来たような気がする。
持ち芸は、高価なレストランでの夕食会に招かれて、それを揶揄する…というギャグ。

スワンソン・ヴィンヤーズから、ナパバレー・ワイントレインの旅に招かれた時、
実は、面白おかしい記事を予感した。ワインメーカーであるクリス・フェルプス氏との、
動くランチの値段が$154だと聞いた時は、特に。

しかし、一つしか芸を持たない自分は、ここで問題に直面することになった。

結果、とても楽しかったのだ。

c0185058_1227110.jpg


ワイントレインでは、地元で採れた旬の食材が饗され、
テイスティング・バーには、他ではあまり見ない、宝石ボトルが並ぶ。
駅のワインショップは、なかなかのセレクションで、少量生産のワインが豊富。
そして、エグゼクティブ・シェフのケリー・マクドナルド氏は、
鋭いユーモアのセンスと、素晴らしいバランス感覚の持ち主ときている。
(揺れる列車内の小さなキッチンで、火を扱う仕事だから、バランスは大切だ。)

この日、僕が列車に乗る事を、ワイントレイン側は知らなかった。
なので、メディア用に用意された特別行事は、何も無し。
でもそれ故に、ワイントレインは普通に乗って、とても楽しいのだと実感した次第。

僕が誰か知ると、ワイン・ディレクターのライアン・グラハム氏の広報活動が始まった、
フェルプス氏がメルローについて熱く語る横で、
「そろそろ車内見学に行きましょうか」…といった具合に。
まぁ、3時間半もあったので、双方から色々な話をたっぷり伺えた。

それでは、ここからが、クリス・フェルプス氏とのワイントレイン体験記です。
なるべく皮肉にならないように、一つ芸から脱して見せるからね。
発車オーライ!

c0185058_12483082.jpg


10:45a.m. 駅構内での待合室では、2種類のワインが配られた。
$12のピノ・グリージオと、$10の赤ブレンド。まぁまぁの味。
スピットバケッツは見当たらなかったけれど、誰も必要としないみたいだし、
なによりも、運転しないでワインを楽しめるのが、ワイントレインの魅力だ。

さて、この列車、移動用ではない。
ナパ駅からセント・ヘレナまで北上して、再び同じ線路を戻ってくる。
その間、昼食や夕食が楽しめる。
色々なコースがあり、ワイナリー訪問を加えたり出来るのだけれども、
必要性についてはどうだろうか。
ワイントレインは決して安くないし、車窓からのヴィンヤード風景は美しい。
なので、僕が思うに、下車する必要は無いんじゃないかな?

c0185058_12275648.jpg

この日、金曜の朝の乗客は、多民族、多国籍で、年齢も様々だった。
日本のビデオゲーム会社の慰安旅行グループもいたし、普段はビール派という人々もいた。
いわゆるワインオタクといった面々ではないけれど、
中には、思った以上にワインに詳しい人達もいる。

フェルプス氏は、スワンソンが小規模ファミリーの経営するワイナリーであり、
(スワンソン家がフローズン・ディナーで財をなした事には触れなかった)
2010年のナパの気候は、ボルドーを彷彿とさせる年で、
糖分が低く、かつ熟成した葡萄の収穫が期待できる事、
自身もワインの出来を心待ちにしている事を、集まった人々に語った。

続けて、ナパでは珍しく、スワンソンはピノ・グリージオとメルローに力を入れており、
「皆さんメルローがお好きでしょう?だから今日集まったんですよね」
と問いかけたところ、若いゲーム・プログラマーが大声で横やりを入れた、
「誰もメルローなんて、好きじゃないよ。」

フェルプス氏が続けて、カベルネも造っている事を告げると、
「イエーイ、カベルネ。」と、青年。

c0185058_12312440.jpg

その後、今度はグラハム氏が、列車について語ってくれたのだが、
残念ながら僕は列車オタクではないので、ここでは詳細は省く。
なんでも、レールが敷かれたのは1850年代。
プルマン式の車両は、第一次大戦当時のものだとかで、とても優美だ。
なぜ週に7日、昼夜走れないのかと言うと、メンテナンスに時間を要するから。
氏によると、王侯の未亡人のように扱わなければならないのだそうである。

11a.m. いよいよ乗車開始。
これが結構時間がかかる。車両毎に乗りこむのだが、飛行機と同じような感じだ。
コースによって、食事時間が違い、ツアー内容が違い、乗車・下車の場所も違う。
もしもコンチネンタル航空だったら、とてもじゃないが、手に負えない複雑さだろう。

ワイントレインで潤滑な運営がなされているのは、グラハム氏によると、
職員を大切にする会社の方針によるところが大きいそうだ。
我々の車両のキャプテンは21年、他のスタッフは14年と半年、勤務しているという。
確かに、揺れる列車で、スープを運ぶのは至難の業。
熟練した職員を確保するのは、大切だよね。

c0185058_1235116.jpg
c0185058_12352577.jpg

11:30a.m. 我々の昼食、開始。
コースによっては、前菜とメイン料理を、別々の車両で楽しむようだが、
我々はフェルプス氏と相伴したので、ずっと同じ席で食事をした。

前菜のマグロのポッケは、ピノ・グリージオと相性抜群。
1月ほど前に、ワインのリストを通知されたというシェフ・マクドナルド氏、曰く、
「ピノ・グリージオは、とても率直なワインだったので、野性味あふれる前菜にした。
ワインがワイルドで賑やかな場合は、もう少し濃厚に、例えばビーフとかを選ぶね。」

2品目は、この日のハイライトで、絶品のコーンスープ。
シェフは何やら複雑な手法で、まずコーン粒を、その後に芯の部分もミルクに漬けて、
コーンの味を最大限に引き出したのだそうだ。
あまりにも夢中になって食べていたので、肝心の秘訣を聞き逃してしまった。

ペアリングのシャルドネは、300ケースだけの生産で、ワイナリーでのみ入手可能。
レモンのフルーツ風味で、バランスのとれた、とても良いシャルドネだ。

c0185058_12455019.jpg

フェルプス氏は、2003年スワンソンに来る前は、白ワインを造った事が無かったという。
彼はCA州のメルローのスペシャリストの一人で、シャトー・ペトリュスで修業し、
Dominus、Caymusでワインメーカーを務めたが、いずれも赤ワインに専念していた。

「簡単だと思ったんだ。でもとても微妙な事柄が多くて、習得に2年ほど掛かったよ。」
と、フェルプス氏。
確かに、僕は数年に渡って彼のピノ・グリージオを飲んでいるけれども、進化している。
もしも貴方がここ何年か御無沙汰だったら、再度試してみると違いがわかるだろう。

c0185058_12323840.jpg

廊下ぐらいの幅しかない、狭い、そして危険物に満ちたキッチンで、
レアのフィレ肉を用意するのは、至難の技に見える。
過日、ワイントレインで、トップ・シェフのTV番組を収録したそうだが、
(脱落形式で勝者を決めるタイプの、料理人対決番組)
ここで料理できたら、何処でだって大丈夫に違いない。

食事の間に、列車はナパ市の工業地帯を抜け、いつしか29号線沿いを走っていた。
地上3mぐらいの高さから見下ろす風景は、なかなか乙だ。
フェルプス氏によると、美しく見える赤い葉は、ウィルスに感染しているのだそう。
スワンソンの葡萄園を抜ける時、過去何度か同僚達が、赤面もののプラカードを
抱えて出迎えたそうだが、今回はいなかったので、氏はホッとした様子だった。

2006年のスワンソンのメルローは、とても素晴らしかった。
バランスがとれ、果実風味に富み、肉料理に実によく合う。

グラスを干した後で、車内探検に向かった。
途中、メルロー嫌いの青年に再会したので、フェルプス氏は、彼に味見用の
グラス・ワインを提供するべく、ずっと遠方の席までわざわざ取りに戻っていった。

c0185058_12331434.jpg

その間、我々はテイスティング・バーをチェック。
ここでは、$10で4種類のワインが飲める。
Buehler White Zinfandelで満足する方もいるのだろうが、見る人間が見れば、
ハイディ・バレット女史の2009 La Sirena Moscato Real、
Morgan Twain-Peterson's Bedrock Stellwagon Vineyard Zinfandel、
2004 Pahlmeyer Chardonnayなど、金塊がいくつも見つかるだろう。

列車の最後部デッキは、僕のお気に入りだ。
29号線沿いを行く車と手を振り交わしたり、記念写真撮影も欠かせない。
しかしながら、最後部車両のシルベラード($49.50)は、オープンエアなので、
ナパの、夏に暑く、冬に寒い天気では、あまりお勧めしない。

c0185058_12333510.jpg

さて、最後に、メルローを持ち帰ったフェルプス氏、
例のプログラマー青年にグラスを渡し、我々は、彼が試飲するのをじっと見守った。

ハッピーエンドかって?
Nope(否)。

感想は「酸っぱすぎ」だって。
青年の友人が「僕はメルロー好きだから」といって、残りを楽しんだ。

列車は南下中。
お後がよろしいようで…。

以上、ブレイクのナパバレー・ワイントレイン記でした。
オリジナルは、こちらからどうぞ♪

[PR]
by sfwinediary | 2010-10-07 12:19 | 旅行記