カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ヒールズバーグでカクテル☆スプーンバー

普段、我が家ではもっぱらワイン。
多分98%ぐらいの確率で、夕食の席にはワインが鎮座する。
でも相方は何気にカクテルも好きみたい。

c0185058_7431397.jpg


先日、ブレイクと友人の合同誕生会を祝ったのは、サイラス(Cyrus)。
そして翌日、昼間から再びカクテルで乾杯したのは、スプーンバー(Spoonbar)。

c0185058_7413279.jpg


元サイラスのバーテンダー、Scott Beattie氏がオープンしたレストランで、
ヒールズバーグ・プラザのすぐ近く、H2ホテルの1階。

スコット氏は、SFクロニクル紙のマイケル・バウアー氏に言わせると、
“おそらくアメリカで初のセレブリィテーなバーテンダー”。
『Artisanal Cocktails』の著者で、サイラス時代から、朝ハーブガーデンで摘んだ
新鮮な材料を使ったカクテルを提供して、他者を抜きんでていた方。

c0185058_7415867.jpg

建物外壁(右側)には壁を流れ落ちる水。
近くに寄って見たら、無数のスプーンによるアートな作品でした☆

c0185058_7421427.jpg

昼間のカクテルリストは短いのですが、お願いすると夜用のリストが出てきます。
カクテル目当てだったら、バーカウンターに陣取ってオリジナル作品を頼んだり、
バーテンダー諸氏とカクテル談義に花を咲かせるのも乙なもの☆

c0185058_7425525.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-11-23 07:39 | 気になるレストラン