カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のペアリング 蟹とリースリング

11月半ば、ついにダンジネスクラブが解禁に♪
食料品店ホールフーズの海の幸コーナーに、ドド~~ンと並んだので、
さっそくお買い上げ。

旦那は蟹が好きだし、既に茹でてあるから食卓に並べるだけで済むので、
料理したくない日には、ありがたい食材☆

もちろん新鮮な生蟹を買って、茹でたてを食べたら美味しさも倍増なのだけれど、
面倒くさがりの私は、昔一度で懲りてしまった…。

ベイエリアで新鮮な蟹を調達しようと思われる方、
Shina_poohさんのこちらのブログ記事を参考にどうぞ♪

さて、Shina_poohさん宅で蟹に合わせたのはサンセール。
酸味とフルーティさを持つワインは、蟹と相性抜群。
我家でブレイクが開けたのは、オーストラリアのドライリースリング。

c0185058_5185382.jpg

2009 Peter Lehmann Dry Riesling
Eden Valley Australia / Alc 11% / SRP $17


ドライなので甘さは無く、豊富な酸味とミネラル風味がシーフードにピッタリ。
リースリング特有のガソリン香が感じられるけれど、
ごく微弱なので、Petroの香りが苦手な私でもOK。
シトラス系の風味がクリーンでクリスプ、舌に心地よい。

大会社のワインだけれど、Hey! クリーンで失敗のないワインを飲みたい時は、
安全パイ(キーワード:豪州、大会社)でしょう☆

c0185058_5174252.jpg


昨夜、Old Bayシーズニングを使ったエビ料理に合わせたのは
ハンガリーRoyal Tokaji社のレイト・ハーベスト。

2008 Mad Cuvee Late Harvest
Royal Tokaji Hungary / Alc. 9%


RS(リジュアルシュガー)131g/Lだって。
甘~~いハチミツ風味で、スパイシーなアジア料理に合います。
“そんなに甘くないよ”…と謳っているのですが、日本人の舌には充分甘い…。
食後酒としてデザート代わりに飲みたいかも。

c0185058_5232397.jpg
ボルティモアのブルークラブに使われているシーズニングは超美味♪
でも、自宅では作れないから、そんな時にはオールドベイを代用☆


さて、悲しかったボトルはSLWCの2001カベルネCask 23。
Stag’s Leap Wine Ccellarsで、Cask 23で、ウォーレン氏のサイン入りだし…
という事で、なかなか開ける機会を見なかった1本。

サンクスギビング前夜を祝って、ブレイクが持ち出した。
(その前に、レイト・ハーベストとピノを開けていたので、
ハーフボトルぐらいが丁度よかったのでした☆)

でもいざ開けてみたらピークを過ぎていたのが残念。
充分に美味しいけれど、Wow! でなかったのは、期待が大き過ぎたのかな。

c0185058_52033.jpg


小さいボトルだと、それだけ熟成の速度も速いようで、
やっぱりハーフボトルは長期保存に向かないな…と感じた次第です。
(長期保存したかったら、マグナムに勝るもの無し…ってネ☆)

ハーフボトルをお持ちですか?
ピークを過ぎる前に、サッサカ楽しんでしまいましょう~~~♪

Happy Thanksgiving♪
[PR]
by sfwinediary | 2010-11-25 05:15 | 日記