カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ジンファンデルの祭典20周年 ZAP 2011

今年もやって来ました、ジンファンデル愛好家の祭典 ZAP 2011。

葡萄のルーツはヨーロッパにありますが、今や最も“アメリカらしい”葡萄の
代表と言えば、ジンファンデル。
年々ファンも増え続け、ZAP (Zifandel Advocates & Producers) も今年で20周年を迎えました。

c0185058_5151633.jpg


昨夜ブレイクと共に、GEZ(Good Eats & Zinfandel Pairing)を訪れたのですが、
相変わらずの盛況ぶりでチケットは完売。
GEZ参加ワイナリーの数は、若干減ったような感じで、セゲシオとか見かけませんでしたが、
メジャーどころの、Ravenswood、Ridge Vineyards、 Carol Shelton Wines、
Scott Harvey Wines 等々の豪華な顔ぶれは健在。

c0185058_533512.jpg
相変わらず笑顔が素敵なスコット・ハーベイ夫妻☆

ジンファンデルに情熱を注いでいるワインメーカーは、飾らない、
大地に足をつけたタイプが多いので、話していて楽しい…とはブレイクの感想。
上記の4ワイナリーに加え、Bedrock Wine Co.の2009 Old Vine, Sonoma Countyも要チェック。
(Ravenswood ジョエル・ピーターソン氏の息子、若き天才モーガン氏のワイン☆)

c0185058_54469.jpg


料理は圧倒的にポーク、ビーフが主体。ダックも少々。
味は全体的に、甘いか辛いかに傾いていて、ワインを引き立てているか?という点では
少々疑問が残りました。

そんな中、ベストのペアリングはRidgeの2008 Geyserville, Sonoma Countyと
SFクロニクル紙ご近所のレストラン、Thermidorのビーフ・ブリスケット。
リッジのガイザービルは、もともと料理に合わせやすいワインですし、
Thermidorの一品も、上品な味付けで、ワインを引き立てていました。

c0185058_57940.jpg

c0185058_573790.jpg


今週末(1月29日土曜日)はいよいよ、ZAP本番。
イモ洗い状態が予想されますが、水とバゲット片手に、ジンファンデルを飲みつくす、
まさにジンファンデルを満喫できるお祭りです☆
一般入場料は$70、詳しくはZAPのHPを参照ください☆

c0185058_5201467.jpg
ボストンから帰ったばかりのジョエル・ピーターソン氏、
SF空港から直接ZAP会場に駆け付けたそうです☆でも、とっても元気♪

[PR]
by sfwinediary | 2011-01-28 05:01 | ワインなイベント