カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ロマネ・コンティのお味は?

先日、ナパで開かれたドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティのテイスティングに
招かれたブレイク。
その様子が記事に載りましたので、和訳しました。
いつもの直球で、アメリカ~ン☆な、ワインライターの本音トークです。


c0185058_2432752.jpg
写真はDRCのHPより

What it's like to taste Domaine Romanée Conti – by W. Blake Gray

先日、遂にドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティをテイスティングする愉悦を得た。
ワイン・オタクの聖杯だ。

家に帰ると友人のグレンが、どんな味だったのか問うてきた。
具体的な内容は忘れたけれど、その時は会話を軽く流してしまった。
しかしどうしても聞きたいと言われたので、DRCのコラムを書くことにした。
Wine Review Onlineのコラム by W. Blake Gray)

コラムに書いたのは、僕の正直な体験談。
実を言うと、終盤に記した出来事について、マジで思い悩み、眠れない夜があった。
あれは本当に起きた事で、恥ずかしい限りだから。
でもね、起きた事は起きた事、なので自分から進んで公にしたんだ。
そしたら浄化作用で、ようやく眠れるようになった。
とりあえず、野球シーズンが始まるまでは、安眠できそうだ。

僕がテイスティングしたのは全部で8種類。
ここにはそのうちの1種類のテイスティングノートを載せようと思う。
(8種全て知りたい方は、Wine Review Onlineをご購読下さい。
英文ワイン記事満載の、面白いオンライン雑誌です。ちょっと営業☆)


このワインを選んだのは、値段的に、そして僕の評価で、ちょうど中間に位置する為。
8種類の値段は$255から$3,725までの幅があって、
僕の付けた得点は93点から99点だった。

Domaine de la Romanée Conti, Romanée-St.-Vivant, Burgundy, 2008 ($1070)
輸入元(米国): Wilson-Daniels
得点:94点

RSVの香りはデリケート。ラズベリー、少々の樽香そしてマッシュルームの香り。
口に含んだ時のうまみは驚きだ。
前面に出ているのはラズベリーの風味、しかしピリッとしている。
燻した肉の風味が強く、ポークリブの燻製所に置かれていたラズベリーを
思い起こさせる。
タンニン風味が顕著なので、長期保存に充分報いてくれるだろう。

c0185058_228444.jpg


以上、ブレイクの記事の和訳でした。

ワインライターと、ディストリビュータが集まってのドメーヌ・ロマネコンティのテイスティング。
ブレイクの安眠を妨げる程の出来ごととは?
会場でいったい何が起きたのか??

コラムの日本語訳は、次回載せますね☆

(この記事を書いたのは、3月初めでした。
その後、未曾有の災害が起こり、ワインの事をチャラチャラ書いていて良いのだろうか…
と思ったのですが、少しずつ、でも着実に前進する母国の姿に、一安心。
改めて日本人であることを誇りに思う次第です。

…で、いきなりDRCネタ!?
お澄まし君とは、ほど遠い、本音で語る飾らないワインライターである、旦那。
“毎日を楽しくするために、ワインはあるのだ”という彼の姿勢、
そして妻を思ってくれるがゆえに引き起こされた、ある騒動で、
クスっと笑ってもらえたら…と思ってUPしました。
コラムは次回載せますが、待ちきれない方は、こちらの英文記事をお楽しみください☆)

[PR]
by sfwinediary | 2011-05-10 02:23 | ワインなお話