カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カフェ・ルージュのピンクな夜

バークレーでこだわりステーキを食べたい時に、まず思い浮かぶのは
Café Rouge (カフェ・ルージュ)。

その昔、お肉屋さんから始まったこのレストランでは、
美味しい肉料理はもちろんの事、お洒落なカリフォルニア料理が楽しめます。
また、店内には肉の販売コーナーもあるので、お土産だって買えちゃいます☆

名前の通り『赤』な店が、ある夜『ピンク』に染まりました。
普段置かれているワインメニューは、一切取り払われ、
かわりに登場したのは選りすぐりのロゼ達。
料理もワインに合わせたラインアップが勢ぞろい。

c0185058_8301314.jpg


用意されたロゼは、フランスワインの輸入では右に出る者は無い
カーミット・リンチ氏が厳選したワイン12種類。

良くあるワイン・テイスティングでも、業界の開いたイベントでも無く、純粋に、
ピンクなワインを楽しみましょう♪というレストランの趣向。

c0185058_8281858.jpg


カリフォルニアのロゼワインは、一所懸命探せば、美味しいものがあります。
でも、多くのワイナリーの主流は赤ワイン。
精魂こめてロゼを造っている所は、残念ながら見当たりません。

カリフォルニア産のロゼを買うならば、なるべく淡い色のものを選ぶのがコツ。
なぜならば、濃いピンク色のものは、赤ワインの副産品として出来た可能性が高いからです。

やっぱりロゼを買うのならば、フランス産か、イタリア産がお勧め。
それには何も重大な秘密があるわけで無く、これらの地では、
美味しいロゼを造るために、ロゼに適した葡萄栽培をしています。
だから味も優れているのです。

本物のロゼは生き生きとしていて、偽物の甘さを持たず、赤ワインのフリもしていません。

この夜の勝者はこの2種類。

Abbatucci Cuvee Faustine Ajaccio 2010
オレンジの皮、乾燥肉、ハーブの風味のコルシカのワイン。
野菜料理とよく合います。

Regis Bouvier Marsannay 2010
ブルゴーニュのロゼは、とてもピノらしい風味のロゼ。
とても繊細なので、マイルドな料理にピッタリ。

この他にも、牡蠣に合わせるのならこちら。
Salvard Cheverny Loire Pinot Noir-Gamay 2010
軽いチェリーの風味で始まり、フレッシュハーブの後味を持つ爽やかなロゼ。
牡蠣の持つ海の風味を、より一層、輝かせてくれます。

c0185058_844394.jpg


カフェ・ルージュのロゼワインの夕べは、1年に一度、行われています。
今年のチャンスを逃された方、次の機会は2012年8月の予定です☆

待ちきれない方は、カーミット・リンチ氏のお店で、魅惑のロゼワインを購入できます☆

c0185058_8313156.jpg
カフェ・ルージュの肉販売コーナー☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-08-31 08:26 | 気になるレストラン