カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

高騰前に駆け込みでクワ☆ Coi San Francisco

アメリカでも面白いレストラン・シーンが楽しめる街、サンフランシスコ。
カリフォルニア州ならではの新鮮な食材と、
お洒落なレストランもカジュアルな雰囲気で楽しめるのが魅力です。

c0185058_2485819.jpg


ユニークと言えば、お高い値段で知られるSaizon(セゾン)は、
チケット購入制を導入していますが、
これは予約時に、お一人$498のチケットをあらかじめ購入するというシステム。
例えばSFジャイアンツの試合を見る為に、あらかじめチケットを買うのと同じ考え方。
レストランとしては、なかなか強気で面白い発想ですよね。

でも如何せん、料理の値段はお一人様$498。
ワインペアリングを頼もうものならば、プラスもう$200程かかります。
値上げしたフレンチランドリーより高いぞ~☆

…で、前置きが長くなりましたが、人気のレストランCoi(クワ)が、
セゾン並みに高くなるらしい…という噂がちらほら耳に入ってきました。
値上げ前に足を運ばねば!と、このたび駆け込みで行ってまいりました。

結果は、大満足♪
アジアン風味が満載の料理は、どれもみな繊細。
丁寧だけれど、フレンドリーなサービスは、120点満点。
6:45の予約だったのですが、ようよう店を出たのは11時過ぎ。
リラックスした雰囲気の中、4時間半はあっという間に過ぎたのでした。

romaine (celtuce, garum, seaweed powder)
ソースが絶妙。海苔の味は感じませんでしたが、縁の下の力持ち?
c0185058_2514551.jpg


oysters (radish, black pepper, dill)
東海岸産の牡蠣を、わざわざカリフォルニア沿岸で生産しているとか。
塩味のジュレが面白いけれども、牡蠣好き人間はシンプルに牡蠣だけで頂きました。
c0185058_2521026.jpg


beet (rhubarb, cocoa, hazelnut, yogurt)
絵本のように奇麗な一皿。
ビーツ、ルバーブ、ココア、ヘイゼルナッツと、様々な味が奥深さを演出。
c0185058_2522893.jpg


allium (lardo, breadcrumbs, spring flowers)
食用花が春を彩り。焼いたネギの甘さが美味。リッチな味わいはラードのなせる技。
c0185058_2524546.jpg


asparagus soup (coconut milk, green flavors)
話に夢中で、スラーっと飲んでしまいました。
c0185058_25315.jpg


popcorn grits
ポップコーンはアメリカ・インディアンが世界に誇る料理。
グリッツもアメリカ南部の料理なので、アメリカン♪な一皿。
一緒に食べると、何とも面白くて楽しい組合せ。
ワインペアリングは、もちろん米国産シャルドネ。
“ポップコーン&シャルドネ”黄金コンビです。
c0185058_2531817.jpg


monterey bay abalone grilled on the plancha (artichoke, black olive, wild fennel)
アワビ大好き人間にはたまらない料理。柔らかい食感で、言う事無し。
c0185058_2533631.jpg


ここでメニューに載っていない皿が登場。
ブレイクの正体を知っていたソムリエ氏が、ワインペアリングに知恵を拝借したいと
出してくれたのは、湯葉をつかった料理。
c0185058_3125098.jpg


ソムリエ氏が考えていたのは、生姜風味の白ワインと、茨城産の地ビールの2種類。
ビールは苦みが残ってしまい、選ぶのならば生姜風味の白ワインの方が合っていました。
ベストだったのは、前皿アワビのペアリングで出てきたロゼでした。

ここで茨城産の地ビールを見たのは感動♪ 日本がんばれ~~~♪
c0185058_2542248.jpg


anderson ranch lamb in two servings (tartare, wheatgrass, sprouts and grilled over pine, potato-pine needle puree, wood sorrel)
ラムのタルタルは、ラム&生肉、ダブルで苦手なので、一口だけ☆
c0185058_255429.jpg


もう一品のラムは、臭みが無く、美味しく完食。
c0185058_2555326.jpg


fromage blanc tart (gooseberry, beeswax)
塩味のヨーグルトタルトと言った風情。
ベリーと蜂蜜とフロマージュ、ハーモニーが面白いチーズコース。
c0185058_2562210.jpg


oro blanco (buttermilk-ginger ice cream, epazote)
メキシコの海苔を使ったという、面白い、甘くないアイスクリーム。
ペアリングはソーテルヌ・ワイン。(写真撮り忘れ~☆)

silken white chocolate (soy milk, kiwi)
白チョコのブランマンジュといった風情。
ペアリングはトカイの5プットニョシュ。
c0185058_2564834.jpg


Honey – almond
アーモンドが蜂蜜でコーティングされているのかと思っていたら、
もっと凝った行程が施されていました☆ 
塩味と甘味が絶妙で、際限なく食べられそうな、危険な美味。
c0185058_302080.jpg


隣の席に陣取っていたボストンの料理ブロガーは、
カベルネ・ソーヴィニョンのようなピノ・ノアールを、ボトルで頼んでいました。
でも、クア(Coi)の繊細な料理には、白かバブリーがお勧め。
ワインリストには2,3本面白そうなボトルが載っていましたが、
様々な食材がふんだんに使われているマルチコース料理なので、
やはりワインペアリングを楽しむのがベスト。
c0185058_304121.jpg


旦那は“ワイン飲むぞ”モードだったので、車では無く、公共交通を利用しました☆
地下鉄(Bart)モンゴメリー駅から、歩いて10~15分程。
行きは上り坂道でしんどいですが、帰りは楽勝です♪

料理は11品で$165、ワインペアリングは$105。
(清算時には18%のサービス料が含まれているので、チップの額にご注意を☆)

c0185058_32179.jpg

その日のメニュー。食材が無くなった時点で、次々と変化していきます。
シェフのこだわりが見えますね☆


ワインペアリングの詳細は、ブレイクの記事をご覧ください☆
リンクはこちら♪ 
Wine pairings vs. ordering one bottle: A brief tale from Coi

c0185058_3182997.jpg

Shina_poohさんが、記念日Coiレポートをされています♪
リンクはこちら

[PR]
by sfwinediary | 2012-03-28 02:39 | 気になるレストラン