カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:日記( 51 )

メリークリスマス♪

メリークリスマス♪

ニュージーランドで2週間、思いっきりアウトドアの冒険を楽しんでまいりました。
でも、季節の変わり目だったのか、現地では風邪ひき人間がとっても多くて、
私も帰宅とともに、風邪菌に負けてしまい、伏せっておりました☆

そんなわけで、遅ればせながらではございますが、メリークリスマスでございます♪

c0185058_11251894.jpg


我が家でクリスマスイブを飾ったのは、ルイ・ロデレール クリスタル2002のバブリー。
Louis Roederer 2002 Christal Champgne

1876年に、ロシアのアレクサンドル2世の要請にこたえて、造られたのが起源とか。
この黄金色に輝くボトルが魅力的なんですよね。
味もとってもコンプレックスで、大満足。
洋ナシ、ゴールデンアップル、密やかな蜂蜜の風味に香り、
きめ細かな泡立ちと、心地よい酸味が美味しくて、あっという間に空に。
ボトルに$200の価値を認めるかどうかは、個人の嗜好次第。
もう少しお手ごろ価格だったら、嬉しいのですが☆

c0185058_11275221.jpg


クリスマスの日にテーブルを飾ったのは、マウント・ランギ・ギランのシラーズ1998年。
1998 MOUNT LANGI GHIRAN Langi Shiraz

その昔、ケアンズでプロポーズの際、ブレイクが選んだワイン。
以来、我が家の記念日ワインとして活躍してきましたが、
98年物なので、これ以上置いておいても味が良くなることは無し…と判断。
セラーに残る2本のうち、1本をクリスマスに開けました。

思いのほか、果実みが残っていてビックリ☆
これは2002年にオーストラリアで買い、日本を経て、SFに持ってきたボトルだったのですが、
保存状態が良かったようで、こちらも美味しく空きました☆
(これより前、4月に飲んだボトルは、こんなに果実風味が感じられなかったので、
うれしい驚きでした。ボトルによる差って、微妙ですよね~☆)


c0185058_11285557.jpg


いよいよ年の瀬。
皆さまは、大晦日にどんなバブリーで年越しをお祝いされるのでしょうか。
残り少ない2009年を、満喫されてくださいませ♪

c0185058_11291871.jpg

ニュージーランドの羊君☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-12-25 11:23 | 日記

心が元気になる本

毎日の流れの中、ちょっと疲れてしまった時…
心をふっと暖かくしてくれる一冊。

『きょうの禅語 心が元気になる30の禅メッセージ』
絵と文・マツバラリエ リヨン社

禅というと難しそうだけれど、
この本は、作者マツバラリエさんの、
暖かいイラストと、
側にいて語りかけてくれるような文章が、
心に、す~っとしみこむ本。

なので、
ホッとして、
そしてまた元気になれるんです。

c0185058_6293021.jpg

きょうの禅語 心が元気になる30の禅メッセージ

先日、マツバラリエさんに、サンフランシスコでお会いする機会がありました。
透明感をもった、とても素敵な女性。
絵本作家のリエさんは、ワインのコルクを使った芸術作品も手掛けています。
(リエさんのHPはこちらをどうぞ♪)

このコルク・アート、手に取った感じが格別。
思いのほか軽くてフワッとした感覚。
そしてコルクの暖かさと優しさが伝わってきます。
眺めるだけでなくて、手に触れて楽しい、素敵なアートです。

c0185058_6294985.jpg


普段、何気なく捨ててしまっているコルク。
こんな風に、アートに再利用されるたコルクは、幸せ者ですよね。
コルク冥利に尽きると思います(笑)。

さて、このコルク、最近ではプラスチック製のものや、スクリューキャップが
代わりに使われているボトルをよく見かけます。
長い間、ワインにはずっとコルクが使われていたのに、
なぜ最近、代替用品をみかけるようになったのか?
書きあがり次第、UPしてみたいと思います☆

[PR]
by sfwinediary | 2009-11-15 06:24 | 日記
Trick or Treat! お菓子かイタズラか?
サンフランシスコでハロウィンを楽しみたかったら、Belvedere Street を歩いてみて☆
趣向をこらして飾り付けた家々、子供と一緒に楽しめる、安全な雰囲気です


ツアーの先頭を飾るのは、呪われた館☆
c0185058_10203388.jpg


出迎えるのは、蝋人形の執事。巨大蜘蛛、傍らに横たわるのは、血まみれの足☆
c0185058_1021210.jpg
c0185058_1021388.jpg

c0185058_10215838.jpg


売りに出された家。呪われているから!?
c0185058_10222676.jpg


通りを歩いていたら、誰かが倒れてる!
c0185058_1023021.jpg

近寄ってみたら、びっくり!
c0185058_1023976.jpg

巨大アナコンダに、半分ばかり食べられてました☆
c0185058_10231912.jpg


埋まった手に、人骨。アナコンダの犠牲者たち?
c0185058_10233424.jpg
c0185058_10234264.jpg


ガレージに登場したのは、土跡もあたらしいできたてのお墓☆Rest In Peace.
c0185058_1024054.jpg


通りの向こうから、こわごわと覗いているのは小さなお化け☆
c0185058_10353629.jpg


Keep Out。魔女だ~、逃げろ!
c0185058_10371019.jpg


シマウマと雪の女王のダンス♪
c0185058_10383638.jpg
c0185058_10384822.jpg


以上、Belvedere St.のハロウィンでした♪
c0185058_10248100.jpg


お終いは、アジア人パンプキンヘッド☆いい味出していて爆笑♪
c0185058_10435232.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2009-10-30 10:13 | 日記
めっきり秋らしくなったサンフランシスコ。
季節モノなのでしょうか。
先日ハックルベリーが、ほんの一瞬だけ、ホールフーズに並びました。

ワインのテイスティング・ノートによく登場するので、
どんな味だろう?と思って、試しに買ってみました。

c0185058_8392016.jpg
小さなパックで$9ほど。結構お高い☆
森林を破壊することなく集めた、野生のハックルベリーだそうです。


見た目はブルーベリーの小型版といった感じ。
味は、噛んだ途端に富士りんごの酸味が広がり、
それを追うようにブルーベリーの甘味が重なります。
粒が小さい分、皮の量が多いので、最後に皮の“えぐみ”を感じます。

生では不評だったので、その後リンゴと一緒にして、
アップル・ハックルベリー・パイに変身させました☆


c0185058_8394197.jpg


さて、先日のお話なのですが、まだ暑さが残る頃、ロゼを飲みました。

我が家の場合、殆どのボトルはセラーに入れておくので、
大抵の場合取り出した時の温度は、摂氏17度ぐらい。
ロゼや白は、もっと冷えていたほうが美味しいので、
まず、この温度で味見をして、
それから冷凍庫に放り込んで、急速に冷やすようにしています。

でも先日は、飲んだ後に取り出すのを忘れてしまい
じゃ~~~ん、後日見つけたのは、ロゼのシャーベット☆

c0185058_8413920.jpg

食べてみたかったのですが、瓶の中身を取り出せずに断念。
次回、ロゼを開けたら、別の器に入れて、凍らせてみようかなぁ…
なんて、目論んでおります。
ロゼだと苦そうな予感がするのですが、デザートワインだと甘くなるかしら?

So what? (凍ったから何なの?)なのですが(汗)、
せっかく写真撮ったので、UPしてみました。

おあとがよろしいようで…チャンチャン♪
c0185058_8535841.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2009-10-27 08:37 | 日記
金曜日あたりから、ちょっと肌寒いサンフランシスコ。
台風の影響で出来た雲が、一気に東に流れてきて、
どうやら明後日、火曜日辺りには、かなりの量の雨が降りそうです。

例年ですと、9月10月は良い天気が続くので、この時期の降雨は珍しい事。
久しぶりの雨を前に、ワインカントリーでは今週末あたり、
最後の葡萄収穫がなされたのでしょうか。

さて、フランスに出張していたブレイクのお土産は、スィーツ3種類☆

c0185058_13435688.jpg

カカオ73%のチョコレートに、青くちりばめられたのはミント。
大人味のチョコレート。
あらかじめミント風味が練りこまれているミントチョコは、イマイチ苦手なのですが、
この製法だと、ミントとカカオが、それぞれ独立して味を主張するので、
相乗効果でとってもいい感じ。

c0185058_1342684.jpg

左はサンテミリオンの名物お菓子、マカロン。
右はソーテルヌのレーズンチョコ。

マカロンは一つ食べたら、やみつきになりそうな、上品な甘さと食感。

レーズンチョコは、レーズンの強烈な酸味が、
ダークチョコ(70%カカオ)とマッチして、新鮮な驚き。
別々に食べたら、レーズンが苦いのに、一緒に食べると、とっても美味!
不思議です。

残念ながら、葡萄の種類は書いてなかったのですが、セミヨン辺りかな?
ここまで酸味を押し出すのは、フランスならでは。
一粒で十分なので、カロリーも気にしなくていいし、
甘さ一辺倒のアメリカでは、見かけない味かも。

やっぱり、フランスのお菓子って、洗練されていて美味しい~~~!
[PR]
by sfwinediary | 2009-10-11 13:37 | 日記
ホールフーズやBiRiteに行くと、ずらっと並ぶ、オーガニックな卵たち。
鶏が自由に走り回れる、ケージ・フリー飼育を謳ったものや、
とっておきのベジタリアン餌で育てた鶏が産んだ、オメガ3入りのもの、
などなど。

あまりに種類が多すぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまうほどです。

価格も、12個入りで$2.50ほどから、$7.50と3倍もするものまで様々ですが、
値段の差は、果たして味の差として、如実に現れるのでしょうか?

c0185058_8305973.jpg


さて、この12個入りで$7.50という目の飛び出るような値段の卵は、
サンフランシスコの北東、ナパの東にある、Vacavilleにある農場、
Soul Food Farm(ソウル・フード・ファーム)の卵。

c0185058_8312892.jpg


この農場の存在を知ったのは、SFクロニクル紙に掲載された
ある記事がきっかけでした。

もとシェパニーズのシェフ、クリストファー・リー氏が独立して
バークレーに開いた、レストランEccolo。
地元で採れた、新鮮なオーガニック素材の食材のみを使い、
従業員に穏当な給与を支払うという、理念のもとに経営していたものの…
この不況で、採算が取れず、
閉店という悲しい結果を迎えることになってしまいました。

レストランが閉店するということは、従業員は勿論のこと、
契約農家、清掃業務の請負店などの仕事が無くなり、
近隣に与える影響も、決して小さくありません。

25年物のバルサミコ酢を15年物に代え、
臓物料理は人気が無いために、豚を丸ごと買うのを止め、
泣く泣くソウル・フード・ファームの卵をあきらめて、
その他、経費を詰められるだけ、切り詰めたのですが…。
不況という激流には、抵抗できなかったのでした。
(以上記事の要訳です)

アメリカを襲った不況の影響で、ベイエリアのレストランは皆、生き残りに必死。
一つ、また一つと、信念を持ったレストランが倒れていく様を見るのは、
辛いものがあります。
スー・シェフ、Samin Nosrat氏が書いた記事は、とても訴えるものがあります。
難しくないので、よろしかったら英語の勉強がてら、読んでみてください☆


c0185058_8331883.jpg

さてこの記事の発表から、時を経ずして、
ソウル・フード・ファームに、思わぬ災難が降りかかります…。
なんと、隣家で発生した火事が、農場の鶏小屋に飛び火して、
約1000匹ものヒナが、命を失ってしまったのです。

しばらくは手に入らないのかしら?と懸念していたのですが、
近所のオーガニック店BiRiteで、農場の卵を売っていると聞き、
買いに駆けつけました。

c0185058_849063.jpg


さっそく目玉焼きにしてみました。
確かに美味しいけれど、果たして他のオーガニック卵と比べたらどうなのでしょう?

そこで、Rock Island (約$3) と、Soul Food Farm ($7.50)の卵を、目玉焼きにして
2日間食べ比べてみました。

黄身の色と艶は、ソウル・フード・ファームの卵の勝ち。
黄身の味は、ソウル・フード・ファームがやや濃いめでしっかりしている。
白身の味は、ロックアイランドの方が美味。
という結果。
2倍以上の値段を支払う価値があるかというと…、そんなに目の飛び出るほどの
違いがある…というわけではありませんでした。

c0185058_834229.jpg


卵を買う上で一つだけ確かなのは、「新鮮なほど、美味しい」ということ。
単純ではありますが、確かな事実です☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-09-16 08:26 | 日記
先日の土曜日、サンフランシスコのフェリープラザ・ファーマーズ・マーケットに、
仙台味噌のブースが登場しました。

c0185058_13541483.jpg

これは仙台味噌を、世界に広めようという、PRの一環。
その名も、「仙台味噌(みそ)米国輸出促進ミッション」。

c0185058_13552098.jpg

日本から飛んできた仙台味噌の関係者と、SFのジェトロが繰り出して、
道行く人々に、1,000個余りのお味噌を配ったほか、
ブースには、Yoshi’sのシェフ、カミオ・ショウ氏(仙台出身)が登場して、
センダイ・ミソ・ドレッシングとセンダイ・ミソ・サルサの
試食も行われました。

c0185058_1355419.jpg

アメリカで“味噌”を使った料理として、一番親しまれている食べ方は、
なんといっても“味噌汁”。
今回、ドレッシングや、サルサに味噌を使えることを知り、
道行く人々は驚いていました。

c0185058_1356298.jpg

さて、頂いたお味噌で、我が家でも早速、味噌汁(具は鯛と野菜)を作った他、
味噌でマリネした、サーモンで昼食☆
(味噌を隠し味に使うと、味にぐぐ~っと深みが増しますね)

ブレイクが合わせたワインは、ピノ・ノアール。

ピノがサーモンに合うのは周知の通りですが、
仙台味噌で作った味噌汁にも、とっても良く合いました。

c0185058_13544411.jpg

この日、街頭で配られたレシピをご紹介♪

<仙台味噌ドレッシング>
A: 仙台味噌、米酢、水:各1/4カップ(アメリカのカップなので60ml)
おろしたガーリック2かけ、砂糖小さじ2
B: グレープシード(または植物油)大さじ6

Aを Bのオイルに、ゆっくりとかき混ぜながらブレンドする。

c0185058_13594427.jpg

<仙台味噌サルサ>
イエローオニオン1個、トマト2個、ハラペーニョ1~2個
シラントロ1/2束、ガーリック2かけ
エキストラ・バージン・オリーブ・オイル1/4カップ
6 1/2OZ (約190グラム) 仙台味噌
ごま油小さじ1、ライムジュース1個分

イエローオニオン、トマトを、0.5cm程に細かくする。
ハラペーニョを、ごく細かく切る。
シラントロを刻む。
ガーリックをミキサーにかけるか、ペースト状になるまで細かく刻む。
すべての材料を合わせ、味がなじむまで数時間冷蔵庫に入れる。


日本国内で、仙台味噌に興味ある方は、こちらを訪問してみてください♪
宮城県味噌醤油工業協同組合
ジョウセン
鎌田醤油(株)
川敬醸造(株)

c0185058_13564157.jpg
お味噌をもらってニッコリ♪
[PR]
by sfwinediary | 2009-08-05 14:03 | 日記
とある日曜日。
予定が何にもない週末、朝の会話。
ブレイク「きょう何する?」
ゴマ「何でも」
両者「・・・(しばし沈黙)」
ブレイク「エンジェル・アイランドで、ハイキングしようか?」


サンフランシスコに長年住んでいたにもかかわらず、
今まで訪れたことのなかった、エンジェル・アイランド州立公園。
Angel Island State Park

西のエリス島とも呼ばれるこの島は、1900年代初め、
中国をはじめ、日本、インドなど、アジア系移民たちの玄関口となりました。
そして大戦中は、ドイツや日本人の捕虜を収容した場所でもあります。

はるか昔にはアメリカン・インディアンが住み、
スペインの冒険者たちの拠点ともなったこの島は、
燃料用などに木を伐採してしまった為でしょうか、
大きな木がないし、緑も少なくて、全体的にボサボサした印象。
歴史的には意味があっても、お世辞にも美しいとは言えないのが残念です。

c0185058_944944.jpg

移民記念碑

さて、朝10時ごろ突然に決めたので、予備知識は無し。
取りあえずネットでフェリーの時間を調べて、
ダウンタウンのフェリー・プラザへ向かいます。

c0185058_9204635.jpg
c0185058_9205855.jpg


チケットの購入は、フェリー・ビルディングの建物の中。
ついでに斜め向かいのLULUの出張店で、ランチ用のサンドイッチを購入。
フェリー・プラザを海側に出て、左にある埠頭Bから、いよいよ乗船♪

c0185058_961546.jpg


SFのランドマーク、ピラミッド・ビルが遠ざかり、
代わりに近づいてくるのは、監獄で有名なアルカトラズ島。

c0185058_964049.jpg


c0185058_973430.jpg


途中、ピア41でも乗客を乗せて、いよいよエンジェル・アイランドへ☆

c0185058_98085.jpg


島にあるのは、昔の移民収容施設や、アメリカ軍の旧施設等。
これらを見ながら、ぐるりと周遊道路を回ると、約2時間。
海風が強いので、夏でも風よけのジャケットは必須。
日よけの帽子は、風に飛ばされないタイプがお勧めです。

自転車の貸し出しがあります($35だったかな?)が、
アップダウンがきついので、覚悟のほどを☆
体力に自信がない方は、周遊バスが便利です。

c0185058_981933.jpg

東北に見えるのはベイブリッジ。新しい橋は、いつ完成するのでしょうか?

c0185058_983830.jpg

西に見えるのはゴールデン・ゲート・ブリッジ。この向こうは日本♪

話のネタに、一度行くのは楽しいと思います。
ピクニック・エリアが広いので、友人達とBBQすると楽しいかも。
でも、私たちが次に行くとしたら、夕方の最終便で島に行き、
キャンプをして(宿泊人数の制限があるので、静かな島を楽しめそうです)、
翌日便で帰ってくる、そんな感じになりそうです。

c0185058_991086.jpg

昔の病院跡

☆フェリー到着後は、自転車の貸し出し窓口には、長蛇の列ができます。
自分の自転車をお持ちの方は、その方が断然便利。

☆周遊バスのチケットは、カフェのレジで買えます。
カフェではサンドイッチとか、スープを扱っていますが、
ピクニック・ランチは持参した方が、おいししそうです。

☆ピア41からフェリーに乗った方が、行き帰りとも、30分ほど時間短縮できます。

c0185058_992376.jpg


マリーン郡とサンフランシスコの風景が、いっぱい楽しめます☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-07-13 09:02 | 日記
サンフランシスコを中心に、ベイエリアで活躍する、シティ・サーカス。
今年の演目は、カミカゼ・ハート

c0185058_737431.jpg


最近目にする機会の多い、シティ・サーカス。
先日はバークレーで、オーストラリア人による
パフォーマンスを観てきましたが、
今回は、すぐ近くの劇場の公演に行ってきました。

c0185058_7381322.jpg


サーカスというと、シルク・ド・ソレイユを思い浮かべる方も多いと思いますが、
このシティ・サーカスは、街中の小さな劇場でも公演できる
コンパクトなサーカス。

演目は、天井からつるされた布でパフォーマンスするエアリアル系。
驚異の柔らかさを見せるバランス系、ジャグリング系、等々。
それにヒップポップ・ダンスが加わって、なかなか面白い演出。
主人公の恋人役で、人間の少女から白鳥に姿を変える役の女性が
おそらく元男性だったりして、なかなかサンフランシスコっぽくTwisted♪

c0185058_738566.jpg
c0185058_7391586.jpg


多少の粗さはありますが、一所懸命のパフォーマンスだし、
何よりチケットはたったの$14。
2時間たっぷり楽しめるので、文句はありません☆

c0185058_7395048.jpg


ハイ・エンドのカベルネのような、
シルク・ド・ソレイユの公演も楽しいですが、
友人のお手製ワインのようなシティ・サーカスも
味があっていいですよね♪
両方味わってこそ、人生深みがあって、楽しくなるのかな。

c0185058_740101.jpg


生演奏が、パフォーマンスを盛り上げます♪
[PR]
by sfwinediary | 2009-05-30 07:35 | 日記
とてもアクティブな5月です。
先週、5月17日にはベイ・トゥ・ブレイカーズで12Kのマラソン。
足が筋肉痛☆
そして今週は、ホワイト・ウォーター・ラフティングで、
腕が筋肉痛☆

ラフティングが大好きな、夫のブレイク。
今週末、アメリカではメモリアル・デーの3連休。
何かしたい!と思い立ったようで、いきなり先週の木曜日に
ラフティングを予約。

サンフランシスコから2時間ほど北、
カリフォルニアの州都、サクラメントに近い
アメリカン・リバーのノース・フォークに行ってきました。

ミドル・フォークと、サウス・フォークは流れがなだらかで、
どちらかというと、ラフトに乗って、優雅に自然を楽しむ感じ。
2006年のラフティング記録♪
一方、ノース・フォークは、クラス4と3で、なかなかの激流もあり♪
自然の雪解けによって川の水量が変わるので、
私たちが訪れたのは、多分ラフティングできる最終週。
水量はかなり減っていましたが、それでもなかなか楽しい川下りでした。

c0185058_1146692.jpg

こんな感じ♪

カリフォルニアでは、多分チェリー・クリークが、一番の激流のようですが、
ここで、泳ぎのテストで散々な思いをした私は、
クラス4ぐらいがいい感じ。
それほど大変じゃなくて、でも、スリリングな激流あり。

それにしても、ジムに行かなくなったこの1年ほどで
すっかり筋肉が無くなってしまったようで、ものすごい筋肉痛☆
思えば最後にラフティングをしたのは、もう2年も前のこと、
エクアドルのことでした。

今回、あまりの筋肉の退廃に反省。
ダンベルを買って来て、上半身を鍛えようと、誓ったのでした♪
[PR]
by sfwinediary | 2009-05-24 11:41 | 日記