カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Sparkling Wine( 5 )

行く年への慰労と、来る年を寿ぎ祝う為に、多くの人が大晦日にあけるBubbly。
(Bubbly = スパークリング・ワインやシャンパンなど発泡ワインを称したニックネーム)

せっかく飲むなら、やはり美味しい泡を飲みたいもの。
でも、誕生日でも記念日でもないのに、
クリスタル1本に大枚をはたくのもなんだかなぁ…なんて思いも頭をよぎります。

そこで、ちょっとユニークなバブリーをお探しの方、イタリアのバブリーは如何でしょうか?

c0185058_4423887.jpg


Franciacorta(フランチャコルタ)は、世界で一番厳しい製造規制を設けている地方。
長い瓶内熟成期間、収穫畑の規定など、シャンパンよりも厳しいものです。
(興味のある方は、ブレイクのPalate Pressコラムをご覧ください)

今月初めにフランチャコルタを訪れたブレイク。
彼が今年飲んだバブリーの中で一番美味しかったと称賛する
Contadi Castaldi (コンタディ・カスタルディ)2本をご紹介します。

c0185058_4371559.jpg


Contadi Castaldi Franciacorta Satèn 2007
熟したゴールデン・アップルで始まり、トーストとヘーゼルナッツの風味の後味を残す
臆面のない芳醇さを持つ発泡ワイン。
ガス圧が低い独特のサテン・スタイル (Saten style) が、魅惑的な口当たりを醸している。

Contadi Castaldi “soul” Franciacorta Satèn 2005
良い意味でヴィンテージ年よりも古さを感じるのは、ガス圧の低さ故かもしれない。
風味はとても複雑で、ドライアップル、炒ったヘーゼルナッツ、粘土、杉といった
キャラクターを持つ。優雅な口当たり。

c0185058_4375699.jpg


テキサスのワインショップ通販で、コンタディ・カスタルディのサテン($39)を
扱っているようです。
日本だともう少し割高になってしまうようですが、新しいバブリーの境地、
開いてみては如何でしょうか☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-12-28 04:27 | Sparkling Wine
私は海…。
アイロン・ホースから販売された、2005オーシャン・リザーブのバブリー

ナショナルジオグラフィックと提携して、ボトルが購入される毎に$4が、
海を守るために寄付されるという面白い試みのもと、
2010年9月に、1000ケースが発売されました。

c0185058_7535091.jpg


ラベルがちょっとCheezyなのですが、単刀直入、わかり易くて良いかな☆
小売希望価格は$40。
ラベルは3種類あるので、集めても楽しいかも☆

100%シャルドネで出来た、ロシアンリバー・ヴァレーのバブリーは、
シーフードに合うように造られたと言うだけあって、
シトラス系の、爽やかな風味です。

先日ジャイアンツがナショナルリーグ優勝を飾った際に
快哉を叫びながら開けたのが、このボトルだったのでした。

2005 Ocean Reserve Iron Horse
Green Valley of Russian River Valley / 13.5%


c0185058_75494.jpg


そして昨夜、地元サンフランシスコで、
ジャイアンツが2勝目を飾ったのを記念して開けたのは、こちら☆

2004 Chanticleer Cabernet Sauvignon
Yountville Napa Valley


普段の食事の際は、(合う料理を私が造らないので)滅多に開けないカベルネ。
この夜は、オニオンスープに挑戦。
(玉ねぎ炒めながら試合中継を見られるので・笑)
そして、ブレイクが開けたのが、Chanticleerのカベルネだったのでした。

このカベルネ・ソーヴィニョンのアペレシオンは、ヨーントヴィル☆
フレンチランドリーを始めとして、錚々たる顔ぶれのレストランが軒を連ねる地です。
Yountville 表示のワインは、なかなか見かけないので、
それだけでワクワク感も♪

数年を経ているので、とっても成熟した味わい。
マイルドなモカとタバコの香り。
酸味を残しながら、熟したチェリー、ダークプラムの風味。
サンジョベーゼが7%使われているので、この酸味と、スパイスの風味が出たのでしょう。

果実風味を残しながら、円熟したまろやかな風味のカベルネは、
試合が終わる頃には、澱だけ残して、空になっておりました。

c0185058_883836.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-10-30 08:21 | Sparkling Wine
もうすぐバレンタイン・デーですね。
日本では、女性から男性にチョコレートを贈るのが主流ですが、
アメリカではこの日、男性からもプレゼントが贈られます。
特別のディナーに、恋人や奥さまをご招待…とか☆

c0185058_451562.jpg


悲しい事に、我が家は今年、バレンタインの行事は、無し。
一人悲しい2月14日!?なぜかと言うと、
ブレイクは、昨日、イスラエルへのワイン視察旅行、
ゴラン高原ワイナリー巡りの旅に、出かけたのです。

ゴラン高原というと、領権を巡るイスラエルとシリアの紛争、
クルド人難民問題や、日本のPKO派遣などといった方面の知識しかなかったので、
この地でワイン葡萄が栽培されていたとは、露知らず。
「ゴラン高原に行ってくるよ~」と聞いた時はビックリ。

c0185058_44565.jpg

1967年の第三次中東戦争以来、ゴラン高原はイスラエルの占領下にありますが、
シリアとの和平交渉は、平行線のまま、微妙な関係が続いています。
しかしながら、70年代にこの地で始まった葡萄栽培は、
既に40年あまりの歴史を持ち、ここで産出されたワインは、
国際的なコンクールで賞を取るなど、評価を得ているようです。

c0185058_44235.jpg


さて、バレンタインの話に戻りましょう…。
イスラエルに出張の為、我が家ではイベントは無し。
代わりに、出発前に、スパークリング・レッドを開けました。
夕食は、中華のデリバリー☆
イスラエルでは(宗教上の理由から)食べられない食材、
ポーク、牡蠣、エビなどを、ブレイクはお腹いっぱいに詰めて行きました。

オーストラリアのスパークリング・レッドは、味と華やかさから、
バレンタインを飾るのに、ピッタリ。
アメリカ産でしたら、ガイザー・ピーク・ワイナリーの
スパークリング・シラーズがお勧めです。

Fox Creek McLaren Vale Vixen (約$18)
2001 Galah South Australia Sparkling Red (約$40)
Majella Coonawarra Sparkling Shiraz (約$23)
2005 Geyser Peak Winery Block Collection Sparkling Shiraz (約$34)


華やかなバブリーで、楽しい記念日をお過ごしくださいませ♪

c0185058_45479.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-02-06 04:02 | Sparkling Wine
国籍不明のアジア料理が並んだ夕食、ブレイクが選んだのは
スペインのスパークリング・ワイン、Elyssia(エリッシア)。

ピンク色が美しい、オシャレなボトル。
85%ピノ・ノアール、15%トレパット(Trepat)というブレンド。

Freixenet Elyssia Cava Pinot Noir Brut ($17)
c0185058_855931.jpg

使われているのは、バルセロナの南西、Alt Penedes(アールト・ペネデース)で
採れたピノ・ノアール葡萄。
シャンパンの製造方法を用い、カーブで9か月ねかせた後に、
さらにボトル内で二次発酵をさせているそうです。

c0185058_86145.jpg


実は、開けてすぐの感想は…
$17にしてはシンプル過ぎ。
というものでした。
結局、グラスに1杯ずつ注いで、残りは冷蔵庫へ。
(Co2が酸化を防ぐので、プリザーブのスプレーは不使用)。

ところが、何が起きたのでしょうか。

2日目に「そういえば、昨日の飲み残しがあったよね~」と言いながら
ブレイクが栓を開けると「ボン!!!」というすごい音。
グラスに注ぐと、シュワシュワな泡☆
ストロベリーの甘い香りと風味が漂い、なんと昨日よりも美味しくなっていたのでした。

バブリーの不思議な変身でございました☆

c0185058_89101.jpg

Blakeから見たElyssiaは、こちらをご参照くださいませ☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-10-13 08:03 | Sparkling Wine
先日、大統領就任式の日にBlakeが選んだのは、
カリフォルニアのスパークリング・ワイン、シュラムズバーグ(Schramsberg)。

バブリーは、やはりフランスのほうが圧倒的に美味しいのですが、
“アメリカの記念日″ということで、地元のワインを選んだのでした。

一般的に、カリフォルニアでは1997年のヴィンテージが優れていると言われていますが、
スパークリングに関しては、寒くて雨の多かった1998年の方が出来が良いみたい。
寒い気候で育った葡萄は、酸味が強いので、
スパークリング・ワインを、より美味しくしてくれます。

1998 Schramsberg Reseve
ピノ・ノアールをベースにした、リッチでコクのあるバブリー。
c0185058_9335439.jpg


酸味といえば、今、オレンジやみかんの季節。
ファーマーズマーケットでも、ところ狭しと柑橘類が並んでいます。

そんな中で、「酸味が無いオレンジ」と書かれたサインを発見。
興味津津で味見してみたのですが…

酸味がないバニラ・オレンジは、何ともいえない味。

おそらく人間の脳には、普通でない味に対して警鐘を鳴らすシステムがあって
「酸味がない柑橘系のフルーツ」も、その範疇にあるみたい。
なんかおかしいぞ、これ???っていう感想でした。

c0185058_935313.jpg

アメリカではSatsumaと呼ばれる、みかん♪

バランスのとれた酸味って重要なんだなぁ、と
改めて思った次第でございました☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-02-10 09:31 | Sparkling Wine