カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第4回Vintners Hall of Fame (ワインの殿堂) の一環として行われたセミナー
Big, Bold and Beautiful: Tasting Historic Magnums from
the California Collection of David and Judy Breitstein

この日、饗されたのは7本のマグナム。

まず味わったのは、1956年ルイス・M・マティーニのピノ・ノアール
Louis M. Martini 1956 Pinot Noir

既に、半世紀を経ているワインなので、CIAのソムリエ、ステーシー女史が
細心の注意を払って開栓、間髪を置かずに、その場で全員のグラスに注ぎます。
年を経たワインはとてもデリケートなので、最高のコンディションで味わえる窓口は
とても短いんですね。

c0185058_2493931.jpg

1956年のピノは、Louis P. Martini氏によって、いわば試作的に作られたワイン。
(彼の商業的な初リリースは、1957年)
ルイス氏の息子、マイク・マティーニ氏は、この記念碑的ワインを
愛する父親が亡くなった日に開栓して、追悼したそうです。

そして時を経て、この日、会場で1本が開けられた結果、
このピノ・ノアールは、世界でもあと1本を残すのみ!
最後の1本は飲まれる事はなく、永久に保存される“予定”だそうです☆

マイク氏によると、前回ボトルを開けた時、
美味しく飲めた窓口は30分程だったそうですが、
この日のボトルは45分後にも美味しく楽しめました。
ドライチェリー、新鮮なチェリーの風味をはじめ、とても複雑さを持ったピノ。

このピノ・ノアール葡萄は、ルイス氏が開発したマティーニ・クローン
(Martini Clone of Pinot Noir)を使っているそうですが、
現在カリフォルニアの3分の一のピノ葡萄に、このクローンが使われています。
これらの木から収穫されたピノ・ノアールも、この日のボトルぐらい
エレガントに熟成することを祈りましょう♪

c0185058_303026.jpg
このボトルには、ルイス氏の直筆でボトリングの日付が書かれているので
マイク氏は、空き瓶を大事そうに家に持ち帰りました。


ピノに並んで、スペシャル・セレクションの1970年カベルネ・ソーヴィニョン
も、テイスティングのフライトに並びました。
Louis M. Martini 1970 Cabernet Sauvignon, Special Selection

ルイス氏のカベルネは、当時、ソフトなタンニンと優しい口当たりで知られていました。
反面、評論家たちは、彼のカベルネは長期熟成には向かないと言ったものでした。
そこでルイス氏は、自らのワインが長期熟成に適している事を証明するため、
一部を保存して、毎年、年を経るごとに、50セントずつ上乗せして販売したそうです。
おちゃめですね☆

当時ナパ・バレーのトップクラスに位置した、
この1970年カベルネ・ソーヴィニョンのスペシャル・セレクション。
販売価格は$3以下だったそうです!
古き良き時代に乾杯♪

c0185058_2505114.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-03-30 02:56 | ワインなイベント
先日ナパのセント・ヘレナで行われた、第4回Vintners Hall of Fameの授与式。
この日の午前、セレモニーの一環として、豪華なセミナーが開かれました。

Big, Bold and Beautiful: Tasting Historic Magnums from
the California Collection of David and Judy Breitstein

題して「ビッグで、強くて、美しい:歴史的マグナムを味わう」セミナー☆

ワインライターとして数多くのテイスティングに参加しているブレイク曰く、
One of the best tastings I've ever been to…
それもそのはず。この日、会場に並んだのは、以下の面々。

Louis M. Martini 1956 Pinot Noir
Mayacamas Vineyards 1969 Cabernet Sauvignon
Louis M. Martini 1970 Cabernet Sauvignon, Special Selection
Diamond Creek Vineyards 1978 Cabernet Sauvignon, Gravelly Meadow
Heits Cellar 1985 Cabernet Sauvignon, Matha’s Vineyard
Stag’s Leap Wine Cellars 1985 Cabernet Sauvignon, SLV
Joseph Phelps Vineyards 1997 Insignia


c0185058_726411.jpg
豪華マグナムが7本勢ぞろい~!

これらのワインを寄付したのは、LAでDuke of Bourbonを経営すると共に、
ワインの収集家としても知られている、David & Judy Breitsteinご夫妻。
(希少なマグナムをはじめ、カルトワインを手に入れたかったら、
是非、 Duke of Bourbon へどうぞ☆ インターネットによる日本への販売も展開しています♪)


c0185058_7282147.jpg
一番左がデビッド氏、その右はマイク・マティーニ氏とブレイク☆

どれもこれも希少なワインとあって、スピット・バケッツを使うのが
もったいない…☆
午前10時からのセミナーだったのですが、
グラスの殆どを、美味しくいただいてしまいました(笑)。

セミナー会場は、セント・ヘレナにある、CIA(Culinary Institute of America)の
グレイストーン校舎内にある、教室。
お城のような建物の前身は、カトリック教会によって運営されていた
クリスチャン・ブラザーズ・ワイナリー。
ロマンチックな建物で味わう、歴史的ワインは、格別の味。

c0185058_7301293.jpg

セミナーの進行役は、Vintners Hall of Fame(ワインの殿堂)
選考委員会の委員長を務めるブレイク(W. Blake Gray)。
パネラーは、Louis M. MartiniのオーナーMike Martini氏、
Duke of Burbon のオーナーDavid Breitstein氏、
SLVの創始者Warren Winiarski氏、
Diamond Creek VineyardsのオーナーBoots Brounsten女史と
息子さんのPhil Ross氏。

ワインを楽しむと共に、ワイナリーのオーナー達から
ボトルにまつわる思い出話しが聞け、とても楽しいひと時でした。

c0185058_7304244.jpg

このワイン達による歴史的テイスティングは、多分、2度と行われないはず。
というのも、一番古い1956年のLouis M. Martini ピノ・ノアールは
もう、世界でもあと1本しか残っていないとの事☆

c0185058_7305729.jpg
ボトルには、故ルイス・M.マティーニ氏の直筆メモが☆

歴史的な希少ワインを7種類、ワイナリーのオーナー達の思い出話しと共に味わい、
セミナーの後は、ナパのワイナリー(4か所から選択)でプライベート・ツアーと
ランチが楽しめる、超豪華なセミナーは、お1人様$150。

もう2度と味わう事が出来ないかもしれないワインの価値を思えば、
むしろ安いと言えるセミナーです(ワイナリーのランチ付きですし)♪

来年も、また趣向を凝らしたセミナーが開かれる予定です。
是非ぜひ、参加を検討してみてくださいませ♪
(会場で、一緒にワインを楽しみましょう~~~☆)

c0185058_732298.jpg

次回は、テイスティング・ノートを載せますね♪
[PR]
by sfwinediary | 2010-03-25 07:23 | ワインなイベント
先週末から、ポカポカ陽気のサンフランシスコ。
うららかな天気の中、3月13日(土)に、ナパのセントヘレナにあるCIAで、
第4回Vintners Hall of Fameワインの殿堂の授与式が開かれました。

c0185058_272991.jpg
マスタードの花が美しい3月のナパ☆

CIA(Culinary Institute of America)では、連日様々な催しが開催されていますが、
ワインの殿堂は、いわゆる野球の殿堂のワイン版。
著名なワインメーカーをはじめ、大学教授、作家、マーチャント等々、
カリフォルニア・ワインの発展に貢献した人々を称える賞です。

受賞者が発表されるのは、葡萄の収穫が終わる頃、毎年秋ですが、
授与式は葡萄畑がマスタードの黄色い花で覆われ、木々が芽吹き始める春、
3月に開かれています。

c0185058_243787.jpg
前年の受賞者 Stag's Leap Wine Cellarsの元オーナー、Warren Winiarski氏☆

前年までは、全員が着席してフォーマルな夕食を頂きながら授与式に参加…
という形式だったのですが、やっぱりアメリカ、
今年からは、もっとカジュアルで、より楽しめるスタイルになりました。

c0185058_2103416.jpg
Bonny Doon Vineyardオーナー、ファンキーなRandall Grahm氏のスピーチ☆

夕方6時頃から三々五々集まって、バブリーを楽しみながら雑談。
7時から授与式。

c0185058_282446.jpg
Diamond Creek Vineyardsの故Al Brounstein氏に代わってあいさつする奥様☆

そして式の後は、普段は授業が開かれている3階の大キッチン教室で、
有名レストランのシェフ達が腕をふるった料理を、自由にお楽しみ♪
カリフォルニア・ワイン界の重鎮や、スター・ワインメーカー達が
一堂に会しているので、面白い話が聞ける絶好の機会です。

c0185058_215522.jpg
この日の勝者は、Sarah Scottシェフのハルビットと、Polly Lappetitoシェフのダック・コンフィ♪

メインを楽しんだ後は、2階に下りてデザート・ビュッフェを堪能。

c0185058_2185092.jpg

6つのレストランのペイストリー・シェフが腕を競ったのですが、
圧倒的にLAのスパーゴのデザートが美味しかったです♪

c0185058_2181518.jpg
スパーゴのイチゴのスフレと、チョコレートケーキは絶品♪
美味しくて食べるのに夢中で、写真を撮り忘れてしまいました☆


c0185058_2192274.jpg
ポートやデザートワインを手に、話は尽きず、フロアではダンスも☆

ナパで繰り広げられている、ワインの催しを体験するには、絶好の機会。
ベイエリアのワイン・ファンの方、また、この時期にSF旅行を考えている方は、
是非予定に繰り入れてはいかがでしょうか☆

c0185058_2201482.jpg
飲み放題♪

ヴィントナーズ・ホール・オブ・フェイム、
ワインの殿堂入りした方々のレリーフが、CIA2階に展示されています。
展示室には、デビッド夫妻が寄付した、歴史的なナパのワインボトルもずらりと並んでいます。
CIAグレイストーン校を訪ねた際には、是非、足を運んでみてください♪

c0185058_452978.jpg
ケースの中には歴史的なボトルが勢ぞろい☆

さて、このデビッド氏はLAでDuke of Bourbonを経営すると共に、
ワインの収集家としても知られています。
今回、セミナーの為に、彼がマグナムを7本寄贈したのですが、
どれも希少なワインばかり☆

Louis M. Martini 1956 Pinot Noir
Mayacamas Vineyards 1969 Cabernet Sauvignon
Louis M. Martini 1970 Cabernet Sauvignon, Special Selection
Diamond Creek Vineyards 1978 Cabernet Sauvignon, Gravelly Meadow
Heits Cellar 1985 Cabernet Sauvignon, Matha’s Vineyard
Stag’s Leap Wine Cellars 1985 Cabernet Sauvignon, SLV
Joseph Phelps Vineyards 1997 Insignia


この世界でも残りわずかなワインを飲みながら、ワインメーカー諸氏の話を聞く…という、
なんとも贅沢で楽しいセミナーが開かれました。
その様子については、次回UPします♪

c0185058_2211466.jpg
David氏(左端)と奥様(右から2番目)

ブレイクは、Vintners Hall of Fame選考委員会の
委員長を務めているのですが、この日、早くも秋の選定に向けての
話が始まっておりました。第5回の賞は、誰に輝くのでしょうか☆

c0185058_2251397.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-03-20 01:55 | ワインなイベント
いよいよハイキング最終日、約18Kを歩きました。
この日は午後4時にAnakiwaを出る船に乗り、ピクトンに戻る予定なので、
置いて行かれないように、大事をとって10時前に出発。

実際に乗り遅れた人は、どうにかみつけた別会社の船で、$100NZ以上を払って、
ようやく戻れた…という話を聞いていたので、ちょっとドキドキしながら急ぎ足に…☆

c0185058_795125.jpg

これまでは、トラック上で出会う合う人数は
一日数人程度と、とっても静かだったのですが、
最終日は皆同じボートに乗るので、似たような時間帯に歩きます。
なので、道も行き交う人も、断然多くなりました。

c0185058_710558.jpg

最終日なので、けっこう距離はあるものの、足取りは軽く、ルンルン気分☆

c0185058_7104768.jpg
やった~!あと一キロ♪

さて、ピクトンに帰りついたのは夕方の5時。
18Kも歩いた後で、私はボロボロに疲れていたのですが、
ブレイクは元気☆
今日はネルソンまで行こう!と、意気込んで、レンタカーを借りに行きました。

オンボロ・トヨタ(一番安かった!)でドライブ開始。
でも、さすが日本車。
外見はボロでも、エンジンはしっかりしていて感動♪
2時間半後に、ニュージーランド南島、第2の都市Nelsonに到着。
ネット・カフェに直行して、近くのロッジを格安値段で予約。

c0185058_711710.jpg
NZの宿泊施設は、キッチン付きが多いので、とっても便利♪

夕食は、Golden Bellというタイ料理レストランへ行きました。
(リサーチ不足だったのかもしれませんが、
これは見逃せない!という店は、ネルソンには無いみたい…。)


レストランへの途上、スーパーマーケットで、地元産のリースリングを購入。
メニューに飲みたいワインが無かったので、コルケージ$5を払って
持ち込んだリースリングを飲みました。

c0185058_7114327.jpg
2008 Seifried Nelson Riesling ($13)
タイ料理は辛いので、ワインを合わせたかったら、リースリングが無難☆

ラベルの上のシールに注目♪
サンフランシスコのインターナショナル・ワイン・コンペ金賞ですって。
なので、ブレイクはこれを選んだそうです。
アルサス地方のリースリング…ってな訳には行きませんが、
ピリ辛のタイ料理と合わせるのなら、充分。
地元のワインを堪能する、良い機会でありました☆

え?ワイナリー巡り?
そのうちに視察旅行で来る機会もあるだろうから…
という事で、今回の旅は、もっぱらアドベンチャー中心でした。

c0185058_715532.jpg
車の中から見えた葡萄畑。確かに、ソノマの風景もあまり変わらないかしら…☆

以上、クイーン・シャーロット・トラック旅行記でした。
気が付けば、宿泊記録になってしまいました(汗)。
これから、この地を旅する方の参考になれば幸いです。

c0185058_7121058.jpg

そのうちに、氷河ハイキングと、クイーンズタウン冒険旅行記を書きたいと思います☆
何時になるかなぁ…汗。

c0185058_7272972.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-03-16 07:06 | 旅行記
ハイキング4日目は、Portage BayからLochmara Bayまで、
約7Kの距離を歩きます。
朝から小雨がシトシト降っている、生憎の天気。

c0185058_13471324.jpg

12月のNZ南島は、初夏とはいえまだ涼しいし、雨も心配されたので、
旅行前に、サンフランシスコでREIなどのスポーツショップにせっせと通って、
レインジャケットやらハイキングシューズやらを揃えたのが役に立ちました。

c0185058_13592890.jpg

このPortage Bayからは、最終地点のAnakiwaまで21Kほど。
なので、多くの人は、ここを1日で踏破します。
でも、私は2日も続けて長距離を歩きたくなかったし(軟弱☆)、
ブレイクが面白いロッジを見つけたので、途中に1泊加えたのでした。

尾根伝いにクイーン・シャーロット・トラックを歩くこと、1時間半。
ロッジの入口の看板から、横道に入って、湾まで下ること45分。
小雨の中、ユニークな門が見えてきます。

c0185058_1413466.jpg

入口でラマ3匹がお出迎え♪人なつこすぎて、ビックリ☆
c0185058_13554858.jpg

様々なアートで飾られた敷地は面白くて、驚きの連続。
c0185058_13482541.jpg

巨大蜘蛛!?これも芸術作品です☆
c0185058_14161886.jpg


このLochmara Lodgeは、Wildlife Recovery & Arts Centerを兼ねていて、
敷地内では、様々な動物を見ることができます。

傷ついた野生動物を保護しているのですが、
まるで小動物園の中に、ホテルがある感じ。
満杯で無かったので、11時前でしたが、チェックインできました☆

c0185058_1351422.jpg

我、我が道を行く…野豚君に、羊、山羊、トカゲ。

c0185058_13513141.jpg

可愛い鳥もいて、手ずから餌をあげることが出来る
アトラクション(1時頃)もあります。(とっても可愛いくて感動なので、お勧め☆)

c0185058_13515720.jpg

このロッジには、ピクトンから日帰りでも訪れることが出来、
クルージングに、美味しいランチ、そしてミニ動物園を楽しめます。

c0185058_13524440.jpg
部屋からの風景☆

スパがあるので、1時間のマッサージ(極楽♪)で疲れをいやした後、
夕食は、シーフード・ビスク、魚に、チーズプレート。

c0185058_13542789.jpg


お供は2000 Daniel Le Brun ($70NZ)。
マルボローのブドウを使い、伝統的なシャンパンの製造法で作られたバブリー。
c0185058_13535229.jpg

10年の時を超えて、食卓を飾ってくれる、地元のバブリー。
感謝しながら頂きました♪

c0185058_13544775.jpg
3種類のチーズプレートは、絵画見たいでした☆

食後は、真っ暗な中を懐中電灯頼りに、グローブ・ウォーム見学。
数年前に、北島のワイトモ・ケーブで観た洞窟一面に怪しく光る
グローブ・ウォームは、感動でしたが、
ここのミニチュア版も、なかなか綺麗でした。

c0185058_1355874.jpg
いよいよ明日は、ハイキング最終日です☆
[PR]
by sfwinediary | 2010-03-09 13:44 | 旅行記
クイーン・シャーロット・トラック、3日目。
この日は一番長い距離、実質28Kほどを歩く日。
なので、朝8時半に、出発です。

c0185058_1264560.jpg
先はまだ長い…☆

尾根伝いを行くのですが、進行方向右、北斜面を歩く時は、乾燥した土地で、
時々、緑の木々の間から、遠く羊が牧場に白く点在する風景が見えます。

c0185058_1173129.jpg
小さくて見えないのですが、白い点々があって、羊たちなのです☆

一方、左側の南斜面は、ジュラシック・パークみたいな
シダ類に囲まれた、ぬかるんだ道を行かねばなりませんでした。

c0185058_1174984.jpg

この日の天気予報は雨。出発時には霧雨でしたが、30分ほどで止み、
後はずっと曇りのち晴れで、ラッキー♪
NZは島国なので、天気予報がなかなか当てにはならないようです。

(サンフランシスコは西から雲が動いてくるので、予報し易いみたいで、
細かい降雨時間までも、中々の確率で的中します。
でも、QST周辺では、雨のち曇りのち晴れ…みたいな感じでした☆)


c0185058_1183188.jpg

7時間半歩いて、途中で出会ったのは10人ほど。
大自然を、独り占め状態でした。

c0185058_1241886.jpg


この日の宿泊地は、Portage Resort Hotel。
もっと、こじんまりした所に泊りたかったのですが、
このエリアの宿泊地で、レストラン付きは、ここしかなかったので、
あまり気が向かないまでも、選んだ場所。
施設そのものは、どこでも見かけるホテルだったのですが…
レストランの料理が美味しくて、嬉しい驚き☆

ホテルに着いたのは4時だったのですが、疲れていたので、
そのままロビーのソファーに倒れこみ、しばらくは動けず…。
フラットホワイト(SFでいうところのラテ)を頼んで、一休み。

夕食は6時(早い…。お腹がすいていたんですね~☆)
事前にワインリストをチェックしたのですが、マークアップが高い!
例えば、昨夜マハナ・ロッジで$41だった、セレシンのシャルドネは$61。
リテールで$20ちょっとなので、3倍ほど。
遠隔地だし、リゾートだし…という事で、値段も理解はするのですが、
3倍のマークアップ払ってまで、飲みたいワインも見当たらない…。
なので、持参のピノを飲むことにしました。(コルケージ費$15)

2008 NEUDORF Pinot Noir
Tom's Block New Zealand


c0185058_1204871.jpg


選んだ料理は、ラムのサラダ、グリルしたサーモン、いずれもNZ産、
そしてパエリヤにグリーン・サラダ。

c0185058_1191755.jpg


このパエリヤが、絶品で、旅の中で一番おしい料理でした。

c0185058_1203014.jpg


さすがに長距離を歩いたので、この日は9時半にお休みなさい…。

c0185058_1261083.jpg

いっぱい歩いたでしょ♪
[PR]
by sfwinediary | 2010-03-05 01:15 | 旅行記
クイーン・シャーロット・トラック2日目。

c0185058_1323143.jpg

遠くから聞こえる牛の鳴き声を聞きながら、6時起床。
焼きたてのパンに、とれたての卵を目玉焼きにして、朝ごはん。

昔懐かしい手押し車で荷物を船着き場まで運んで、
9時頃には出発しようと思ったのですが…
農場のくつろげる風景に、ついつい長居。

オーナーさんとの会話が弾んだこともあって、
ようよう重い腰を上げて、Woolshedを出発したのは11時。

c0185058_1331855.jpg
途中の道標。まだまだ先は長いです☆

2日目の行程は約12Kの道のりを3時間ちょっとで踏破。
用意してもらったボリュームたっぷりのサンドイッチで昼ご飯。

午後2時半には、この日の宿泊地、Mahana Lodgeに到着です。
リタイアしたご夫婦が経営している、可愛くて奇麗なロッジ。
前はバック・パッカーの為の施設だったのだけれど、
買い取ってアップグレードしたとの事。

c0185058_1334062.jpg


どこもかしこも新しく、部屋数は全部で5部屋。
この日の宿泊客は、ドイツ人家族、アイルランドのカップル、
NZ北島からのカップル、そして私たち日米組。
なかなか国際色豊かな顔ぶれでございました。

ブレイクはカヤックでイルカを見に行きたかったようなのですが、
風が強くて断念。

夕食は、温室を改造したレストランで、頂きます。
料理が大好き、というご夫婦が腕を振るってくれたのは、
スモークサーモン、チキンご飯、ガーデンサラダ、そしてデザート。
(前菜、メイン、デザート全て、2種類からそれぞれ選べます)

c0185058_1342919.jpg
庭で栽培しているグリーンを使った超新鮮野菜サラダ☆花も食べられました

ワインも数種類おいていて、ブレイクがチキンに合わせたのは、セレシンのシャルドネ。

2007 Seresin Chardonnay
Marlborough NZ


c0185058_1363645.jpg


13.5%という嬉しい低アルコール、そしてアメリカと違って
オーキー&バタリーでない、バランスの取れたシャルドネに舌鼓。

食後の運動に、ロッジから歩いて2分の所にある
清流に住む、グローワームglow-worm(ツチボタル)を見た後は、
部屋に帰りつくとともに、お休みなさい…。

長距離を歩いた後、ワインボトルを開けたら、速攻で夢の中ですね☆

c0185058_13798.jpg


この日は、これだけ歩きました♪

c0185058_1372439.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-03-01 13:00 | 旅行記