カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

聞き慣れない葡萄の名前、Mourvèdre 。
日本語表記では“ムールヴェードル”と記されているようですが、
アメリカでこの葡萄名を発音する場合は、モーヴェドラ (more-VEH-dra) という音。
(まぁ、かなりのワイン・オタクで無いと知らない単語なので、
覚えても使う機会は極稀だとは思いますが…)

今日お送りするのは、カリフォルニア州の中でも、有数の暑~いワイン葡萄の栽培地、
パソ・ロブレスと、モーヴェドラ葡萄のお話です。
ブレイクのLAタイムス紙の記事をお楽しみください。


c0185058_312798.jpg
パソ・ロブレスの葡萄畑

Mourvèdre grape a Paso Robles specialty -By W. Blake Gray-

発音が難しいし、ワインをゲイミー(gamy/猟鳥獣のような) 風味にする葡萄、
モーヴェドラは、カリフォルニア州でも一番暑い葡萄栽培地の一つ、
パソ・ロブレスに一番ふさわしい葡萄だと言えよう。

事実、この地のリーダー達は、この葡萄を強く推奨している。
タブラス・クリーク (Tablas Creek's) のフランス人創始者は、モーヴェドラの栽培に
ピッタリだと言う理由で、アメリカの第一号ワイナリーをパソ・ロブレスに興した。
そしてサクサム・ヴィンヤーズ(Saxum Vineyards)のオーナーJustin Smith氏は、
そもそもパソのモーヴェドラ葡萄があればこそ、ローヌ・スタイルのワイン造りに
ハマったのだと言う。

例えば、ワイン・スペクテーター誌の2010年ワイン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた
2007 Saxum "James Berry Vineyard" red blendは、モーヴェドラ葡萄を31%使用している。

しかしこの葡萄名が正面ラベルに明記されるのは稀だ。
大抵の場合、ローヌ地方の葡萄とブレンドされて使われる。
古典的な所では”GSM” — Grenache-Syrah-Mourvèdre —のトリオ。
(パソではMSGの順で記されるべきだけれどね。)

c0185058_3132493.jpg


Mataroという別名で、モーヴェドラは130年以上前から栽培されれてきた。
しかし、この気難しい葡萄は育てるのが大変なので、次第に栽培者が減り、
米農務省によると2009年にカリフォルニアで栽培されたのは、たったの906エーカー。
栽培耕地量からすれば、Alicante Bouschet や Rubiredといった、
マイナーな葡萄達の後を追い、18番目に位置している。
そして全体の20%が、パソ・ロブレスを始めとするSan Luis Obispo群で栽培されている。

パソ・ロブレスは、フランスのバンドールと並んで、モーヴェドラ葡萄栽培に
最も適した、世界でも稀少な土地と言えるだろう。
昼は暑く、充分な日照があり、夜は涼しい。栽培可能期間が長く、
定期的に充分な量の降雨があるので、喉が乾きやすいモーヴェドラ葡萄には理想的だ。
加えて、北カリフォルニアには珍しく、石灰岩の地層を持っている。

「この地でもっともすぐれた葡萄がモーヴェドラだということは、間違いないね」
と語るのは、タブラス・クリークのワインメーカー、ニール・コリンズ氏。
ワイナリーが誇る最高ブレンド、優雅なEsprit de Beaucastelは、
モーヴェドラを基本葡萄に造られている。

c0185058_3144481.jpg


しかしこの葡萄、駆けだしワインメーカーには、扱いかねる代物だ。
酸化しやすい特性があるし、また、ワインを好ましくない物にしてしまう
ブレタノマイセス属酵母をしばしば持っているからだ。
ブレット(Brett)は、葡萄の皮や、古い木製樽に存在していて、未処理のワインに
「納屋のような」または「バンドエイドみたいな」香りをもたらす元となる。

多くのワインメーカーは好ましくないものと考えるが、フランスではこの特徴は
古くからモーヴェドラと結びついており、その良し悪しは論議を呼ぶ所ではある。

「モーヴェドラは、アメリカでは評判がとても悪いんだ。何故なら、多くの
地中海産ワインはブレットがあって、人々はこのふたつが同義語だと思っている。」
と語るスミス氏。「モーヴェドラを樽に入れておくと、何故かはわからないけれど、
その樽だけ、ブレットの香りがするんだ。
我々は長年、この獣皮のような香りは、葡萄が自然に醸し出す特性だと思っていた。
でも違うんだ、クリーンなモーヴェドラは、そんな風味を持っていない。」

c0185058_3152789.jpg
スミス氏 L.A. Times紙より

モーヴェドラは、また、ワイン初心者には向かない代物でもある。
パソ・ロブレスの多くの赤ワインは、フルボディで、果実風味に富んでいて、
ストレートに分かり易い味をしている。
しかし、モーヴェドラは、それらから遠くかけ離れているので、
愛好家だけが知るワインだった…ワイン・スペクテーターが公表するまでは。

ブレットの無いモーヴェドラは、柘榴(ざくろ)の風味に一番近いかもしれない。
「どちらかと言えば、大地っぽい風味だけれど、これだ!って断定するのが難しいんだ」
とスミス氏は語る。

ワインの風味を音階に例えてみよう。
グルナッシュの輝くような果実風味を高音だとすると、
モーヴェドラの持つゲイミー(gamy)でセイボリー(savory)な風味は低音だ。
スミス氏も「うん、バスだよね。低音を奏でる葡萄だ。」と同意する。

スミス氏を始め、パソの何人かのワインメーカー達は、酸化や
ブレタノマイセスの繁殖を防ぐ目的で、モーヴェドラに他の葡萄を加えて醗酵させる。
そしてモーヴェドラは常にブレンドされるべき葡萄で、
決して単独で使われるべきではないと考える人々も少なくない。

Hastings Ranch のスティーブ・アンリム(Steve Anglim)氏も、その中の一人だった。
ところが、いざ2007年のモーヴェドラをブレンドしようとした所、
あまりにも出来が良かった為に、急遽、単独で瓶詰めする事にしたのだ。
2007 Anglim Mourvèdreは、この葡萄種のワインとしては、最高の出来だろう。
2007 Anglim Mourvèdre Hastings Ranch Vineyard in Paso Robles ($34)

「あれは瓶詰めの1日前だった。出来が良いから、土壇場でブレンドするのを止めたのさ。
でもあれだけの品質と素晴らしさを、毎年造り出せるかとなると、ちょっと分らないな。」

c0185058_3194599.jpg


無名なこと、そして多くのワインにブレンドし易い事から、
これからモーヴェドラを扱うワイナリーが増えるかもしれない。
何故なら、現在シラーは飽和状態で、店頭販売で苦戦を強いられているからだ。

「これから、パソの葡萄と言えばモーヴェドラとグルナッシュという時代になると思う。」
と語るのは、Denner Vineyardsのワインメーカー、アンソニー・ヨント氏。

「ここにはシラーが溢れているし、誰もがそこそこのシラーを造れる。
熟成した、皆の好みのタイプがね。でも北部ローヌ地方のシラーと比べたら、全然違う。
だけどモーヴェドラだったら、世界でも最高級品がこの地で造れるんだ。」

c0185058_3203881.jpg


以上Los Angeles Times紙のブレイクの記事でした。
オリジナルはこちらからどうぞ☆

超オタクな葡萄モーヴェドラ。某誌で一位に輝き、一躍脚光を浴びました。
個人的にはブレンド率が少ない方が、気軽に飲めたのですが、
はまる人は、ハマるんだろうなぁという、風味の複雑さを感じました。
ご興味のある方は、パソのモーヴェドラ、お試しあれ♪

[PR]
by sfwinediary | 2011-09-28 03:08 | ワインの雑学
巨大メディア企業として名を馳せる、ハースト・コーポレーション。
その創始者ウイリアム・ハースト氏が、カリフォルニア沿岸の街、
サンシモンに建てた豪邸、ハースト・キャッスルを囲む8万エーカーの土地は、
ハースト牧場として、環境に優しい牧草飼育牛を育てています。

そのハースト・ランチ・コーポレーションが、最近、ワイン事業に乗り出しました。
ハースト・ランチ・ワイナリーとは、いったいどんなワイナリーなのでしょうか。
ブレイクの記事を和訳してお送りします。


c0185058_631354.jpg


Newsflash: Empire Makes Wine - By W. Blake Gray

パワフルなファミリー企業、その創始者達は、かつて大いに銀幕を賑わしたけれど、
今日では、我々がハーストというブランド名を目にする事は殆ど無い。

「彼の浮気を見破る方法は?」「貴女の恋愛をより刺激的にする法則」といった記事で、
アメリカをけん引する雑誌の所有者が、ハーストだって知っていたかな?
そう、雑誌コスモポリタンはハーストの所有。
秘密ではないけれども、その名が前面に出る事はあまり無い。

なので、去年ウイリアム・ハースト氏のひ孫であるスティーブ・ハースト氏が、
ジョイント・ベンチャーでワイン事業に乗り出した時、
一家の名前をボトルに載せたのには、少々驚いた。

そして2007年にSFクロニクル紙を辞めた僕が、ワイナリーに招待されたのも
ちょっとした驚きだった。
自社(SFクロニクル紙の親方はハースト)の記者を呼べば只だったのに、
僕を呼び寄せる為には、ハースト牧場のステーキが必要だったからね。

c0185058_63711.jpg
ジム・サンダース氏(左)と ブレイク☆

ハースト・ランチ・ワイナリー (Hearst Ranch Winery) は、ジム・サンダース氏を
共同事業者として、2010年に初めてのワインをリリースした。
サンダース氏 (Jim Saunders) の前身は、建築関係。
ワイルド・ホース等のワイナリー建築に携わる内に、自然とワインに興味を持ち、
20年前に葡萄園を購入、バルクワイン事業に参入したという経歴の持ち主だ。

しかし無名のワインでは難しいと考え、パートナーを探し始めた時、
折り良く出会ったのがハースト・ランチ・コーポレーション。
そこらの小国よりも金持ちであるだけでなく、ブランド名は計り知れない魅力を持つ。

c0185058_638053.jpg

ハースト・キャッスルは、1957年にカリフォルニア州に寄贈されたが、
そのビジターセンターから道路を挟んだ向かいに、
去年(2010年)テイスティング・ルームがオープンした。

ハースト牧場で牧草飼育されたビーフと、ワインの組み合わせ。
実に名案だよね。
「見た、来た、(食べて飲んだ、そしてハーストのTシャツを)買った。」
今日、サンシモンの地を訪れるのは、ハーストの洗礼を受ける事かもしれない。

150年の歴史を持つセバスティアーニ食品店内にある、テイスティング・ルームに
足を延ばす際は、カフェのフレンチ・ディップをお見逃し無く。

c0185058_6385136.jpg


現在ワイナリーでは、ハースト牧場内に葡萄園を設立するべく、
かつて環境保全同意書を交わしたカリフォルニア州に、許可を申請している。
まだ許可は下りていないそうだけれど、何せ太平洋がすぐ目の前という土地柄、
気候的には、ピノ・ノアールでさえも、栽培が難しいかもしれない。

今使われている葡萄は、暑い内陸部、パソ・ロブレスにある畑で栽培されているので、
ハースト・ランチの名を冠するのは、ちょっとこそばゆい気もする。

現在リリースされている11種類中、エステート葡萄を100%使用しているのは、
テンプラニーリョ(Tempranillo)・ロゼのみ。
このロゼは、今の所クラブ・メンバーのみに販売されているそうだけれど、
さすがのブランド名だ。
多くの新設ワイナリーで、1年目からクラブ・メンバーを持つなんて夢なのだから。

そして、そのブランド力は、クラブ・メンバーの獲得だけに留まらない。
既に米国26州に販売を展開し、販売網は広がる一方だ。
牛が牧場内でのみの飼育を堅持する一方で、ワインビジネスはそうも言っていられない。
ハーストによる葡萄畑の買収劇が見られるのも、遠くない未来だろう。

c0185058_6393976.jpg
Paso Roblesの葡萄園

今の所サンダース氏は75エーがーの土地に、プティ・シラー、プティ・ヴェルド、
シラー、マルベック、そしてテンプラニーリョの5種類を育てている。
もとはカベルネ・ソーヴィニョンも栽培していたけれど、植え替えたとの事。

「土地柄なんだろうね、カベルネは野菜風味が強すぎたんだ。代わりに
マルベックとテンプラニーリョを植えたけど、成功だったよ。」とサンダース氏。

仰る通り、ラインアップの中で最も素晴らしかったのは、ハースト・ランチの
マルベック2009年。滞在中に何度も飲み、飽きなかった1本だ。
酸味に富み、強烈なチェリー風味と猟鳥獣の風味 (gamy) を持つ、切れ味のあるワインで、
野性味が強いな…と感じする寸前に、花の香りと、葉っぱの風味で驚かせてくれる。
これはカベルネ・フランクが7%ブレンドされている所以だろう。

c0185058_6421048.jpg
Hearst Ranch Paso Robles Malbec 2009 ($30)

僕が気に入ったワイン達が、全て自家葡萄園で採れた葡萄を使っていたのは
単なる偶然ではないと思う。

少々値段が張るけれど、ハースト・ランチ・ザ・ポイント特別リザーブ2007も
好みだった。ボルドー・スタイルのブレンドで、シラーがちょっと効いている。
アルコール度は15.5%と高いけれど、酸味に富んでいて、赤系ベリーと
チェリーの風味がステーキによく合い、濃厚なタンニンの後味を持つ。

c0185058_6424133.jpg
Hearst Ranch "The Point" Paso Robles Special Reserve 2007

Hahn Estatesの元ワインメーカー、Adam LaZarre氏を醸造コンサルタントに据え、
葡萄栽培学者Jeremy Leffert氏の助けを得ながら、
サンダース氏自ら、毎日の業務に目を見張らせているそうだ。

さて、肝心のハースト家は、どのぐらいワイン造りに関わっているのだろうか?
「もちろんスティーブはとても深く関わっているよ」とサンダース氏。
「スティーブはワイン事業を気に入っていて、皆に吹聴しているんだ。」

15億ドルを稼ぎ出す企業の物指しで見たら、ワイン事業は、蚊の鳴くような存在だろう。
僕自身がスティーブ氏にインタビュー出来たらよかったのだけれど、
あいにく彼は、84歳になる父ジョージ・ハースト Jr. 会長と、一家恒例の
『良く飲み、良く狩る』一週間の鹿狩りに出かけていたので、会う事は叶わなかった。

c0185058_644538.jpg


僕自身は、もう既にハーストの社員では無いけれど、メディアに携わる者として、
ハーストへのグルーピー的な部分を少々持っている。
だって、どれだけの出版元が、ニュース戦争を始めたと自ら公言できるだろうか?

ウィリアム・R・ハースト氏は、ライバルのジョセフ・ピューリツァー氏の元から、
多くの社員を引き抜いたけれど、ピューリツァー自身、センセーショナリズムを助長した
イエロー・ジャーナリズムを造り出した大元だ。(ブログ世界の先駆者的存在と言えるよね。)

今日、ピューリツァー賞はあるけれど、残念ながらハースト賞は聞いた事が無い。
でもね、W.R.ハースト氏は、今頃、墓石の中で胸をなでおろしているかもしれない。
だって、ハースト賞は無いけれど、ピューリツァー・マルベックも存在しないからね。

c0185058_6454535.jpg


以上、ブレイクのコラムの和訳をお送りしました。
* この記事は、ワイン・レビュー・オンラインに掲載されたコラムを
本人の了承の元に和訳しています。転載を禁じます。


c0185058_630929.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-09-16 06:24 | ワイナリーのお話
サンフランシスコからHwy101を南下する事、200マイル。
カリフォルニア海岸の絶景を見下ろす、サンシモンの高台に
豪華な佇まいを見せているのは、ハースト・キャッスル (Hearst Castle)。

c0185058_741396.jpg


金鉱事業で一旗あげたジョージ・ハースト氏は、1865年に4万エーカーの土地を購入。
その後、遺産を受け継いだウィリアム・ハースト氏が、サンフランシスコの建築家
ジュリア・モーガン女史と共に、サンシモンの高台に豪邸を建築しました。

氏が幼いころ母親と旅した欧州の印象を、隅々まで反映した邸宅は、
当時としては最先端の技術を整えていて、今見ても驚くばかり。

ハースト・キャッスル(Herast Castle) を楽しむメインは、邸の見学ツアー。
昼間は3種類のツアー、季節によって夜間ツアー等、数種類あります。
10年ほど前に訪れた際は、劇場を見たくてGrand Rooms Tour を選んだのですが、
時を経て尚一層、ワインに溺れ、食を愛するようになった我々は、
今回 Cottages & Kitchen Tour に参加しました。

c0185058_8314342.jpg


ツアーはビジターセンターから出発、バスに乗って10分程かけて高台の邸宅へ。
その昔、動物園も備えていたハースト・キャッスル、
現在も名残のシマウマが牧場内に住んでいるそうですが、残念ながら見えず。
遠くに牧草飼育牛や馬達が草を食んでいました。

c0185058_7521724.jpg


邸宅に電気が引かれたのは1920年代。
その前は、水力を使った発電機を使っていたそうですが、
ハースト氏とモーガン女史の美意識から、敷地内の電線は全て埋蔵されており、
不細工な電線が景観を損なう事はありません。

c0185058_7524774.jpg
セラーの入り口♪

主要建物カーサ・グランデの北側地下に建てられた、ワインセラー。
火事と泥棒除けの為に、全く独立した2部屋が設けられています。

c0185058_7532877.jpg


館では、禁酒法時代(1920-33)にも、アルコールが振舞われたそうですが、
ハースト氏自身は嗜む程度で、酔っ払いを倦厭。
食事前のカクテルや、食事中のワインは饗されましたが、
ゲストが客室にアルコールを持ち込むのは禁止だったそう。

荷物にこっそり忍ばせたフラスクが見付かろうものなら、
最寄りのサン・ルイス・オビスポ駅から、汽車で追い返されてしまったそうです。

c0185058_7534645.jpg


今でこそ、カリフォルニアでは質の高いワインが生産されるようになりましたが、
当時はバルクワインが主流。
セラーの中に眠っているボトルは、ロマネ・コンチティ(1934)、
シャトー・マルゴー(1925)等、ヨーロッパの面々でした。

c0185058_7541076.jpg


もっとじっくり見たかったのに、案内のおじさんに急かされて、
後ろ髪をひかれながらセラーを後に。

c0185058_801298.jpg


ゲストルームは、室内装飾が過激すぎて、よくこんな部屋で眠れたなぁ…
と思ったものの、窓からの景観は「素晴らしい」の一言。
(キンキラキンの装飾を、もう少しシンプルにしたら、絶景が引き立つのに…。)

c0185058_7543029.jpg
当時、7か所のシャワーヘッドが付いた浴室を既に完備していた事に驚き☆

最後にたどり着いたのは、キッチン。
濃厚ソースが苦手だったハースト氏は、フランス料理は得意では無かった模様。

c0185058_750528.jpg


雉、ローストビーフ、ロブスター等、食べたい食材を、
その都度、ロサンゼルスから空輸していたとか。
新聞と同じで、料理でも、人々を“あっ”とビックリさせて、楽しんでいたそうです。

c0185058_7545095.jpg
アイスクリーム専用の冷凍庫☆

案内付きツアーは45分で終了。
終了後は夕方5時の最終バスまで、邸園内を自由に探索出来ます。
案内人があちこちにいるので、質問があったら色々聞けて便利。


劇場の巨大スクリーンで約40分のハースト氏のミニ映画を見ると、
キャッスル建造の歴史が良く解り、より思い出深くなること間違いなし☆

c0185058_803678.jpg


ツアー後には、お土産コーナーでハースト・ランチ産の牛肉を買うのも一興。
去年から登場したハースト・ランチ・ワイナリーのワインを
合わせて買うと2倍も楽しいかも。
今買うなら、マルベック (Hearst Ranch Winery 2009 Marbec) がお勧め☆

c0185058_814785.jpg


何で個人の資産が、州によって宣伝されているんだろう?と思ったら、
邸宅そのものはカリフォルニアに寄贈されたものの、ビジターセンターは
現在もハースト・コーポレーションの所蔵で、州に貸している関係。
なので、個人の所有である、ハースト牧場のビーフや、
ハースト・ランチ・ワイナリーのワインが販売されているんですね~☆

c0185058_834026.jpg


見るたびに泳いでみたくなる、ネプチューン・プール。
飛び込んだら$750の罰金だそうです。
これを安いとみるのか、飛び込む人が、年に数人は出没するとか。
チャリティ・パーティで、運営費の寄付金を募りたいのならば、
『ネプチューン・プールの水遊び付き、夕食会』とかを開いたら、
人が集まるんじゃないかと思うのですが、どうかな…。

c0185058_853522.jpg
幻想的な室内プール

先を急いでいた私達は、セバスティアーニで、ハースト・ランチ牧草飼育牛の
フレンチ・ディップ、ハンバーガーと、マルベックでお昼ご飯。
その後、パソ・ロブロスにある、ハースト・ランチ・ワイナリーへと向かったのでした。

ワインについては、次回ブレイクの記事を和約してお届けします☆

c0185058_851428.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-09-12 07:39
とある夏の週末、高速道路101号を南下する事4時間余り、
サンフランシスコの南200マイルにある、ハースト・キャッスル (Hearst Castel) を訪ねてきました。

c0185058_4314779.jpg


豪華なハースト・キャッスルは、新聞王と言われたウィリアム・ハースト氏の建造。
かつて氏が、センセーショナルな内容で新聞を売りまくり、
財を成したのは、周知の通り。
映画『市民ケーン』で、当時の様子をうかがい知る事が出来ます。

ハースト・ランチCoは現在も、雑誌コスモポリタンを始め、エスクァイア等を発行。
キャッスルこそ、維持費の面などから、1957年カリフォルニア州に寄贈しましたが、
その周りの8万エーカー(320km 平米)の土地を、今なお所有し、
牧草飼育牛が育てられています。

c0185058_444389.jpg


そんなハースト・ランチCoが、この程ワイン・ビジネスに参入。
ハースト・ランチ・ワイナリーのワインが楽しめるようになりました。

残念ながら、葡萄は牧場敷地内で育ったものではなく、
エステートを冠していても、産地は山を越えた暑~いパソ・ロブレス。
現在、敷地内に葡萄栽培の許可を得るべく、州のお役人と交渉中だそうなので、
将来的には、ハースト牧場で育った葡萄のワインが楽しめるかも。

c0185058_4364822.jpg
今買うなら、マルベック (Hearst Ranch Winery 2009 Marbec) がお勧め☆

今回、私達を招いて、ハースト・ランチ内を案内して下さったのは、
ワイン関連ビジネスのパートナーであり、笑顔が優しいジム・サンダース氏。
ツアーでは行けない、牧場内のあちこちを見せていただきました。

c0185058_4444595.jpg


麓の屋敷は、現在は接客用。
こちらで牧草飼育牛のステーキと、ハースト・ランチ・ワイナリーのワインを賞味。
柔らかい肉を好む環境で育った日本人の舌には、グラスフェド牛のステーキは少々固め。
(牧草飼育牛は、脂肪分が少ないので、料理のタイミングが大変)

c0185058_438194.jpg


牧場を管理するのは、生粋のカウボーイ、クリス氏。

c0185058_4385442.jpg


ジム氏のトラックで、牛のすぐ近くまで。

c0185058_4395387.jpg


嘗て散歩や乗馬に使われた回廊。
何れ修理して、大パーティを開きたいと、ジム氏が意気込んでおりました。

c0185058_4401986.jpg


こちらは、かつて搾乳などが行われていた場所。
現在ではパーティ会場として使われています☆

c0185058_4403484.jpg


150年の歴史を誇る、セバスティアーニ店。
ハースト・キャッスルとは道路を挟んで反対側にあります。
ワイン・ティスティングが出来る他、ギフト・ショップも併設。

c0185058_4405527.jpg


こちらで絶対に見逃せないのは、ハースト・ランチ産の牛肉100%ハンバーガー。
ブレイクの一押しは、フレンチ・ディップ・サンドイッチ。
どちらも美味しくて、大満足。
(牧草飼育牛の肉は、ステーキよりも、こういった料理方法がピッタリかも。)

c0185058_4523626.jpg


今は倉庫として使われている、建物。
店が手狭になってしまったので、ゆくゆくは改造して、
こちらにテイスティング・ルームを持ってくる予定。

c0185058_4413618.jpg


時間が余ったら、キャッスルから10分程1号線を北上して、
海岸に象アザラシ(エレファント・シールズ)を見に行くのも楽しいもの。
超クサ~~~いので、風向きに要注意☆

c0185058_4415698.jpg


次回はハースト・キャッスルのワイン貯蔵庫をご紹介します☆

c0185058_4423089.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-09-08 04:28 | 旅行記