カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

行く年への慰労と、来る年を寿ぎ祝う為に、多くの人が大晦日にあけるBubbly。
(Bubbly = スパークリング・ワインやシャンパンなど発泡ワインを称したニックネーム)

せっかく飲むなら、やはり美味しい泡を飲みたいもの。
でも、誕生日でも記念日でもないのに、
クリスタル1本に大枚をはたくのもなんだかなぁ…なんて思いも頭をよぎります。

そこで、ちょっとユニークなバブリーをお探しの方、イタリアのバブリーは如何でしょうか?

c0185058_4423887.jpg


Franciacorta(フランチャコルタ)は、世界で一番厳しい製造規制を設けている地方。
長い瓶内熟成期間、収穫畑の規定など、シャンパンよりも厳しいものです。
(興味のある方は、ブレイクのPalate Pressコラムをご覧ください)

今月初めにフランチャコルタを訪れたブレイク。
彼が今年飲んだバブリーの中で一番美味しかったと称賛する
Contadi Castaldi (コンタディ・カスタルディ)2本をご紹介します。

c0185058_4371559.jpg


Contadi Castaldi Franciacorta Satèn 2007
熟したゴールデン・アップルで始まり、トーストとヘーゼルナッツの風味の後味を残す
臆面のない芳醇さを持つ発泡ワイン。
ガス圧が低い独特のサテン・スタイル (Saten style) が、魅惑的な口当たりを醸している。

Contadi Castaldi “soul” Franciacorta Satèn 2005
良い意味でヴィンテージ年よりも古さを感じるのは、ガス圧の低さ故かもしれない。
風味はとても複雑で、ドライアップル、炒ったヘーゼルナッツ、粘土、杉といった
キャラクターを持つ。優雅な口当たり。

c0185058_4375699.jpg


テキサスのワインショップ通販で、コンタディ・カスタルディのサテン($39)を
扱っているようです。
日本だともう少し割高になってしまうようですが、新しいバブリーの境地、
開いてみては如何でしょうか☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-12-28 04:27 | Sparkling Wine

Happy Holidays!

c0185058_2144343.jpg

Happy Holidays and a Peaceful New Year!
[PR]
by sfwinediary | 2011-12-25 02:12 | 日記
自分仕様のプレミア・ワインが造れるという事で、人気のクラッシュ・パッド。
この度ブレイクが、クラッシュ・パッド・ワインブログの定期寄稿者の一員となりました。
初寄稿は、デキャンタの使い方について。
和訳しましたのでお楽しみください。オリジナルは、こちらからどうぞ♪
(著者の許可を得て和訳/掲載しています☆)


c0185058_4423122.jpg


The Art of Decanting: How to Decant and Why

デキャンティングに必要なのは、たった10秒。
大きな、そして清潔な容器さえあれば、ワインをより美味しく出来る。

普段から、もっとデキャンタを活用するべきなのだけれど、往々にして見かけるのは、
多くの人が、間違ったワインを、間違った理由でデキャンタしている…という事実。

今月に入ってデキャンタを使った人~?
いま手を上げた人は、少ないんじゃないかな。それとも僕の千里眼が壊れてる?
言いたいのは、全員がここで手を上げるべきだ…って事。
例えば君が、最近ボトリングされたばかり、それも宅配便で届いてすぐのワインを
飲もうと考えているのならば、コルクを抜く前に、先ずデキャンタを用意しなきゃ。

最近リリースされた上に、運搬過程で振動が加わったボトル、
これなんてデキャンタされるべきワインの代表なのだけれど、
殆どの場合デキャンタされていないのが現実。
「世界中の殆どのワインが、デキャンタによって向上します。」と言うのは、
CIA(Culinary Institute of America’s Greystone campus)のマクニール女史。
「例外は、古くて高価なボルドー。空気に触れ過ぎると駄目になる事もあります。」

古典的なデキャンタのイメージと言えば、ソムリエが、蝋燭の明かりを頼りに、
澱を入れないように細心の注意を払いつつ、1947年のボルドーを一滴一滴注ぐ図。
これはイメージを大切にする客には大いに受けるだろう。
でもワイン愛好家にとっては、年代物の赤ワインをデキャンタするのは間違い。
年を経たワインの香りはとても繊細なので、ボトルを干す前に消えて欲しくないよね。
大切なワインを最高の状態で楽しむ為には、少々の澱がグラスに入ってしまうリスクは、
我慢するべき些細な事柄と言うべきものだろう。

c0185058_4414295.jpg


年代を経たワインはデキャンタ必要なし。
新しいワインはデキャンタが必要。

メカニズムの理由はメルカプタンという化合物にある。
この化合物は、二酸化硫黄(sulfur)と共にワインに含まれていて、
これらはワインのえも言われぬ果実香を閉じ込めてしまう事が出来るんだ。
なので我々は、ワインが空気に触れる範囲を広げ、科学的再結合を促す必要がある。
ボトリング直前に、保存の為のsulfurを混入したばかりの新ワインは、
なおさら空気に触れさせる事が必要だって事、納得だよね。

「デキャンタに耐えられないワインは、飲むにも耐えられないだろう。
この店では多くの白ワインをデキャンタするけれど、オーク(樽)が強いものは特に
(デキャンタしている)。それによって、香り高くなるし、表情豊かになるよ。」
と語るのはLAにあるレストランProvidenceのワインディレクター、ラングレー氏。

若い赤ワインなど、ラングレー氏はダブル・デキャンタする事もあるという。
先ずボトルからデキャンタに移し替え、再び他のデキャンタに移す事で、
最速でワインを空気に触れさせる事が出来るってわけだ。

我が家では週に3度はデキャンタが登場するし、店でもデキャンタしてもらう事が多い。
特にスクリューキャップのワインは、殆どの場合デキャンタしている。と言うのも、
コルクキャップよりも多量の二酸化硫黄(SO2)が加えられる場合が多いからだ。
赤ワインでも白ワインでも、もうちょっと香りがあってしかるべきなんだけれどな…
て言う時には、僕は先ずデキャンタしてみる事にしている。

多分、皆の家には、豪華なデキャンタがあるんじゃないかな、
結婚式のギフトでもらったっていうような、ファンシーな品を。
我が家にも幾つかデキャンタがあるけれど、一番活躍しているのは
場所を取らないシンプルな形で、高価では無いもの。
デキャンタのデザインは、あくまでもイメージであって、どんな形でも目的は果たせる。
漬け物のガラス瓶だって、きれいに洗ってあれば、デキャンタとして使えるからね。

c0185058_4435084.jpg


さて、デキャンタのマイナス点は、一度デキャンタしてしまうと、後戻りできない事。
なので、2,3日かけて1本空けようと思っている時は、そのままボトルに残しておこう。
僕は、飲みきれなかったデキャンタ半分ほどを、冷蔵庫に入れて置いた事がある。
大抵の場合、時間がたつと香りが抜けてしまうし、ましてや我が家の冷蔵庫には
ザワークラウト(ドイツのキャベツの漬物)が入っていることが多いので、
結果は推して知るべし。

もちろん一度デキャンタしたワインを、再びボトルに戻すことは出来る。
実はこれ、プロのセールスが使っている手なんだ。
ボトリングしてすぐのワインを売り込む為のテクニックの一つと言うわけ。

皆、もっとデキャンタを使おう。そしてもっとワインを飲もうではありませんか。

c0185058_4411633.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-12-20 04:34 | ワインの雑学
或る日、我が家に、大層立派な木箱が送られてきました。
ワクワクしながら開けてみると、入っていたのはSpike your juice(スパイク・ジュース)。
ジュースをアルコール飲料に変身させる、お手軽キットです。

せっかく頂いたサンプル、早速試してみました。
その様子をブレイクのレポでお楽しみください。オリジナルはこちらからどうぞ♪


c0185058_821795.jpg


Spike Your Juice lets you make wine from any juice in 48 hours
- By W. Blake Gray


もしも自分が刑務所に収監される…なんて羽目に陥ったら、その際には是非
『スパイク・ジュース』を差し入れてもらおうと思っている。

Spike your juiceは、様々なジュースを、何と48時間でワインに変身させる優れモノ。
中身は至ってシンプル。
まず、イーストと砂糖が詰まった小袋。
その他に、ゴム製のストッパー、そしてエアロック。
この3つが揃ったら、基本的には、どんなジュースだってワインに変身させられる。

ドイツにはFederweisserと呼ばれる、季節の飲み物がある。
圧搾されたばかりの葡萄果汁で、収穫時にだけ手に入るのだけれど、
買った時点でまだ醗酵が進んでいる状態なので、味が刻々と変わるし、
あまり遠くには運搬できない。
僕はドイツでこのFederweisserに挑戦してみたけれど、味よりも
そのコンセプトが気に入ったものだった。
Spike your juiceも同じで、君がDIY (Do it yourself) 派だったら、きっと気に入ると思うな。

c0185058_895352.jpg


作り方はとっても簡単。
好きなジュースを室温に戻して、蓋を開ける。
(ジュースは64オンス(約1.8L)入り、人工甘味料無添加のもの奨励)
袋の中身を入れて、蓋の代わりにゴム製ストッパーとエアロックを装置。
Co2 が逃げられるようにする。(さもないと、ジュースが爆発するので要注意)
あとは48時間待つだけ。

c0185058_8101318.jpg


僕は早速、送られてきたサンプルの木箱に入っていたWelch'sの
ブラックチェリー・コンコード葡萄ジュースを使って、実験に挑んだ。

48時間後に出来上がったのは、ちょっと発泡性のある、
さしずめスパークリング・メルローと呼べる飲み物。
その後3日間にわたって試飲したところ、味は日を追うごとにドライになり、
イーストの作用で糖分がアルコールに変換されていく様が実感できた。

c0185058_8121329.jpg


アルコール度を発表したい処だけれど、ワインライターと、ワインメーカーの違いは、
自宅にアルコール測定器が有るか無いか。残念ながら家には測定器が無いんだ。
説明書ではアルコール度は14%ぐらいまで上がると言う事だけれど、
今回作ったものは、僕の感で言うと、恐らく10%ちょっとぐらいかな。

発酵を止める事は出来ないけれど、冷蔵庫に入れる事により、過程を遅らせる事は可能だ。
僕のアドバイスを聞いてくれるなら、早い段階で入れる事をお勧めしたい。
実験前にはドライな方がいいかな…と思ったのだけれど、実際に作って見ると
やや甘味があった方が美味しかった。
それとも僕はやっぱり典型的なアメリカ人ワイン愛飲家なのだろうか…
「ドライが良いよね~」と口では言いながら、甘いのを飲む…ってパターン。

結果から言うと、自分的には、やっぱり発泡してない本物のメルローを飲みたいと思う。
似通った味ながら、プロの造ったメルローの方が美味しいからね。
一方で、甘いモノ好きの妻は、毎晩一杯ずつ飲んでボトルを殆ど空にした。
(3日間、一日一杯づつ試しただけだよ~~~!ボトル半分だぜよ!byゴマ)

c0185058_8111525.jpg


次に、まったく別のジュースを使ってみることにした。
ご登場を願ったのは、オレンジジュース。
大枚 $6.50 をはたき、オーガニックで搾りたてのOJを買い込んだ。
良い結果を得たければ、まず良い材料を使わねば…と言うわけ。

48時間後、なんとも素晴らしい結果が出た。
出来あがったのは、これまで味わった中で最高のミモザという風情。
(多分、レストランで出るミモザは、あまり質の良くないOJに、
安いカヴァが使われているからなのかもしれない。)
自分で造ったDIY版は、マイルドな発泡感にオレンジ風味が豊かで、
甘さと酸味のバランスが絶妙と来ている。メチャ美味しかった。

…で、しかし、全部飲みたいのを我慢して、実験を続けることにした。

実験開始から72時間後、発泡が強く、ドライになり、快適さが損なわれてきた。
96時間後にはアルコール感ばかりが目立ち、甘さが無くなり、飲める代物では無くなった。
これだったら48時間の時点で、全部飲んでしまえばよかったなぁ…。
まぁ、これも実験の為。残りは台所シンクの露と消えたのでした。

c0185058_8113662.jpg


僕は別にSpike Your Juiceが、プロの造ったスパークリングワインよりも
美味しいなんて言ってるわけじゃ無いので、誤解なき様に。
でも世の中に、プロの造った柘榴のスパークリングワインや
グレープ・フルーツで造ったスパークリングなんて、売って無いだろう?
だからね、自分で造って楽しんでみるのは如何でしょうか…ってわけ。

最後に。
もしも刑務所暮らしをするならば、僕は最高のワインメーカーになれると思うよ。
リンゴやクランベリージュース、はたまたブレッド・プディングを使ってね。
まぁ、Spike Your Juiceが手に入ったら…って話だけれどね。

c0185058_811569.jpg


興味がある方は、Spike Your JuiceのホームページアマゾンUSAから買えます☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-12-13 08:00 | 日記
ワイン・アドヴォケイト誌でスペイン、南アメリカ等を担当していたジェイ・ミラー氏が辞任したと、
今日12月4日発表されました。
先日持ちあがった、スペインへのワイナリー訪問で高額な報酬を得ていた・・・
との疑惑に対して、パーカー氏は明確な答えを出していませんが、無関係では無いはず。

後任は、Neal Martin 氏がスペイン・アルゼンチン・チリを、
David Schildknecht 氏がオレゴン州、ワシントン州を引き継ぐようです。

氏の辞任により、WA誌のスペインへ・ワインへの評価が、大きい事はいいことだ…一辺倒ではなく
バランスのとれた良い方向へと向かってくれるといいなぁと願うのでありました。

メディアと報酬の関係…。
簡単には割り切れない問題であります。

とみに情報が氾濫する昨今。
どの媒体を信じて、どんな情報を吸収していくか、受け止める側の賢い選択が重要な鍵ですね。

c0185058_1691970.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-12-04 20:38 | 日記
ロバート・パーカー氏が1978年に発刊した、ワイン・アドヴォケイト誌。
パーカー氏の近未来引退体制敷設に伴って台頭したのが、ジェイ・ミラー氏。
そのミラー氏がスペインのワイナリー訪問で、2万ユーロを受け取っていたという
スクープが、今週ワイン業界を駆け巡りました。

記事をすっぱ抜いたのはブロガーのジム・バッド氏。
そして今、彼を含め複数のブロガーに対して、
WA誌側が裁判を起こすかもしれないという騒動が持ち上がっています。

c0185058_4501251.jpg


パーカー氏は、ワインに対する評価の公平性を維持するために、
ワイン産地への旅行は自前、接待は受けないという姿勢を貫いてきました。
しかし、ジェイ・ミラー氏は、必ずしも厳格な基準には賛同していないようで、
オーストラリアへの招待旅行を受けた事で2009年に世間を騒がせています。

そして今回のスペイン騒動。バッド氏によると、
マドリッドD.O.にある3~4か所のワイナリーを訪問するのに支払われたのは
「いつもの半値」値段の20,000ユーロ(€1=\104)+VAT(付加価値税)。
こうなると、袖の下では無く、WA誌のオフィシャルビジネスと言う事でしょうか。

その昔ミラー氏が招待旅行を受けた事が公になった時、
多くのワインライター達は沈黙を守っていました。
騒いだのはもっぱらビジネス・ライター達。
というのも、多くのワインライター達は、招待旅行・饗応接待に応じているからです。

しかし、ワイナリーを短時間訪問して、何種類かのワインを試飲、
そしてWA誌にレビューを載せるのに、何万ユーロという金額をチャージする…
というのは、如何なものでしょうか。

ミラー氏が果たしてスペインのワイナリー訪問で報酬を受けたのか否か、
現在の所、パーカー氏はあきらかにしていません。
しかしパーカー氏の掲示板(有料)によりますと、既に欧州と米国で弁護士が雇われ、
調査が開始されているとの事。マドリッドの弁護士も雇われたそうです。
そしてジェイ・ミラー氏、スペインワイン協会のパンチョ・カンポ氏、WA誌による、
ブロガー達への裁判の可能性が示唆されています。
(この“ブロガー達”に、果たしてブレイクも入っているのか!?)

弁護士達は、ワイン・アドヴォケイト誌の公正性を証明できるのでしょうか?
それともWA誌の得点は、金で買われた物なのか?
騒動の行方が気になります☆

ジム氏のブログはこちらからどうぞ☆
それを受けてのブレイクのブログはこちらからどうぞ☆
Dear Robert Parker: You MUST address the latest Jay Miller scandal
Robert Parker's response: He's preparing to sue

c0185058_4504979.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-12-02 04:44