カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:スパークリング ( 15 ) タグの人気記事

行く年への慰労と、来る年を寿ぎ祝う為に、多くの人が大晦日にあけるBubbly。
(Bubbly = スパークリング・ワインやシャンパンなど発泡ワインを称したニックネーム)

せっかく飲むなら、やはり美味しい泡を飲みたいもの。
でも、誕生日でも記念日でもないのに、
クリスタル1本に大枚をはたくのもなんだかなぁ…なんて思いも頭をよぎります。

そこで、ちょっとユニークなバブリーをお探しの方、イタリアのバブリーは如何でしょうか?

c0185058_4423887.jpg


Franciacorta(フランチャコルタ)は、世界で一番厳しい製造規制を設けている地方。
長い瓶内熟成期間、収穫畑の規定など、シャンパンよりも厳しいものです。
(興味のある方は、ブレイクのPalate Pressコラムをご覧ください)

今月初めにフランチャコルタを訪れたブレイク。
彼が今年飲んだバブリーの中で一番美味しかったと称賛する
Contadi Castaldi (コンタディ・カスタルディ)2本をご紹介します。

c0185058_4371559.jpg


Contadi Castaldi Franciacorta Satèn 2007
熟したゴールデン・アップルで始まり、トーストとヘーゼルナッツの風味の後味を残す
臆面のない芳醇さを持つ発泡ワイン。
ガス圧が低い独特のサテン・スタイル (Saten style) が、魅惑的な口当たりを醸している。

Contadi Castaldi “soul” Franciacorta Satèn 2005
良い意味でヴィンテージ年よりも古さを感じるのは、ガス圧の低さ故かもしれない。
風味はとても複雑で、ドライアップル、炒ったヘーゼルナッツ、粘土、杉といった
キャラクターを持つ。優雅な口当たり。

c0185058_4375699.jpg


テキサスのワインショップ通販で、コンタディ・カスタルディのサテン($39)を
扱っているようです。
日本だともう少し割高になってしまうようですが、新しいバブリーの境地、
開いてみては如何でしょうか☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-12-28 04:27 | Sparkling Wine
10月第一週は、夫君ブレイクの誕生日。
彼がこの世に生れた事を天に感謝して、友人らとフロリダに集結して祝う予定です。

c0185058_8381493.jpg
Clearwater Beach, FL

で、お祝いに欠かせないのがバブリー(スパークリング・ワイン)。

大抵の場合、“良いなと思えるスパークリング・ワイン”は、
“良いなと思えるスティル・ワイン”よりも値が張ります。
何故なら、タンクや樽で醗酵させた後に、再びボトルで醗酵する必要があり、
普通のワインよりも、製造過程で手間暇がかかるから。

スティル・ワインだったら飲むに足りるワインが、安い所では$2から並んでいますが、
バブリーではそうはいきません。

だったら幾ら出せばいいの?と思われますよね。
安価な製法、大まかに言えば、ソーダを造るように炭酸二次発酵が行われる
プロセッコ(Prosecco)ならば$10ほど、
その他ならば、最低$15は払う覚悟が必要。

「美味しいスパークリング・ワインは飲んだ事が無い。嫌いだ。」と仰る方、
もしかしたら、これまで安いバブリーしか試していませんか?
本当に美味しいバブリーは、グラス一杯で、人生をより楽しいものにしてくれるはず。

c0185058_8372586.jpg


カバ(Cava)より、プロセッコより、やっぱり飲むならシャンパン。
三者が並んでいたら、我が家ならば、迷わずシャンパンに手を伸ばします。

そしてアメリカ産のバブリーで選ぶならばこちらの面々がお勧め☆

Argyle
Domaine Carneros
Gloria Ferrer
Gruet
J
Roederer
Scharffenberger
Schramsberg

今回のフロリダへも、とっておきボトルを何本か持って行く予定。
Clearwater Beachを拠点に、連日のワイン浸りとなる予感です。

c0185058_8374865.jpg


フロリダ食べ歩き、飲み歩き日記は、帰ってきたらUPします☆
[PR]
by sfwinediary | 2011-10-02 08:30 | ワインなお話
苺をテーマにした、フルコース料理。
あなたなら、どんなワインを合わせますか?

Twenty-Five Lusk のソムリエがペアリングしたのは、バブリーでした。
(Bubbly:シャンパンやスパークリングワインの愛称です☆)

スパークリングワインは、多くの食材とマッチするので、とっても重宝。
普通のワインではペアリングが難しい新鮮なフルーツ、
たとえば苺と合わせても、すんなりと楽しめます。

(なぜスティル・ワインでは駄目かって?
試しに、カベルネ・ソービンニョンと苺を一緒に口に含んでみて下さい。)

その製造方法から、殆ど全てのバブリーは少量の残留糖分を含んでいます、
なので、少々の甘味を持つ料理の風味を、損なうことがありません。

では、ソムリエ Cezar Kusick 氏のペアリング術をご披露しましょう☆

c0185058_8102575.jpg


先ずは、牡蠣 (Kumamoto)。
イチゴを刻んだソースが掛かっているので、海臭さから牡蠣が苦手な人も大丈夫。
ソノマのアンダーソン・ヴァレーのスパークリングを合わせて、後味もすっきり。
Roederer Estate Brut NV Anderson Valley

c0185058_8111516.jpg


ホタテのグリルとフォアグラのパテ、焼き苺添え。
ホタテとフォアグラとは、あまり見ない組み合わせですが、食感的に似た者同士かも。
フォアグラと苺のコンビネーションは絶妙。
お約束通り、甘味の強めのシャンパンがお供です。
Collet Demi-Sec NV Champagne France

c0185058_8115366.jpg


ソノマ産の鴨の胸肉グリルには、ソノマ産のスパークリング。
やはり鴨にはピノ・ノアールという事で、ピノ葡萄を81%使用したロゼが饗されました。
アイロン・ホースは、この日一番美味しかったワイン。
年を経たロゼは、複雑で面白味を持つ、大地とマッシュルームの風味でした。
2005 Iron Horse Brut Green Valley

c0185058_8122817.jpg


和牛フィレ、苺のデミグラソース掛け。
ソムリエ Kusick 氏が合わせたのは、オレゴン州の赤ワイン。
オレゴン州Willamette Valley産にしては、ビッグだと感じたのですが、
牛肉料理そのものがヘビーなので、まぁこのくらい強烈な方が良いのかな。
(敢て、ここで赤ワインを合わせたのは、シャンパンにピノ葡萄が使われている事を、
皆に実感してもらいたかったからだそうです。)
2006 Lemelson Stermer Vineyard Pinot Noir Willamette Valley

c0185058_812541.jpg


フランスのJura地方のチーズ Jurassic D’ETE のペアリングに登場したのは、
南アフリカ産のバブリー。
グラハム・ベックのロゼは、店のリストで$34。(小売価格はもっと安い♪)
お買い得な1本です。
Graham Beck Sparkling Rose NV South Africa

c0185058_8132563.jpg


最後を飾ったのは、ストロベリー・ムースとチョコレート・ソルベ。
ムースは甘くなくて、あくまでも軽やかな口当たり。
一方でチョコレート・ソルベは、とっても濃厚。
とても面白い、対比でした。
ペアリングはイタリア、ピドモントのデザートワイン。
アルコール度はわずか5%なので、ジュースみたいな感覚。
かの地では、ビスコッティをかじりながら、このワインを楽しむそうです。
2010 Elio Perrone Bigaro Piedmont Italy

c0185058_8145374.jpg


ポーランド出身のCezar Kusick氏は、元ルビコンのワイン・ディレクター。
建築ビジネスを売り払ったお金で、(授業料の高い)料理学校に身を投じたという
ユニークな経歴をお持ちです。

25ラスクのワインリストはとても充実していて、
この料理の値段帯のレストランとしては、ワインのマークアップはとても良心的。
ラ・ターシュ2005年が$2,750なので、特別な記念日に如何でしょうか☆

c0185058_8152561.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-08-20 08:28 | 気になるレストラン
アメリカのみならず、世界を震撼させた卑劣なテロ行為から、10年。
2011年5月1日、遂に、国際テロ組織アルカイダの最高指導者ウサマ・ビンラディンが、
アメリカ海軍の特殊部隊、ネイビー・シールズによって抹殺されました。

オバマ大統領の、簡潔な、力強い演説を聞きながら、我が家で開けたのは、
シュラムズバーグ2001年のアメリカ産スパークリングワイン。


c0185058_1359215.jpg

J. Schram 2001

このバブリーに使われているのは、77%のシャルドネと23%のピノ・ノアール葡萄。
スパークリング用の葡萄は、比較的早い時期に収穫されるので、
この葡萄たちは、かの悲劇の日、9.11に近い時期に収穫されたと考えられます。

オバマ大統領の演説の中に、「強い意志で望んだ結果、目的が達せられたのだ。」
という意味合いの言葉がありました。
演説を聞きながら、アメリカ人でない私が考えていたのは、愛する母国の災害のこと。
目的を設定し、それに向かって国民が一丸となって強い意志を持って進めば、
何時の日か必ず目標を達成できるのだと、改めて感じました。

日本も、オバマ大統領のような、頭脳明晰で、短期・長期にわたる明確な視野を持つ
力強い指導者がいてくれたらいいのになぁ…という思いが脳裏をよぎるものの、
日本の強さは、「絆」。
国民一人ひとりが自分の出来ることをしっかり行うことによって、復興が成されるのでしょう。

これからもテロ組織との闘いは続きますが、今はひと時、このよき日に、
勝利の美酒に酔うのでした。
[PR]
by sfwinediary | 2011-05-01 13:57 | 日記
一昔前、泡泡のスパークリング・ワインといえば、
全て一括りに“シャンパン”と呼ばれていた時代がありました。

でも現在では、AOC(Appellation d'Origine Contrôlée)の規定に従って製造された
発泡ワインのみが“シャンパン”の名称を冠する事が出来、
それ以外の発泡ワインは“スパークリング・ワイン”と呼ばれる…
との認識が、日本でも定着してきました。

EUでも、“シャンパン”の名称は厳しく規制されています。
「仏シャンパーニュ地方で生産されたブドウのみを使い、
製造法も、瓶内二次発酵を行った上で、封緘後15ヶ月以上の熟成を経た
発泡ワイン」だけが、シャンパンと称する事が出来ます。

美味しい葡萄と、手間暇かけた製造法。
シャンパンの品質が、群を抜いているのも頷けます。

c0185058_81033.jpg


しかし、ここアメリカには『カリフォルニア・シャンパン』なるものが
存在するのです。
安価なラインで、ホームパーティなどでもおなじみのコーベル(Korbel)です。

先日TTB(酒類タバコ貿易管理局)が、カリストーガAVA(アメリカ葡萄栽培地域)の
規定を発表しました。
それによると、カリストーガ産の葡萄を85%以上使用しないワインは、
フロントラベルに“カリストーガ(Calistoga)”とは入れられないとの事。

これにより、カリストーガに在りながら“Calistoga Cellars”は、
カリストーガ産の葡萄を85%以上使用しないと、
昔からのブランド名を使用できない事になったのです。

c0185058_810308.jpg


この事実を踏まえて、それならば何故、コベールのスパークリング・ワインは、
自らを『カリフォルニア・シャンパン』と呼べるのか?との疑問をブレイクが発表した所、
「“シャンパン”の文字を削除するべきだ。いや、そのままでも構わない」と、
賛否両論が。(オリジナル記事はこちらを参照ください。)

c0185058_822358.jpg


CA産を始め、スペインやイタリアのバブリーをこれまで飲んで来て感じるのは、
“シャンパン”は、やはり美味しいものが圧倒的に多いという事。
これまでに多くの広告費を費やしてきたから、シャンパン製法で造っているから、
我わが道を行くアメリカだからフランスの規制は関係ない、等々の理由で、
『シャンパン』という名称を使い続けるのは、如何なものでしょうか。

その昔、フランス政府の抗議の結果、日本では「シャンメリー」なるものが
登場したようですが、『カリフォルニア・シャンパン』も、ゆくゆくは膝を折り、
呼名を変更する時が来るのでしょうか?

消費者としては、それぞれのワイン生産地の意向に敬意を表すべきだと思う次第です。

c0185058_8111735.jpg


More
[PR]
by sfwinediary | 2011-01-31 08:05 | ワインの雑学
やった~~~!
サンフランシスコ・ジャイアンツが、2010ワールドシリーズ優勝!
思いもかけなかった、アンダードッグが、シリーズ優勝を飾るなんて、
なんて嬉しい感激でしょう♪♪♪

素晴らしい投手陣を持ちながら、シーズン中は攻撃力がイマイチだったのに、
ふたを開ければ、ロス、レンテリア、ホフを始め、選手全員が何らかの形で活躍。
(Huffはかつて、オリオールズの選手♪♪♪)
全然打てなかったバレルだって、守備で良いところを見せてくれました。

c0185058_16534938.jpg


試合が終わったのは8時前、それからサンフランシスコの街は、
ここそこでドンチャン騒ぎ♪

車のクラクション、 “Let’s go Giants”の叫び声、爆竹、花火と、
超~~~賑やか。

友人宅の試合観戦パーティから帰宅後、ブレイクが祝いに開けたのは、シャンパン♪
Deuts Brut Classic

c0185058_1654239.jpg


ドゥーツのボトルを片手に、ご近所と優勝を祝うべく、街中に出てみました☆
一番賑やかだったのは、ミッション通り。

ラテン系の音楽にのって、皆でダンスしながら、楽しんでいたのですが…

c0185058_1655494.jpg


何と!10時すぎになると、わらわらと警官隊が登場。
横一列になって、通りを一掃し始めたではありませんか!

c0185058_16552291.jpg


だれも喧嘩もしなければ、公共物の破壊も無し。
ただファンたちが集まって、優勝を祝っていただけなのに…。

c0185058_174288.jpg


歩道に追い出されるファンたちと、警官隊の間は、一触即発。

c0185058_16554949.jpg


「ここは自由の街サンフランシスコだ!(コンサバな)テキサスじゃないだろう!」
と熱血漢のブレイクが、警官と言いあって、周りの皆でどうにか止める…という
場面もあって、ちょっと(実はかなり)ドキドキでした。

c0185058_1656423.jpg


真夜中過ぎた今も、取材のヘリコプター、パトカーのサイレンが響き渡っています。
水曜日(11月3日)は凱旋パレードです~~~☆

c0185058_16562597.jpg


ヒゲとロンゲ☆
テキサスで、リンスカムの長髪を揶揄して口笛を吹いた人々がいたのですが、
「僕のおしりが魅力的だったんだろう」とさらっと流す余裕を見せた彼。
あはは~、これぞサンフランシスコ・バリューですね☆
[PR]
by sfwinediary | 2010-11-01 00:52 | 日記
私は海…。
アイロン・ホースから販売された、2005オーシャン・リザーブのバブリー

ナショナルジオグラフィックと提携して、ボトルが購入される毎に$4が、
海を守るために寄付されるという面白い試みのもと、
2010年9月に、1000ケースが発売されました。

c0185058_7535091.jpg


ラベルがちょっとCheezyなのですが、単刀直入、わかり易くて良いかな☆
小売希望価格は$40。
ラベルは3種類あるので、集めても楽しいかも☆

100%シャルドネで出来た、ロシアンリバー・ヴァレーのバブリーは、
シーフードに合うように造られたと言うだけあって、
シトラス系の、爽やかな風味です。

先日ジャイアンツがナショナルリーグ優勝を飾った際に
快哉を叫びながら開けたのが、このボトルだったのでした。

2005 Ocean Reserve Iron Horse
Green Valley of Russian River Valley / 13.5%


c0185058_75494.jpg


そして昨夜、地元サンフランシスコで、
ジャイアンツが2勝目を飾ったのを記念して開けたのは、こちら☆

2004 Chanticleer Cabernet Sauvignon
Yountville Napa Valley


普段の食事の際は、(合う料理を私が造らないので)滅多に開けないカベルネ。
この夜は、オニオンスープに挑戦。
(玉ねぎ炒めながら試合中継を見られるので・笑)
そして、ブレイクが開けたのが、Chanticleerのカベルネだったのでした。

このカベルネ・ソーヴィニョンのアペレシオンは、ヨーントヴィル☆
フレンチランドリーを始めとして、錚々たる顔ぶれのレストランが軒を連ねる地です。
Yountville 表示のワインは、なかなか見かけないので、
それだけでワクワク感も♪

数年を経ているので、とっても成熟した味わい。
マイルドなモカとタバコの香り。
酸味を残しながら、熟したチェリー、ダークプラムの風味。
サンジョベーゼが7%使われているので、この酸味と、スパイスの風味が出たのでしょう。

果実風味を残しながら、円熟したまろやかな風味のカベルネは、
試合が終わる頃には、澱だけ残して、空になっておりました。

c0185058_883836.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-10-30 08:21 | Sparkling Wine
先日、結婚記念日ごはんに、Rangeに行ってきました。
相変わらず完成度の高い料理に舌鼓。
ワインはLaurent-Perrierを持参。

私たちはフィジーで挙式したのですが、現地のホテルで調達できて、
尚且つ、何年たっても、どこの国に住んでいても、簡単に手に入れられるバブリーを…
という理由で、ブレイクがLaurent-Perrierを選んだそうです。

c0185058_13142978.jpg


今年に入って相方は出張が多く、ブレイクは2週間前から
スペイン&ポルトガルのワイン・リージョンを巡る旅に出ていました。
しかし、アイスランドの噴火の影響で、スペインの空港が閉鎖。
彼も見事足止めを食ってしまい、1日遅れて漸く帰宅できたのは
夕べ、真夜中の3時過ぎでした☆

相方のいない時に、私がついつい見いってしまうTV番組は、Food Network。
とくにIron Chef America(料理の鉄人アメリカ版)は、
手さばきに見入っているうちに、あっというまに時間が経ってしまいます☆

c0185058_1315086.jpg

プロの料理人って、すごいなぁと思います。
シェフも人間、体調の良し悪しがあるでしょうし、
仕事が楽しい日もあれば、投げ出したくなる日もあるでしょうに、
Rangeの料理は、いつ行っても、コンスタントに美味しい♪

(それに比べて、最近Delfina では2回続けて、好ましくない料理が出たのは残念。
内側が冷たいまま出てきたウサギ料理。塩辛すぎて食べられなかった野菜料理…。
担当したシェフの体調が悪かったのかな???)


写真は、お腹一杯になりながら、美味しさのあまり
最後のひとかけらまで平らげてしまったデザート3種☆

c0185058_13155194.jpg
     なつめのクレープ♪
c0185058_1316631.jpg
オレンジのスポンジケーキ♪(記念日なの…と言ったら、おまけしてくれました☆ラッキー!)
c0185058_13162185.jpg
     ルバーブのタルト

何はともあれ、旅先から無事帰ってきたパートナーの姿を見て、一安心したのでした☆
[PR]
by sfwinediary | 2010-05-14 13:10 | 気になるレストラン
ハイキング4日目は、Portage BayからLochmara Bayまで、
約7Kの距離を歩きます。
朝から小雨がシトシト降っている、生憎の天気。

c0185058_13471324.jpg

12月のNZ南島は、初夏とはいえまだ涼しいし、雨も心配されたので、
旅行前に、サンフランシスコでREIなどのスポーツショップにせっせと通って、
レインジャケットやらハイキングシューズやらを揃えたのが役に立ちました。

c0185058_13592890.jpg

このPortage Bayからは、最終地点のAnakiwaまで21Kほど。
なので、多くの人は、ここを1日で踏破します。
でも、私は2日も続けて長距離を歩きたくなかったし(軟弱☆)、
ブレイクが面白いロッジを見つけたので、途中に1泊加えたのでした。

尾根伝いにクイーン・シャーロット・トラックを歩くこと、1時間半。
ロッジの入口の看板から、横道に入って、湾まで下ること45分。
小雨の中、ユニークな門が見えてきます。

c0185058_1413466.jpg

入口でラマ3匹がお出迎え♪人なつこすぎて、ビックリ☆
c0185058_13554858.jpg

様々なアートで飾られた敷地は面白くて、驚きの連続。
c0185058_13482541.jpg

巨大蜘蛛!?これも芸術作品です☆
c0185058_14161886.jpg


このLochmara Lodgeは、Wildlife Recovery & Arts Centerを兼ねていて、
敷地内では、様々な動物を見ることができます。

傷ついた野生動物を保護しているのですが、
まるで小動物園の中に、ホテルがある感じ。
満杯で無かったので、11時前でしたが、チェックインできました☆

c0185058_1351422.jpg

我、我が道を行く…野豚君に、羊、山羊、トカゲ。

c0185058_13513141.jpg

可愛い鳥もいて、手ずから餌をあげることが出来る
アトラクション(1時頃)もあります。(とっても可愛いくて感動なので、お勧め☆)

c0185058_13515720.jpg

このロッジには、ピクトンから日帰りでも訪れることが出来、
クルージングに、美味しいランチ、そしてミニ動物園を楽しめます。

c0185058_13524440.jpg
部屋からの風景☆

スパがあるので、1時間のマッサージ(極楽♪)で疲れをいやした後、
夕食は、シーフード・ビスク、魚に、チーズプレート。

c0185058_13542789.jpg


お供は2000 Daniel Le Brun ($70NZ)。
マルボローのブドウを使い、伝統的なシャンパンの製造法で作られたバブリー。
c0185058_13535229.jpg

10年の時を超えて、食卓を飾ってくれる、地元のバブリー。
感謝しながら頂きました♪

c0185058_13544775.jpg
3種類のチーズプレートは、絵画見たいでした☆

食後は、真っ暗な中を懐中電灯頼りに、グローブ・ウォーム見学。
数年前に、北島のワイトモ・ケーブで観た洞窟一面に怪しく光る
グローブ・ウォームは、感動でしたが、
ここのミニチュア版も、なかなか綺麗でした。

c0185058_1355874.jpg
いよいよ明日は、ハイキング最終日です☆
[PR]
by sfwinediary | 2010-03-09 13:44 | 旅行記
ニュージーランド旅行記を書こうと思いつつ、日々の忙しさにまぎれております。
ハイキング記の前に(いつUPできるのかなぁ
ちょっとだけ、NZで出会った面白スパークリングをご紹介♪

バブリーというと、大抵の場合シャルドネや、ピノ・ノアール葡萄で造られていますが、
ニュージーランドで出会ったのは、スパークリング・ソーヴィニョン・ブラン。

Lindauer Sauvignon
Sparkling Sauvignon Blanc

c0185058_9481159.jpg


そうなんです、何と!ソーヴィニョン・ブランから出来たバブリー。
スーパーマーケットで見つけたこのバブリーLidaure(リンダウアー)は、
NZで一番大きなワイナリー、Montana Winesの製品。

値段は$8NZ(約520円)。
アメリカで言うところの、コベールのワインみたいな感じでしょうか。
大きな製造元が造った、不可のない、かつ安価なバブリー。

ものの試しにと買い込んで、宿泊先のTombstone Backpackers に持ち帰り。
(墓石なんて、不思議な名前ですが、お墓が目の前にある、静かな良い所でした)
オーナーご夫婦や宿泊客達と、バブリー片手に歓談。

c0185058_9472431.jpg
ドアが、墓石の形…☆RIP

味は、素直に、ソーヴィニョン・ブランが発泡酒に変身!という感じ。
爽やかで飲みやすさ抜群。
ソーヴィニョン・ブランは85%、やはりギズボーン産の
シャルドネ14%とピノ・ノアールが1%ブレンドされています。

残念ながら、アメリカに輸入される予定は今のところないようです。
なので、NZを訪れる機会のある方は、旅の記念に是非どうぞ♪
[PR]
by sfwinediary | 2010-02-18 09:44 | 旅行記