カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:スペインワイン ( 2 ) タグの人気記事

国籍不明のアジア料理が並んだ夕食、ブレイクが選んだのは
スペインのスパークリング・ワイン、Elyssia(エリッシア)。

ピンク色が美しい、オシャレなボトル。
85%ピノ・ノアール、15%トレパット(Trepat)というブレンド。

Freixenet Elyssia Cava Pinot Noir Brut ($17)
c0185058_855931.jpg

使われているのは、バルセロナの南西、Alt Penedes(アールト・ペネデース)で
採れたピノ・ノアール葡萄。
シャンパンの製造方法を用い、カーブで9か月ねかせた後に、
さらにボトル内で二次発酵をさせているそうです。

c0185058_86145.jpg


実は、開けてすぐの感想は…
$17にしてはシンプル過ぎ。
というものでした。
結局、グラスに1杯ずつ注いで、残りは冷蔵庫へ。
(Co2が酸化を防ぐので、プリザーブのスプレーは不使用)。

ところが、何が起きたのでしょうか。

2日目に「そういえば、昨日の飲み残しがあったよね~」と言いながら
ブレイクが栓を開けると「ボン!!!」というすごい音。
グラスに注ぐと、シュワシュワな泡☆
ストロベリーの甘い香りと風味が漂い、なんと昨日よりも美味しくなっていたのでした。

バブリーの不思議な変身でございました☆

c0185058_89101.jpg

Blakeから見たElyssiaは、こちらをご参照くださいませ☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-10-13 08:03 | Sparkling Wine

記念日ワイン Viña Bosconia

付き合いが長くなると、アイデアに尽きてしまって
困ったなぁ~何を買おうか?…なんて悩む年もある、
パートナーの誕生日プレゼント。

1年365日、一生懸命に目を光らせて、あれはどうかな?これはどうかな?
なんて探してはいるのだけれど、なかなか“これは♪”っていうのに
お目にかかれないのですよね。

去年ブログをお休みしていた間に、Blakeの誕生日という、
我らにとって、ビッグなイベントがありました。
幸いこの時は、比較的早くにアイデアが閃いて
半年ぐらい前からプレゼントを用意していました。

それは、生まれ年のワイン☆

職業が職業なので、手に入りにくいワインを口にする機会の多い、彼。
なので、“ワイン”を贈るなんて考えてもいなかったのですが、
何かの拍子に「どんなに多くのテイスティングの機会があっても
自分の生まれた年のワインが饗されることはまずないだろうな~」
なんて言葉が出たので、「おっし!それだ~!」と思って、
SFのK&Lに出向いたところ、見つかったのが、このワインでした☆

Lopez de Heredia "Viña Bosconia" Gran Reserva Rioja, Spain
Tempranillo 80%, Garnacho 15%, Graciano 3% and Mazuelo 2%


c0185058_1138588.jpg


全部でチョイスは3種類あり、フランスのSt. Jullien も選択肢としてあったのですが
軽く予算オーバーだったので、パス!
結局、スペインのリオハ産ワインに落ち着きました。

長い年月をひっそりと眠ってきたワイン。
どんなに大枚を払っても、モノによっては保存状態が悪くてビネガー状態…
なんてこともありうるので、いざ栓を開けるときは超ドキドキ。

うれしい驚きで、これだけ長い年月を経ても、未だにパワフル。
とてもコンプレックスな味で、チェリー、パイプ・タバコ、キャラメル、
雨のあとの濡れた木、オレンジピール、クリスマス・スパイスの香りと風味でした。

このワインが造られた当時、まだスペインは圧政下にあったのではないかしら?
すぐにリリースして、すぐに飲む事を前提に造られているカリフォルニア・ワインと違って、
ヨーロッパでは、長い時間貯蔵の末に、市場に登場させるものもあるので
80年代のワインが、最近になって漸くリリースされるというケースもあります。

バックグラウンドはよく知らないのですが、私が買ったこのワインも
そんな中の1本だったのかな。
(ビネガー状態になって無くて、本当によかった~。笑)

さて、来年の誕生日プレゼント、どうしよう…☆
St. Jullienかな?
[PR]
by sfwinediary | 2009-01-14 11:36 | Red WIne