カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ソーヴィニョン・ブラン ( 6 ) タグの人気記事

今日から何回かにわたって、2009年12月に訪れたニュージーランド記を
つづりたいと思います☆しばしお付き合いくださいませ。


c0185058_3462730.jpg


ニュージーランドと言ったら、映画ロード・オブ・ザ・リングにも登場した、
美しい大自然が、真っ先に浮かびます。
おもいっきり自然を満喫しよう!ということで、
私達が旅の中心に据えたのは、クイーンズ・シャーロット・トラック。
南島の北端にある、入り組んだ湾に横たわる、全長71kmのハイキングコースです。

全行程を踏破する場合は、このコースを3~5日に分けて歩きますが、
時間の無い人は、フェリーボートで行先を選べば、途中の区画だけ楽しむこともできる、
とってもフレキシブルなトラック。

c0185058_3554771.jpg
右端のShip Coveから左端のAnakiwaまで全71KMの行程

ここを選んだ理由は、ボートで毎日宿泊先のホテルに荷物を運んでもらえるので、
デイ・パックにランチと水、おやつを背負うだけで、身軽に歩けること。
朝晩の食事付きの宿泊施設が、程よく点在している事。
そして、NZ名物(?)のサンド・フライが、比較的少ない事でした。

クリスマス前の、混み始める時期だったので、事前にSFからネットで宿を予約。
ゆっくりと自然を楽しむために、4泊5日(2009年12月8-12日)で行程を組みました。

まずは、国際空港のあるクライスト・チャーチから、電車で北上すること5時間。
北の小さな街、ピクトンで一泊。

c0185058_3465360.jpg


翌日朝10時の小型フェリーで、トラックの始まりShip Coveへ。
船着き場近くにあるキャプテン・クック上陸の記念碑を見て、
いよいよハイキング開始。

c0185058_3471446.jpg


3時間ぐらいは快調に歩いていたものの、けっこう高低差があるので、
最後の1時間は、まだかな?まだかな?と、いささか疲れ気味。

16kmを4時間ほどで歩いて、この日の宿は、小さな農場のWoolshedです。

c0185058_3474817.jpg


名前の通り、もとは羊の毛を刈るために使われていた納屋を、
宿泊用に改装した簡素な建物。
すぐお隣では、羊が4匹、のどかに1日中草を食んでいます。

その土地独特の味がある、個性的な宿泊施設が好きな人間には、とっても魅力的。

オーナーのAdrienneさんは、とっても親切で、まずは手作りマフィンで歓迎してくれます。
夕食はチキン・カレー、お腹がすいていたのでお鍋一杯の御飯も、あっという間に完食☆
デザートは、これも手作りのクランブル・ケーキ。
朝ご飯は、自家製パンと、鶏小屋でとれた産みたてホヤホヤの卵。

遠くに牛の鳴き声や、羊のおしゃべりを聞きながら、満天の星を堪能して
眠りにつきました☆

c0185058_348951.jpg


サンド・フライ(刺されるとメチャ痒い)が夕方出没しますが、
雄が多かったようで、たいした被害はありませんでした☆
ゲストルームは2部屋で、バスルームをシェアするスタイル。
幸いこの日の宿泊客は私達だけでした。ラッキー♪
3つの施設はすべて別棟なので、プライバシーは保たれますが、
雨が降ると、ちょっと濡れるかも☆

環境に配慮して、エコな生活を実践するオーナーの意向を反映して、
質素な、でも暖かいWoolshed。
今振り返って、NZで一番味があって、思い出深い宿でした。

c0185058_3483044.jpg


この夜飲んだのは、セレシンのソーヴィニョン・ブラン。
(ベイエリアなら、K&Lで購入可能♪shina_poohさん情報☆)

2008 Seresin Sauvignon Blanc
Marlborough, NZ


Woolshedでは、ワインを扱っていなかったので(ライセンス取得が大変だとか)、
事前にピクトンの街でピノ・ノアールと、ソーヴィニョン・ブランを購入していたのですが、
どちらを開けるか悩みに悩んだ末、ブレイクが選んだのはSV。

どうしてもカレーにワインを合わせたい場合は、リースリングなど
甘い系の方が合います。
でも、手持ちはソーヴィニョン・ブランとピノのみ…。
究極の選択です(大袈裟だよって)。

c0185058_3493357.jpg


Woolshedはキッチン付きなので、冷蔵庫でワインを冷やせる。
気温が暖かかったので、SV向きの夕方だった。
ここが一番規模の小さい宿で、あす以降の宿ではワインが買える、
または夕食のチョイスがある可能性が大…。
などなどの理由から、SVを選んだのでした。

疲れた四肢にワインが沁みわたって、早々と就寝。

c0185058_350288.jpg
夢に出たのは、一度に一人しかわたれない小さな吊り橋☆

…さて真夜中過ぎに、ポーチから屋根へと足音が!
すわ!泥棒か!?と思いきや、
正体は、パッシム。
(日本語の正式名はポッサムだそうです・VERREさん、ありがとうございます♪)

c0185058_418525.jpg


まぁ、おかげでポーチに出て、満天の星を見ることができました。
疲れすぎていて、ご飯の写真も、テイスティング・ノートも無し…。
ちょっと後悔。
でも、思いでは心の中に…ですね。

c0185058_4215994.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-02-27 03:44 | 旅行記
知らない土地で、見知らぬワインの群れを前にして、
あなたは、どんなボトルを、どのように選びますか?

先月訪れたニュージーランのド旅行記に、今日からしばらくお付き合いくださいませ☆


c0185058_4545216.jpg


NZに到着して、すぐに私たちが挑んだのは、
全長71kmのハイキング、クイーン・シャーロット・トラック(The Queen Charlotte Track)。
南島の北端に位置する、入り組んだ湾の景色が、とても美しい場所です。
3日間でも踏破出来るのですが、風景を楽しむ為に、我々は5日間かけて歩きました。

c0185058_458047.jpg


ここを選んだ理由は、美しさと共に、ホテルが点在しているので、
テント&食料を持たなくて良い事。
ボートで宿から宿へと荷物を運んでくれるので、デイパック一つ背負って身軽に歩ける事。
そして、NZ名物(?)のサンド・フライ(噛まれたら痒い!)が、比較的少ないから。

まずは、見るべきものが何も無くてがっかりのクライスト・チャーチから、
電車で北上すること5時間。
ハイキングの始発点となる人口3,500人の小さな港街、ピクトン(Picton)を訪れました。

c0185058_4552620.jpg

ハイキングの始めの2日間は、小さな宿に泊まるので、
ワインが置いてあるのか、また、あってもどんなセレクションか、不明。
なので、街で一番大きなスーパーWoolworthで、おやつと共に、ワイン選び。

目の前の棚に並ぶのは、NZ産のソーヴィニョン・ブラン、
シャルドネ、ピノ・ノアール、カベルネ、スパークリング、等々。
SFではお目にかかったことのないボトルがほとんど。

さて、見たことも聞いたこともないボトル群を前に、
ブレイクは、如何にしてワインを選んだのでしょうか?

まず、NZで世界的にメジャーなのは、ソーヴィニョン・ブランとピノ。
なので、この葡萄品種から、赤白一本ずつ選ぶことにしました。
アメリカで見かけるボトルはパス。
せっかくなので、地元でしか買えないワインを試したいですものね。

葡萄品種を決めた後は、ひたすらバックラベルを熟読。
名前しか書いてないものや、大した情報が載っていないものは、
判断し難いので、パス。
「ベリーの風味云々…」と、テイスティング・ノートだけを載せているものも、パス。

こうしてふるいにかけ、ブレイクの手元に残ったピノは、2本。
どちらも“どのようにして造られたのか”、その製法が記されています。

さて、ここで皆様に質問です。
ブレイクが最終的に選んだピノ・ノアールのバックラベルには、
以下の5項目の情報が載っていました。
あなたなら、どの情報を読んで、「あ、このワイン買ってみよう」と思われますか?

1.剪定した葡萄を、手作業で収穫 (Hand harvested from low cropping vines)
2.ワイルド・イーストを使用 (Wild yeast)
3.小さなオープン・タンクで発酵 (Fermented in small open tanks)
4.フレンチ・オークで11か月熟成 (Matured for eleven months in French oak)
5.濾過なし (Unfined and unfiltered)
6.4,080ケースのみ製造 (4,080 cases produced)


c0185058_4563324.jpg


ブレイクが、このボトルを選んだのは、3番の情報が記してあったから。
オープン・タンクで発酵させるのは、なかなかリスキーだそうで、
それ故に、“ピノ・おたく”が見たら
「おぉ、このワインはかなり力を入れて造っているんだな!」
と、一目瞭然だそうです。

(私自身は、葡萄本来の味が残るので、フィルター無しかな?と思ったのですが、
Goodな理由ではあるけれど、決定的な理由とはならなかったそうです。)


c0185058_4565791.jpg
200本ぐらいのボトルの中から、30分ほどかけて選んだ2本はこちら♪
SVの方はアメリカでも入手可能ですが、安全パイのSeresinを選んだそうです。
(sihna_poohさんのおかげで、SVの選定方法が判明しました(笑・ありがとうございます)


NZ(南島)のワインショップで、Internationalの棚に並ぶのは、
もっぱらオーストラリアのワイン。
フレンチ、イタリアも少々見かけましたが、アメリカ大陸のものは
めったに見かけませんでした☆

お国変われば…面白いですね。
[PR]
by sfwinediary | 2010-01-02 04:53 | 旅行記
ワインメーカーの、デニス・マルベックご夫妻 (Denis & May Malbec) は、
元フランス、シャトー・ラトゥールのワインメーカー。
2000年カリフォルニアに居住の地を移し、現在、ナパやソノマを中心に活躍中です。

10月末のある夜、新進のワイナリー、Caputureの夕食会で
お会いする機会がありました。
その日、食卓に饗されたのは、マルベック夫妻の造った、
ソーヴィニョン・ブランとカベルネ・ソーヴィニョン。

明日が収穫最終日という会話から、夕食会は和やかにスタート。
Captureがブティック・ワイナリー(小規模)ということもあり、
「世界でたった一つしかない味を、作り出したかった」
という、マルベック氏。
ハウエル・マウンテンの高地で獲れた、こだわり葡萄を使っています。

c0185058_3551274.jpg


デニス氏(フランス風発音だと、ドニ氏でしょうか)は、ボルドー生まれのフランス人。

父のジャン・ノエル・マルベック氏と祖父のカミーユ・マルベック氏は、
シャトー・ラトゥールの、セラー・マスターとヴィンヤード・マネージャーとして活躍。
シャトーで生まれ育った息子のデニス氏も、
94~99年まで、ラトゥールでワイン造りに携わりました。

彼がよちよち歩きを始めたのは、シャトーのセラーの樽につかまりながら。
自転車に乗る練習は、ラトゥールの葡萄畑のあぜ道で…。
ラトゥールのファンには、何とも魅力的な環境です☆

そして2000年からは、このカリフォルニアの地で、
コンサルタント・ワインメーカーとして、活躍し始めます。

c0185058_3554715.jpg


面白かったのは、夫妻の造ったカベルネ・ソーヴィニョン。
アルコール度が13.5%と、CA産にしてはとても低くおさえてあるのです。

日差しの強いカリフォルニアでは、どうしてもアルコール度が高くなってしまいます。
手っ取り早くアルコール度を低くするには、削減技術を使うといった手段がありますが、
氏に言わせると「エレガントではない」との事。
濾過(ろか)する際に、様々な要素を失ってしまい、味も落ちてしまうので好ましくないそうです。

そこで氏が使っている方法は、なんと、「水撒き」。
もちろん、ただガムシャラに撒いていたのでは、葡萄が水っぽくなってしまいます。
(降雨量の多い日本のワイン葡萄の、辛いところですね☆)
1週間ごとに、今週は何ガロン…という風に、天気や畑のコンディションによって
緻密に水の量を調整するそうです。

気の遠くなるような、大変な作業ですが、その甲斐あってでしょう、
カリフォルニア特有の、とてもフルーツ風味に満ちたカベルネなのに、
アルコール度が低いので、飲みやすい、魅力的なワインに仕上がっています。

c0185058_3565769.jpg


しかし、残念ながら、アメリカ消費者のトレンドは、
ビッグで、アルコール度の高いワイン。
繊細で低アルコールのワインを好む人々は、まだマイノリティー(少数派)です。

「誰も買わなかったら、自分で買って飲むわ」
とおっしゃるのは、奥様のメイ。

メイ・マルベック女史は、ワインメーカーになる前は、
著名なソムリエとして欧州で大活躍。
1995年に世界ソムリエ・コンクールで田崎真也氏が優勝した時に、
なんと、審査員を務めていたんですって☆
日本にも行ったことがあるそうで、とても素敵なヨーロピアン女性です。

「フランスは規制が厳しく、使えるブドウ品種も地区によって
決まっているけれど、その点カリフォルニアは自由。
ワイン造りも、フランスのように世襲制ではなく、
ビジネスとして選べば、誰でも参画できるのが、CAの良さ。
この地には、ワインに対する情熱が感じられるし、好機もあるわ。
もちろん、危険なことでもあるけれど。」
と、語ってくださいました。

c0185058_3572074.jpg
御免なさい、焦点が~☆もっと美しい写真は、こちら

「今日飲んでも美味しい、でも5年10年後にも楽しめるワインを造りたい。
ハッピー・ワインがハッピー・ワインメーカーを造り、
そして、ハッピー・ワインメーカーが、ハッピーなワインを造るのさ」
と仰る、マルベック氏。

「まさに、ワインを造るために生まれてきたような名字ですね」
と、ブレイクが言ったところ、
「そうなんですよね~」と笑っていました☆

ご夫妻は、現在Paradise View Wines等、10のワイナリーで、コンサルタントをしています。

c0185058_3592460.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2009-11-11 03:53 | ワインメーカーのお話
かな~り先日の話でありますが、ある日の夕食、Blakeがシェフを担当。

メインは、3種類のアスパラガス。
ホワイト、グリーン、そしてパープル色。
付け合わせは、ユーコン・ゴールド・ポテト。

ワインに合わせるのが難しいと言われる食材、アスパラガスですが、
この夜、お供に開けたのは、ニュージーランドの白。

ソーヴィニョン・リパブリックのマールボロ・ソーヴィニョン・ブラン2006年。

2006 Sauvignon Republic
Marlborough Sauvignon Blanc


NZ産は、他の国のSVに比べて、ハーブの風味が強いので、
ブラインドで飲んでも判りやすく、産地まで当てやすいワインです。

しかし、風味の強い、緑色と紫色のアスパラガスには
とてもよく合っていたNZのSVも、
デリケートなホワイトアスパラガスには、少々ハーブ風味が強すぎ。

ワイングラスを手に、考え深げに、料理をじっと見つめていたブレイク、
やおら立ち上がって、セラーから取り出したのは、フランスの白。

バルトン&ゲスティエ社、バーガンディ(ブルゴーニュ)のシャルドネ2006年。
でも、こちらは気持ちオークが強すぎ。

2006 Barton & Guestier
Pouilly- Fuisse Chardonnay


c0185058_3133087.jpg


これ以上、ボトルを開けても、飲みきれないのは明らか。
かといって、このままでは、せっかくのホワイトアスパラガスに合わないし…。

そこで登場したのが、ワインをエアーに触れさせる必殺マシーン、
ヴィンチューリ・ワイン・エアレーター(Vinturi Essential Wine Aerator)。

c0185058_2595892.jpg


この筒状の機械を通してデキャンティングすれば
たちまち味がマイルドになるという代物☆
ものすごい、ゴボゴボゴボ…という音とともに、このハイテク商品を通過したワイン、
あっという間に、空気がワインに溶け込み、
瞬時にして、デリケートなホワイトアスパラガスにも、良く合うようになりました。

このデキャンティングですが、物によっては、逆に味が
フラットになってしまうので、ご注意を☆
判断が難しい場合は、半分デキャンタして、半分瓶に残して、
飲み比べ…なんていうのも楽しい遊び方です♪


c0185058_303740.jpg


さて、このホワイトアスパラガス。
ドイツ産が、最高!
(と言っても、あまりお目にかからない食材なので、比較例が少ないのですが)
サンフランシスコでは手に入らないので、残念。

時々、ほんの一瞬、ホールフーズにカリフォルニア産が並ぶことがあります。
南米産のものは、それより頻繁に見かけますが、やはり味は落ちます。

初夏のドイツに出かける方は、ぜひ、ホワイトアスパラガスを
堪能して下さい。
あ、でも、あちらでは火を通しすぎるようなので、
マーケットで新鮮なのを買って、自分で調理するのが一番のようです。

ごめんない、これを書いたのがかな~り前だったので、
すでにホワイトアスパラガスの旬は、当の昔に過ぎております☆


こちらはブレイクがドイツ視察旅行した際のお土産☆
本場のプリュッツェルと、友人のお手製ジャム♪

c0185058_3210100.jpg
c0185058_322530.jpg


友人宅に滞在時、ブラック・フォレストをジョギング中、
小雨が降り出し、道を失い、危うく
ブレアウィッチ・プロジェクト状態に陥りかけたという、ブレイク。
無事に帰ってきてくれて、良かった~~~☆

[PR]
by sfwinediary | 2009-08-19 02:49 | White Wine
土地が高価な、ナパ。
ここで採れた葡萄は高額で売れるので、
他の果樹を見ることは、稀(まれ)です。

そんな中、先日訪れたダラーハイド・ランチ(Dollarhide Ranch)は、
ソーヴィニョン・ブランや、カベルネ葡萄畑のほかに、
桃、ネクタリン、サクランボ、林檎などの果樹園が広がり、
牛やヤギも飼われている、ユニークな農園。

ナパ郡の東の端に位置するポープ・ヴァレー(Pope Valley)に
1500エーカーを占める、この農園の持ち主は、
サン・スペリー・ヴィンヤーズ&ワイナリー(St. Supery Vineyards and Winery)。
ナパのメジャーなワイナリーの中でも、ソーヴィニョン・ブランで有名です。

c0185058_34237.jpg


一般的に、美味しいSBが出来る土地というと、
ニュージーランドのような、涼しい気候を思い浮かべます。
でも、この日訪れたダラーハイド農園では、日中の気温F104(摂氏38度程)!
この気温で、どうして美味しいSB葡萄が育つの?と思ったら、
夜に、気温がグ~っと下がるそうです。

気温が下がることにより、葡萄の酸味が保たれ、
同時に、日中のピーカン天気が、葡萄を充分に熟成させて、
豊かなフルーツ風味をもたらします。

美味しいカリフォルニア風、ソーヴィニョン・ブランの出来上がりというわけ。
なるほど~、納得☆

c0185058_343336.jpg


この日は、ワイン記者が招待されての、農園ツアーだったのですが、
お昼に供されたのは、この農園の葡萄でつくられた
ソーヴィニョン・ブランと、カベルネ・ソーヴィニョン♪

2008 St. Supery
Dollarhide Napa Valley Sauvignon Branc ($38)


汗ダクになりながら果樹園を見て回った後に、
涼しい木陰で、ヴィンヤードを見渡しながらのピクニック。
冷えたSBは、さわやかに喉をうるおしてくれたのでした。
(カベルネは、暑すぎて、手が伸びませんでした☆)

c0185058_35647.jpg


ダラーハイド農園でとれた、果樹は、見た目は悪いけれど
味は天下一品。
葡萄に適したナパの土壌は、ストーンフルーツにも最適です。

これら、果実本来の味を持つ、60種類以上の桃やネクタリン達は、
ベイエリアの一流シェフ、トマス・ケラー、
アリス・ウォーター、シンディ・パウルシンといった
面々のレストランに、売られて行くそうです。

朝一番、もぎたてのフルーツが、ランチや夕食のお皿を飾る。
新鮮な素材に勝る美味は、ありません☆

c0185058_353520.jpg


ここでは、3年前から養蜂も行われていて、丘の上にハチの巣箱があります。
ハチたちの活動は、葡萄には関係ないのですが、
ストーンフルーツ(種のある果実)の受粉に、大活躍。

c0185058_36498.jpg
 武装して蜂蜜を採りに行ってくださったのは VP of Vineyard Operations Josh Anstey氏


市販されているので、ダラーハイド・ランチと銘打った
蜂蜜を見かけたら、お土産にどうぞ☆
テロワールを反映してでしょうか、ちょっぴりマスカット風味でした♪

c0185058_361932.jpg


ブレイクの英語バージョン訪問記は、こちらからどうぞ♪
[PR]
by sfwinediary | 2009-07-30 02:31 | ワイナリーのお話
アメリカ独立記念日前の木曜日、ウェンテ・ヴィンヤーズの招待を受け、
懐かしのB-52’sのコンサートを観てきました。

c0185058_1784342.jpg


ウェンテは、カリフォルニアで最も古いファミリー経営のヴィンヤード。
Charles Krugのもとでワインメーキングを習得した、初代C.H.ウェンテ氏は
日中暑く、夜涼しい、リヴァーモアの地が、ワイン造りに適していると、
1883年この地にワイナリーを開きました。

c0185058_179732.jpg

笑顔がとてもチャーミング♪ 5代目のクリスティン・ウェンテさん。

歴史を持ち、良質のワインがありながら、パソ・ロブレス等よりも
何故か知名度の低い、リヴァーモア。
マーケティングの為、ワインに「リヴァーモア」と記す代わりに、
「サンフランシスコ・ベイ」という産地名を、使ってきたせいでしょうか。

でも時代は変わり、今や、「リヴァーモア」を前面に押し出して、
美味しいワインが生まれる土地であることを、
アメリカをはじめ、世界各地に知ってもらう時が来ました。

いくつもの小規模のワイナリーが集まっていますが、
歴史があり、規模も大きいウェンテに、
牽引役となって、より一層活躍して欲しいものです。

今年のお勧めは、ソーヴィニョンブランとカベルネ♪

c0185058_1717510.jpg


2008 Wente Vineyards Louis Mel Sauvignon Blanc
Livermore Valley San Francisco Bay / $12


ミネラルに富んでいて、クリスプな酸味の、さわやかな白。
メロンとパイナップルの風味。
この味で$12は、断然お買い得です。

c0185058_17172394.jpg


2006 Nth Degree Cabernet Sauvignon
Livermore Valley San Francisco Bay / $60


酸味とタンニンのバランスの取れた、カベルネ。
ダークチェリーの風味。酸味がいい感じなので、食事のお供にも合います。

コンサートは、B-52’sの音楽に乗って、終了間際には皆、踊りまくり。
往年のパワフルさは、残念ながら感じられませんでしたが、
とっても楽しい催し物でした。

c0185058_17101614.jpg


この後も、注目のコンサートが目白押しです☆
サンフランシスコから、ちょっと小旅行をお考えの方、
ワイナリーの美味しいご飯と、コンサートを一緒に楽しめてしまう
ウェンテ・ヴィンヤーズでの、ミニバケーションは如何でしょうか♪

Wente Vineyards
5050 Arroyo Road - Livermore, CA 94550
Phone: 925.456.2400

[PR]
by sfwinediary | 2009-07-02 17:04 | ワイナリーのお話