カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:リースリング ( 5 ) タグの人気記事

「これまでに最高のワイン・ディナーは?」と聞かれた時、
皆さんはどんな食卓が思い浮かびますか。

ワイン愛好家の有様は十人十色、
カルトワインを集めたり、ボルドーの最高級を端から飲んで悦に入ったり、
または、値段は張らなくてもとっておきのワインを探し出して、楽しんだり…。
簡単に一括りにはできません。

ワインライターであるブレイクの周りには、自然とワイン・オタク達が集いますが、
友人達に共通するのは、「ワインを飲む事で、人生が楽くなる」という姿勢。

今回、特に仲の良いワイン・ギーク(オタク)達と、
フロリダ・タンパにあるバーンズ・ステーキハウスで、
一夜、“夢のワイン・ディナー”を堪能しました。

c0185058_6172986.jpg


何を持って、“夢の”ワイン・ディナーと呼ぶのか?

店頭や一般のレストランでは手に入らない、年代を経たワインを飲む機会を得た事。
何よりも、ワイン好きの友人らと、超ワインgeeky(オタク)な会話を楽しめた事。
…でしょうか。

c0185058_6192533.jpg
グラスの数にご注目を…

そもそもの始まりは、夫君ブレイクへの誕生日プレゼント。
何か記念になるものを…と考え、クリアウォーターのビーチハウスで
1週間を過ごしたのは前述の通り。
自家製ワイン醸造家の友人、スティーブの誕生日も近かったことから、
合同誕生日会と称して、タンパにあるBern’s Stake Houseで、
面白いワインを思いっきり飲もう~♪という事になりました。

ワイン検索エンジンでは世界一、Able Grape (エイブル・グレープ)の創設者ダグに、
バーンズに行くんだぜ!とブレイクが自慢した所、
急遽、夫妻もボストンから飛んで来て、合流。
(ワインの為に、わざわざ飛んでくるなんて、超オタクでしょ?)

c0185058_6213184.jpg
バーンズの入り口待合室☆ 衝撃的な赤が印象的

さて、このバーンズ・ステーキハウス(Bern’s Stake House)。
このブログでも何度か紹介していますが、1956年にオープンした老舗レストラン。
先代がこよなくワインを愛し、せっせと買い集めた結果、
現在のコレクションは6,500種類にも及び、世界でも有数の貯蔵量を誇ります。
そのワイン宝庫は、愛好家たちの垂涎の的です。

c0185058_6225657.jpg


レストランのワインリストは、残念ながらHPには載っていないのですが、
サイド・バーンズのミニ・ワインリストでもご覧のとおりの品ぞろえ。
(PDFファイルはこちらからご覧ください☆)
レストランのリストはこれにも増して分厚く、読むだけでも一苦労です。

c0185058_6261655.jpg


さてこの夜、レストランの予約は7:30。
事前に或る程度の予習をしていたものの、いざワインリストを手にすると、
ブレイクとダグの目の色が、真剣に、そしてキラキラと輝き始めます。
あーだこーだと言いながら、飲みたいワインに一通り当たりを付けた所で、
ソムリエのブラッド・ディクソン氏にご相談。

料理は、まず黒トリュフのステーキタルタルを皆でシェアした後で、
ステーキ・コースへ進もうと思っている事。
始めに泡で乾杯して、その後6本ほどを考えている事。(7人なので1人1本計算!)
そのうち1本は、(私が飲みたいとうるさいので)DRCを、
もう1本は、スーザンとレイチェルの要望でリースリングを入れたい事。
フルーツ爆弾はまっぴらごめん、バランスのとれた年代物を飲みたい事。
カルトワインやボルドーの最高級1本に値段を掛けたいと思う面子では無く、
DRC以外は上限を$150程で抑えたい事。
等々…を伝えます。

ワイン・ギークの集団から次々に出る要望に、真摯に耳を傾けてくれたソムリエは、
私に任せなさい~!と、秘蔵コレクションからとっておきワインを探し出してくれました。

c0185058_6451645.jpg


めでたくバブリーが開けられ、料理が運ばれてきたのは9時近く…(苦笑)。
でも、1時間以上かかったオーダー儀式に文句を発するどころか、皆それぞれ真剣に参加。
フランス人が「どの料理を食べようかと選ぶ時が、最高に楽しい」と感じるように、
どんなワインを飲もうか…と考える時が、ワイン好きに取っては至福の時なのでした。

でもやっぱり最高だったのは、実際に美味しいワインを口にした時でした。
リストには載っていない残り1本だけ、といったボトルも含め、
この夜を飾ったのは、これらの面々です。

Iron Horse 2004 Brut
c0185058_6283129.jpg
まずはバブリーで乾杯。

Balbach Rheinhessen Niersteiner Oelberg Riesling Auslese 1976
c0185058_62937.jpg
いにしえのリースリング。香りと風味が濃厚で、超美味。

L. Revol Côte-Rôtie 1964
c0185058_6293166.jpg
この夜、一番人気のボトル。

Louis Latour Bonnes Mares 1976
c0185058_6305313.jpg
悪くはなかったけれど、この顔触れの中では、あまり輝かなかったルイ・ラトゥール。

Chateau Rayas Chateauneuf du Pape 1974
c0185058_631101.jpg
他が素晴らしすぎて、ラヤスでさえも存在感が薄れてしまった感が…。

Ridge York Creek Cabernet Sauvignon 1978
c0185058_6312875.jpg
ソムリエ氏がカリフォルニアのカブを入れましょう…と言った時、「え~~!?」との声が。
でも78年物、リッジなので試してみることに。驚くほどのフルーツ風味☆


Mario Antoniolo Santa Chiara Gattinara 1964
c0185058_6363057.jpg
ダグが飲みたがっていたけれど、一旦は選にもれたガティナーラ。
ディクソン氏が厚意で差し入れて下さいました☆ラッキー♪


Domaine Romanée Conti La Tache 1992

c0185058_632448.jpg
魅惑的な香りのラ・ターシュ☆ 少々のオレンジと、白い花の香り。
若いけれどバランスが取れていて、あと20年後でも飲めそう。


過日、ブレイクがDRCのテイスティングに招かれて以来、
「私も飲みたい~~~!」と念仏のように唱え続けていたDRC。
92年のラ・ターシュは、ソムリエ氏に言わせると、
あと10年は眠らせてもいいかも、という品。

ブレイクもラ・ターシュに悪い所はないけれど、今回飲んだ中では
好みでいえば4番目だったそうです。
(私的には、もちろん1一番♪ 印象的だったのは、味よりも、心地よい魅惑的な香り。)

何ケースも貯蔵されているそうなので、10年後の誕生日に再挑戦してみたいものだと
思ったのでありました。

c0185058_6373060.jpg
バーンズのセラー内、鉄格子の奥、こんこんと眠るボトル達。

さて、お腹がいっぱいになった所で、運ばれてきた会計明細書。
恐る恐る開いてみると、一人あたり約$300!!!
ラ・ターシュ1992は、多分$560程。
また、Gattinaraはソムリエ氏からのプレゼント・ボトルだったので、
この安価にて、夢のようなワインのラインアップを楽しめたのでしょう。
(明細書を持ち帰るのを忘れてしまったので、各ボトルの詳細値段は永遠に不明…。不覚なり。)

日本の通販サイトでは92年ラ・ターシュの販売価格が20万前後!
飛行機代出しても、バーンズのセラーでしっかりと品質管理されてきた
ボトルを開ける方が、安心できると思うのは私だけでしょうか…。

そう遠くないうちに、また大勢でワイワイ言いながら、
Geekyなワイン・ディナーを楽しみたいものだと思うのでした。

c0185058_6385296.jpg


今回、真剣にメモを取っていたのはダグだけ。
いつもはノートを取るのに忙しいブレイクも、誕生日のお祭りなので、
この日は一切テイスティング・ノートは取りませんでした。

テイスティング・ノートはありませんが、ブレイクの好きな順番を聞いてみました☆

1.L. Revol Côte-Rôtie 1964
2.Balbach Rheinhessen Niersteiner Oelberg Riesling Auslese 1976
3.Mario Antoniolo Santa Chiara Gattinara 1964
4.Domaine Romanée Conti La Tache 1992
5.Chateau Rayas Chateauneuf du Pape 1974
6.Ridge York Creek Cabernet Sauvignon 1978
7.Iron Horse 2004 Brut
8.Louis Latour Bonnes Mares 1976

次回はブレイクの目から見た、これらワイン評を和訳してお送りします♪

c0185058_6382264.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2011-10-15 06:56 | 気になるレストラン
11月半ば、ついにダンジネスクラブが解禁に♪
食料品店ホールフーズの海の幸コーナーに、ドド~~ンと並んだので、
さっそくお買い上げ。

旦那は蟹が好きだし、既に茹でてあるから食卓に並べるだけで済むので、
料理したくない日には、ありがたい食材☆

もちろん新鮮な生蟹を買って、茹でたてを食べたら美味しさも倍増なのだけれど、
面倒くさがりの私は、昔一度で懲りてしまった…。

ベイエリアで新鮮な蟹を調達しようと思われる方、
Shina_poohさんのこちらのブログ記事を参考にどうぞ♪

さて、Shina_poohさん宅で蟹に合わせたのはサンセール。
酸味とフルーティさを持つワインは、蟹と相性抜群。
我家でブレイクが開けたのは、オーストラリアのドライリースリング。

c0185058_5185382.jpg

2009 Peter Lehmann Dry Riesling
Eden Valley Australia / Alc 11% / SRP $17


ドライなので甘さは無く、豊富な酸味とミネラル風味がシーフードにピッタリ。
リースリング特有のガソリン香が感じられるけれど、
ごく微弱なので、Petroの香りが苦手な私でもOK。
シトラス系の風味がクリーンでクリスプ、舌に心地よい。

大会社のワインだけれど、Hey! クリーンで失敗のないワインを飲みたい時は、
安全パイ(キーワード:豪州、大会社)でしょう☆

c0185058_5174252.jpg


昨夜、Old Bayシーズニングを使ったエビ料理に合わせたのは
ハンガリーRoyal Tokaji社のレイト・ハーベスト。

2008 Mad Cuvee Late Harvest
Royal Tokaji Hungary / Alc. 9%


RS(リジュアルシュガー)131g/Lだって。
甘~~いハチミツ風味で、スパイシーなアジア料理に合います。
“そんなに甘くないよ”…と謳っているのですが、日本人の舌には充分甘い…。
食後酒としてデザート代わりに飲みたいかも。

c0185058_5232397.jpg
ボルティモアのブルークラブに使われているシーズニングは超美味♪
でも、自宅では作れないから、そんな時にはオールドベイを代用☆


さて、悲しかったボトルはSLWCの2001カベルネCask 23。
Stag’s Leap Wine Ccellarsで、Cask 23で、ウォーレン氏のサイン入りだし…
という事で、なかなか開ける機会を見なかった1本。

サンクスギビング前夜を祝って、ブレイクが持ち出した。
(その前に、レイト・ハーベストとピノを開けていたので、
ハーフボトルぐらいが丁度よかったのでした☆)

でもいざ開けてみたらピークを過ぎていたのが残念。
充分に美味しいけれど、Wow! でなかったのは、期待が大き過ぎたのかな。

c0185058_52033.jpg


小さいボトルだと、それだけ熟成の速度も速いようで、
やっぱりハーフボトルは長期保存に向かないな…と感じた次第です。
(長期保存したかったら、マグナムに勝るもの無し…ってネ☆)

ハーフボトルをお持ちですか?
ピークを過ぎる前に、サッサカ楽しんでしまいましょう~~~♪

Happy Thanksgiving♪
[PR]
by sfwinediary | 2010-11-25 05:15 | 日記
旅先で出会って惚れこんで…、
でも地元の店では手に入らないワイン。
そんなワインに久しぶりに出会えると、とっても嬉しくなります。

ブレイクの故郷、ボルティモアを訪れる度に楽しみなのは、
オリオールズの試合と、ブルー・クラブ(蟹)、そして煉瓦の街並み。
(SFでは地震があるので、煉瓦造りの建物はあまり見かけないので☆)

その昔、ボルティモアのギリシャ料理レストラン、
The Black Oliveで飲んだ時に惚れこんだものの、
サンフランシスコではついぞ見かけたことが無く、あきらめていたリースリングがありました。

でも、去年シドニーのワイン・ショップで、ついに再会。
即買で持ち帰ってきたのは、オーストラリアの美味しいワイン、
ルーウィン・エステートのアート・シリーズ、リースリング。

2008 Leeuwin Estate Art Series Riesling
Margaret River Australia

c0185058_13445920.jpg


ストーン・フルーツ(植物核果)、ストーン(石版)、ネクタリンの香りと風味。
メインの風味は3種類と、決して複雑ではないけれど、
3つの要素が完璧なハーモニーを奏でているワイン☆

アルコール度は12%と低いので、あっという間にボトルは空に…。
ビッグで、ドライなリースリングが飲みたい時に、お勧めの1本。

日本でしたら、ヴィレッジ・セラーズで購入できます☆
[PR]
by sfwinediary | 2010-09-07 13:42 | White Wine
ジンファンデルを造らせたら、右に出る者はいないスコット・ハーベイ氏。
彼の造り出すワインには、アマドール群の葡萄に寄せる情熱が、
そのまま詰められたようです。

c0185058_71672.jpg
受賞ワインのバベーラを手にするScott Harvey氏

氏に言わせると、いまから100年後にアマドールを代表するのは
ジンファンデルではなく、バベーラ葡萄だろうとの事。

Scott Harvey Mountain Selection Amador County Barbera 2007 は、
ブラックチェリーの風味、酸味に富んだ、シンプルながら楽しめるワイン。
J&S Reserve Amador County Barbera 2007 は、
もう少し複雑な風味で、大地の香りがします。

氏の造るジンファンデルは何種類もありますが、面白さで選ぶならば
Vineyard 1869 Amador County Old Vine Zinfandel 2007
テリーズ・ヴィンヤードの葡萄を使ったジンファンデルは、
彼の他にも、何人かのワインメーカーが造っていますが、
テリーさんとの付き合いが長いだけに、やはりハーベイ氏のワインが傑作です。

c0185058_717052.jpg

さて、ナパを代表する葡萄品種といえば、カベルネ・ソーヴィニョンと、
シャルドネですが、あまりファンではないと仰るハーベイ氏。

でも、Folie a Deux時代に、リチャード・ピーターソン氏から
カベルネの楽しみ方を伝授されたそうで、そこから生まれたのが
Jana Cathedral Napa Valley Red Table Wine 2005
Cabernet Sauvignon 92%に、Petit Verdot 、Cabernet Francが
4%ずつブレンドされています。

驚きなのは、アルコール度13.5%の表示。
機械で低減…というのが巷の流行りのようですが、
ハーベイ氏の低アルコール度の秘密は、ずばり、“早めの収穫時期”。

「畑が語りかけてくるんだ。
葡萄が“これがナパの味ですよ”と言う時、
ピラジン(pyrazine)が少しだけ残っている。
この段階で収穫すると、大抵このぐらいのアルコール度になるよ」
と、ハーベイ氏談。

風味はリッチなチェリーと、ソフトでバランスのとれたタンニン。
名前にCathedral (大聖堂) と付いているのは、ジャナ奥様と婚約した
アリゾナ州SedonaのCathedral Rockに因んでいるそうです。
ロマンチック♪

c0185058_7174753.jpg

さて、若き頃ドイツで修業を積んだハーベイ氏は、
リースリング造りにも勤しんでおります。
彼のリースリングを試してみたければ、お勧めは
Jana Napa Valley Old Vine Riesling 2008
from the Lazy K & E Ranch in Oakville (写真左)


この葡萄には、面白い裏話があります。
1950年代にKen McGill氏がナパの畑を購入した時に、ルイス・P・マティーニ氏が、
リースリングを植えてほしいと言ってきたそうです。

この畑の周辺では、もっぱらカベルネ葡萄が栽培されていて、
トン当たりの収穫は$4000~5000が見込めます。
一方で、リースリング葡萄は、カベルネ葡萄ほど人気モノではないので
ナパの葡萄といえども、トン当たりの値段は半分以下の$1800ほど。

それでもマックギル氏がリースリングを育て続けるのはなぜでしょうか?

現在85歳なので、今からカベルネを植えたら、
天に召される前に畑から出来たワインを味わえない恐れがあるから
…だそうです。
ナパでリースリング葡萄が栽培され続けているのには、
こんな裏事情があったんですね☆
(めったに無い、ナパのリースリング、お試しあれ♪)

c0185058_7182453.jpg

個人的に大好きで、あっという間にグラスが空になったのは、
Angel Ice Mendocino County Riesling 2006
アプリコットとブラウンシュガーの風味。
少々リースリング特有の、ガソリンの匂いがあります。

彼手作りのドイツ料理leberknodelと良く合うと言われたのですが、
ブレイクは料理の方は、イマイチだったみたい。
「スコットがシェフではなくて、ワインメーカーでよかった」
と、レビューに記しております。

ブレイクのスコット・ハーベイ氏のレビューは、こちらからどうぞ♪

c0185058_7185455.jpg
何気にセラーの入り口に置かれていたのは、ジンファンデルの老樹。
味わいある風情ですね☆

[PR]
by sfwinediary | 2010-06-23 07:15 | ワインメーカーのお話
いよいよハイキング最終日、約18Kを歩きました。
この日は午後4時にAnakiwaを出る船に乗り、ピクトンに戻る予定なので、
置いて行かれないように、大事をとって10時前に出発。

実際に乗り遅れた人は、どうにかみつけた別会社の船で、$100NZ以上を払って、
ようやく戻れた…という話を聞いていたので、ちょっとドキドキしながら急ぎ足に…☆

c0185058_795125.jpg

これまでは、トラック上で出会う合う人数は
一日数人程度と、とっても静かだったのですが、
最終日は皆同じボートに乗るので、似たような時間帯に歩きます。
なので、道も行き交う人も、断然多くなりました。

c0185058_710558.jpg

最終日なので、けっこう距離はあるものの、足取りは軽く、ルンルン気分☆

c0185058_7104768.jpg
やった~!あと一キロ♪

さて、ピクトンに帰りついたのは夕方の5時。
18Kも歩いた後で、私はボロボロに疲れていたのですが、
ブレイクは元気☆
今日はネルソンまで行こう!と、意気込んで、レンタカーを借りに行きました。

オンボロ・トヨタ(一番安かった!)でドライブ開始。
でも、さすが日本車。
外見はボロでも、エンジンはしっかりしていて感動♪
2時間半後に、ニュージーランド南島、第2の都市Nelsonに到着。
ネット・カフェに直行して、近くのロッジを格安値段で予約。

c0185058_711710.jpg
NZの宿泊施設は、キッチン付きが多いので、とっても便利♪

夕食は、Golden Bellというタイ料理レストランへ行きました。
(リサーチ不足だったのかもしれませんが、
これは見逃せない!という店は、ネルソンには無いみたい…。)


レストランへの途上、スーパーマーケットで、地元産のリースリングを購入。
メニューに飲みたいワインが無かったので、コルケージ$5を払って
持ち込んだリースリングを飲みました。

c0185058_7114327.jpg
2008 Seifried Nelson Riesling ($13)
タイ料理は辛いので、ワインを合わせたかったら、リースリングが無難☆

ラベルの上のシールに注目♪
サンフランシスコのインターナショナル・ワイン・コンペ金賞ですって。
なので、ブレイクはこれを選んだそうです。
アルサス地方のリースリング…ってな訳には行きませんが、
ピリ辛のタイ料理と合わせるのなら、充分。
地元のワインを堪能する、良い機会でありました☆

え?ワイナリー巡り?
そのうちに視察旅行で来る機会もあるだろうから…
という事で、今回の旅は、もっぱらアドベンチャー中心でした。

c0185058_715532.jpg
車の中から見えた葡萄畑。確かに、ソノマの風景もあまり変わらないかしら…☆

以上、クイーン・シャーロット・トラック旅行記でした。
気が付けば、宿泊記録になってしまいました(汗)。
これから、この地を旅する方の参考になれば幸いです。

c0185058_7121058.jpg

そのうちに、氷河ハイキングと、クイーンズタウン冒険旅行記を書きたいと思います☆
何時になるかなぁ…汗。

c0185058_7272972.jpg

[PR]
by sfwinediary | 2010-03-16 07:06 | 旅行記