人気ブログランキング |

カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カリフォルニアワインとメガ・パープル

ワインを識別するのに重要な要素は、香り、味、そして色。
しかし、この色、ワイン本来の持つ色か否か、最近怪しくなっているようです。

100年ほど前、ライトな色をした赤ワインが
高級だと言われていた時代もありましたが、
現在、多くの一般消費者の価値観は、まったく違う方向に進んでいます。

パーカー氏の味に賛同するアメリカの消費者が、赤ワインに求めるのは、
ダークな色味とリッチな風味。
彼の点数が、売り上げに直結する今、ワインを造る側も
それを無視することは不可能です。

そこで登場したのが、「メガ・パープル」なるシロモノ。

一昔前までは、ちょっと色味が足りないかな?なんて時には
プティ・シラーなどの葡萄がブレンドされたものですが、
最近は、このメガ・パープルが使われる場合があるようです。

メガ・パープル (Mega Purple) は、ワイン業界きっての巨大会社
コンステレーションが開発し、第三業者によって販売されている品。
UC デイビス校のドクターが、Alicante Ganzin と Tinta Cao Rubiredを
掛け合わせて生み出した葡萄、Rubired(ルビーレッド)を凝縮して出来たものです。

ワインの生産コストを抑えたい場合などに、
手間暇かけてプティ・シラーをブレンドするよりも、
ちょこっとばかり、このメガ・パープルを加えれば、
タダ~、リッチな色の赤ワインが登場!というわけ。

甘いの大好き♪なアメリカの消費者の嗜好を反映して、
わざわざresidual sugar (残留糖分)が加えられるワインもある現在。
飲むなら、化粧なしで美しいワインを楽しみたいですよね。

c0185058_1235435.jpg

by sfwinediary | 2009-06-09 12:02 | ワインの雑学