カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2日目に変身☆スペインのバブリー

国籍不明のアジア料理が並んだ夕食、ブレイクが選んだのは
スペインのスパークリング・ワイン、Elyssia(エリッシア)。

ピンク色が美しい、オシャレなボトル。
85%ピノ・ノアール、15%トレパット(Trepat)というブレンド。

Freixenet Elyssia Cava Pinot Noir Brut ($17)
c0185058_855931.jpg

使われているのは、バルセロナの南西、Alt Penedes(アールト・ペネデース)で
採れたピノ・ノアール葡萄。
シャンパンの製造方法を用い、カーブで9か月ねかせた後に、
さらにボトル内で二次発酵をさせているそうです。

c0185058_86145.jpg


実は、開けてすぐの感想は…
$17にしてはシンプル過ぎ。
というものでした。
結局、グラスに1杯ずつ注いで、残りは冷蔵庫へ。
(Co2が酸化を防ぐので、プリザーブのスプレーは不使用)。

ところが、何が起きたのでしょうか。

2日目に「そういえば、昨日の飲み残しがあったよね~」と言いながら
ブレイクが栓を開けると「ボン!!!」というすごい音。
グラスに注ぐと、シュワシュワな泡☆
ストロベリーの甘い香りと風味が漂い、なんと昨日よりも美味しくなっていたのでした。

バブリーの不思議な変身でございました☆

c0185058_89101.jpg

Blakeから見たElyssiaは、こちらをご参照くださいませ☆
[PR]
by sfwinediary | 2009-10-13 08:03 | Sparkling Wine