人気ブログランキング |

カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

面白ボトルのソーヴィニョン・ブラン

先日行われた、サンフランシスコ・ナチュラル・ワイン・ウィークで、
面白いワイン・ボトルを見かけました。
San Francisco Natural Wine Week

ステンレス製のボトルの中身は、Liocoのソーヴィニョン・ブラン。
Lioco, Natural Process Alliance & Salinia
c0185058_87687.jpg

2009 Lioco Sauvignon Blanc
Russian River Valley / $15


香りは、グレープ・ジュース。
醸造されたワインとは思えない、甘~い葡萄液の香り。
子供のころに山梨で飲んだ、一升瓶に詰められた、
しぼりたての葡萄液を彷彿とさせる芳香。

味は、濾過されていないので、野性味にあふれた風味。
別の言い方では、洗練されていない…って事にもなるのですが、
そこは個人の好みの問題かな☆

このワインは、初回はボトル代を含めた代金でお買い上げ。
2回目から空ボトルを返品すれば、中身の代金だけでOKというシステム。

ぶっちゃけて言えば、フランスでバルク・ワインを買う時に、
店にペットボトルや、思い思いの容器を持参するそうですが、
そのかわりにカリフォルニアでは、このステンレス製の
密封度に優れたボトルが登場したと…いう次第。
(水筒代わりにも使えるそうです)

サンフランシスコでは Arlequin Wine Merchant で購入できます☆

c0185058_8125019.jpg
Arlequin Wine Merchant

さて、Liocoでは、ユニークなヒッピー風の名前がつけられた
赤ワインも造られています。

2007 Lioco Carignan Blend ‘Indica’
Mendocino County


carignan (78%) petite sirah (10%) mourvedre (9%) grenache (3%).

メンドシーノ郡はその昔、ホップの栽培が盛んでした。
今では、代わって葡萄が栽培されていますが、合法的な医療用大麻の栽培でも有名。
このカリニャン葡萄のブレンド赤ワインには、
「インディカ」という名前がつけられていますが、
メンドシーノ郡に敬意を払った命名だとか…。
(医療用大麻の効用は、インディカ"indica"はリラックスムードに、
サティーヴァ"sativa"は元気になるそうです☆)


c0185058_892619.jpg


そういえば、先日ヒストリー・チャンネルを見ていてビックリ☆
その昔、コカコーラにはハーブの「コカ」が使われていましたが、
ワインでも、コカのハーブ入りなんていうのがあったとか(19世紀だったかな)。
どんな味だったのでしょうね、美味しくなさそうな気がするのですが…。

Liocoのインディカにはハーブは入っていないので、リラックス効果のほどは不明。
軽いボディなのですが、飲めば飲むほど味が出る感じなのは、名前のせいかな?
by sfwinediary | 2010-09-03 08:04 | White Wine