人気ブログランキング |

カリフォルニア・ワインのブログ。 夫は米国人ワインライター。その影響でカリフォルニア・ワインに囲まれた生活をしています。SFから、ユニークなワイン情報をお届けします♪  ゴマ(石川真美)


by sfwinediary
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2009年 08月 15日 ( 1 )

昨日、Blakeが日本に向けて旅立ちました。
カリフォルニア・ワイントピアの販売促進も兼ねて、2年ぶりの訪日。

出発前に、書かなきゃいけないレビューの仕事があると、
前日にテイスティングしたのは、タンデム・ワイナリーの2本。
ヴァン・デール・カンプ・ヴィンヤードのピノ・ノアール2006年 ($45)と
ペロトン レッドワイン2006年 ($27)。

シングル・ヴィンヤードのピノと、ブレンドの赤ワイン、
「どちらか一方しか飲めません、1つだけ選んで下さい」なんて言われたら、
迷わずシングル・ヴィンヤードのピノを選んでしまいそうですが、
この夕、軍配が上がって、ボトルが空になったのは、ペロトンの方でした。

c0185058_522921.jpg


ワインメーカーのGreg La Follette氏は、UC Davisの学友Greg Bjornstad氏とともに、
フラワーズ・ヴィンヤード&ワイナリーを始め、多くのワイナリーで
択一したピノ造りの腕を披露。
自ら起こしたタンデム・ワイナリーでも、カリフォルニアのテロワールを
ボトルに詰めることに成功しています。

1月に、Quivira Vineyardsのオーナーであり、IT企業CheckFreeの創立者
Pete Kight氏に買収されたものの、タンデムはGreg La Follette氏が、
引き続き、率いていくとの事。
これからも、彼の情熱が詰まったワインを、楽しむことができそうです。

2006 Tandem Van der Kamp Vineyard
Pinot Noir, Sonoma Mountain


ソノマ・マウンテンの一番高い標高にある、北向き斜面の畑、ヴァン・デール・カンプ。
ソノマ郡で、一番古いピノ葡萄が育っている地域でもあります。
火山性で岩の多い地質で育ったピノは、凝縮されたベリー系の味、大地の風味、
コーヒーの香りが添った、エレガントなピノ・ノアール。

c0185058_5223364.jpg


2006 Tandem Peloton
Red Wine, California


ピノ・ノアール、シラー、ジンファンデル、サンジョベーゼ、シャルドネ、カリニョン
といった面々のブドウ達がブレンドされた、赤ワイン。
表記上の規則で、カリフォルニア・レッドワインとなっていますが、
言葉に惑わされることなかれ。(そこらのチープなテーブルワインとは、一味違います。)
ラズベリー、イチゴなどのフルーツ風味に富み、ほんのりとスモークが添っている感じ。
スムースな舌触りで、多種の葡萄がブレンドされている分、色々な料理と合いそう。
"winner of the first empty glass"
一番早く、グラスが空になるワイン、とのキャッチフレーズ、本当でした(笑)。

c0185058_5225017.jpg


恵比寿界隈で、焼き鳥をつまみながら、日本酒に舌鼓を打っている
ブレイクを見かけたら、〝Hi! What’s up!” と、声を掛けて下さい♪

by sfwinediary | 2009-08-15 05:18 | Red WIne